薬疹やくしん

カテゴリ
皮膚の病気
アレルギー疾患
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

薬疹とは

薬疹とは、内服薬や注射などあらゆる薬剤の使用によって引き起こされる皮膚の異常のことです。漢方薬を含む全ての薬剤において引き起こされる可能性があります。要因としてアレルギー性のものと非アレルギー性のものがありますが、ほとんどがアレルギー性のものです。

薬疹の症状

薬疹とは、薬の使用によって表れる皮膚の異常のことを言います。

異常の現れ方は、紅斑丘疹・多形紅斑・じんま疹・紅皮症・扁平苔癬・紫斑・光線過敏・中毒性表皮壊死症・スティーブンスジョンソン症候群・全身性エリテマトーデス・固定薬疹など様々です。中でもとくに症状として多いものが紅斑丘疹型で全体の50パーセントを占めています。次に多形紅斑型、固定疹型の順になっています。

なかでも特にに重症なのが、スティーブンス・ジョンソン症候群と中毒性表皮壊死症、全身性エリテマトーデスです。スティーブンス・ジョンション症候群では、目や口などの粘膜に水ぶくれやびらんができ、中毒性表皮壊死症では全身の皮膚が火傷を起こしたときのようにむけてしまいます。全身性エリテマトーデスでは、全身の臓器に原因不明の炎症が起こります。これらの重症化する薬疹においては死に至る場合もあります。

薬疹の原因

薬疹は、飲み薬、漢方、ビタミン剤などの経口接種のものから、注射までありとあらゆる薬剤から起こりえます。

薬疹は主にアレルギー性のものが多いですが、非アレルギー性のものもあります。アレルギー性の薬疹は通常、1週間以上使用した薬剤によって引き起こされ、初めて使用した薬剤によって起こることはほとんどありません。しかし、一度薬疹を起こしてしまった薬剤は、再度使用した場合すぐ薬疹を引き起こします。また、薬疹を起こしてしまった人は、薬疹を起こしたものとは違う薬剤を使った場合でも、薬疹を起こしたものと今度使用する薬剤とで科学構造的に同じ部分があると初めての使用でも薬疹が起こることがあります。

薬疹の症状は、様々な症状がありますが、同じ薬剤だからといって、必ず同じ症状が出るわけではなく、同じ薬剤を使用しても異なる症状となって薬疹が表れる場合があります。

薬疹の予防/治療法

薬疹が一度でた人は、再び原因となる薬剤を使ってしまうとまた薬疹が引き起こされてしまいます。ですので、基本的には一度薬疹を引き起こした薬剤は、基本的に使用できません。そのため、薬疹の予防には薬疹の原因となってしまった薬剤を使用しないように注意することが大切です。

病気等で病院にかかる際には必ず薬疹を起こした薬剤の名前を伝える必要がありますし、薬局で市販させている薬を購入する際にも、問題となった成分が使用されていないかキチンと確認する必要があります。

問題となっている成分をはっきりさせるためにも、薬疹が起こった際には病院へ行き、誘発試験等で問題となる成分を確認してもらう必要があります。また、そこで原因となる薬剤の変わりとなる薬剤を見つけることも出来ます。ただし、変わりとなる薬剤も、使用を続けることによって薬疹が起こる場合があるので注意が必要です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください