湿疹・皮膚炎に関する薬

薬剤師監修

湿疹/皮膚炎の薬の上手な選び方・使い方

湿疹や皮膚炎になった際、使用する薬には塗り薬の「ステロイド剤」「非ステロイド剤」の2種類があります。塗り薬は局所的な使用になるので体全体への作用を気にせず比較的安心して使えるといえるでしょう。湿疹や皮膚炎が軽症の場合「非ステロイド剤」を使用するのが一般的です。炎症を鎮めることが特徴で炎症の根本に働きかけるものではないので薬の効き目は穏やかといえます。それに対し「ステロイド剤」は炎症の根本を抑制する働きがあるので速やかに効果を発揮します。強い抗炎症作用があり湿疹や皮膚炎だけでなくかぶれや虫刺されなどによる「かゆみ」の抑制には非常に有効です。しかし刺激の強いものなので、小さいお子さんや、顔など敏感な部分への使用は比較的効き目が緩やかな「非ステロイド剤」を使用することが多いです。

また、かゆみがひどい場合やなかなか改善しない場合、塗り薬と併用して飲み薬を使用する場合があります。かゆみのもとになるヒスタミンという体内物質を抑えることでかゆみが軽減します。稀ですが、患部に細菌感染があり炎症を抑えたい場合には抗生物質を服用するという選択肢もあります。

湿疹や皮膚炎が起きた際「ステロイド剤」「非ステロイド剤」「飲み薬」いずれを使用するべきかの判断はかかりつけの医師や薬剤師に相談するといいでしょう。

湿疹/皮膚炎の薬の副作用と注意点

ステロイド剤は適切な強さ・量・使用目的の範囲内で使っていれば問題ないのですが、強いものを長期間使用すると皮膚が薄くなるという報告があります。また、皮膚が薄くなるため皮膚の下の血管が透過され毛細血管が浮き上がってみえるようになります。これらの症状は顔だと頬部、体では前胸部で出やすいといわれています。長期にわたりステロイド剤を使う場合にはこれらの部位に副作用がでていないかチェックするといいでしょう。

副作用が怖いから、とステロイド剤の使用をためらってしまう方もいらっしゃいますが用法、用量を守れば、湿疹やアトピーにおける皮膚の炎症を十分に鎮静化し、有効性と安全性が科学的に立証されているものなので的確に使う必要があります。ステロイド剤を使用せずそのままにすることで症状が悪化し重症化してしまうということも考えられるので、医師や薬剤師の支持を仰ぎ正しく塗布するようにしましょう。

注意点としては皮膚が赤くなるイコール湿疹や皮膚炎とは限らず、ニキビやヘルペスなどの場合もあるということです。その場合ステロイド剤を塗ると免疫が抑制され症状が悪化することがあるので、皮膚に異常を感じた場合は皮膚科を受診し何の症状なのか診断を受けることが重要です。

湿疹/皮膚炎の薬の飲み合わせ

湿疹や皮膚炎で塗り薬を処方された場合は、ほかの薬に比べ飲み合わせで慎重になることは少ないかもしれません。しかし薬のことなのでかかりつけの薬剤師さんに一度聞いてみるのもいいでしょう。

それに対し、湿疹、皮膚炎で飲み薬を処方された場合飲み合わせには敏感になる必要があります。TC医薬品(薬局やドラッグストアなどで販売されている一般用の医薬品)を利用しようとする際には、あらかじめ医師や薬剤師に相談をしましょう。

例えば処方されたかゆみ止めの飲み薬が「抗ヒスタミン剤」だった場合、風邪薬や咳止めなどと一緒に服用することで炎症を抑える成分が重なり、副作用で眠気が強く出やすくなります。車の運転や仕事の際には危険なこともあるため避けておいたほうがいい場合もあるでしょう。また解熱鎮静剤や乗り物酔い止めの薬との併用も同じようなことが考えられます。

副作用がどの程度出るかには個人差があり、他の薬と併用することによるリスクも、人によって異なります。今回紹介した以外の薬との併用でも、様々な副作用を引き起こす可能性はあるので、複数のお薬を飲む際は直接お医者さんや薬剤師に相談することをおすすめします。正しく知って正しく服用することが湿疹や皮膚炎のいち早い改善につながります。
  • 薬は効果をしっかりと引き出しながら、できるだけ副作用を抑えることが大切です。使用法・用量、飲み合わせに十分注意し服用してください
  • 専門家の皆様へ。薬の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

湿疹・皮膚炎に関する薬一覧

次へ