虫刺され/虫刺症に関する薬

薬剤師監修

虫刺され/虫刺症の薬の上手な選び方・使い方

虫刺されの薬はドラッグストアの棚一面においてあるほど数も種類も多いため、どれがいいのかわからなくなります。

代表的な虫には刺す虫のハチ、吸血する虫のノミ、ダニ、噛む虫のムカデやクモがありますので、対象の虫から選ぶことと、発疹、かゆみ、赤みといった症状別に選ぶ方法とがあります。

市販薬と治療薬としてクリニックで処方されるものとでもレベルの違いがありますが、処方されるものには及びませんが、市販薬の中でも症状を抑えるレベルによって違いがあり、それが値段に反映されています。

市販薬のラベルの裏にある表示をチェックすると第2医薬品と第3医薬品とに分かれています。第2のほうがかゆみ止め、炎症止めとして利用でき、第3のほうは子ども用や敏感肌用に効果を抑えているものになります。クリニックで処方されるステロイドを含むものは第2として指定されており、デキサメタゾン、ベタメタゾンといった名称から判断することができます。メントールやハッカオイルはそのものとしては炎症を抑えることはありませんが、皮膚に塗ったときや香りをかいだ時に清涼感を感じさせてくれます。赤みや発疹、かゆみといった症状はアレルギーでも起こりえますし、皮膚科の診察を受けることが大切ですが、明らかに虫という場合や一時的に症状を抑えたいというときには第3医薬品を塗っておくのもおすすめです。

虫刺され/虫刺症の薬の副作用と注意点

虫刺されの薬の中で注意して使用しなければならないものはやはりステロイド系です。医師の処方による薬よりも効き目が弱いとはいえ、高齢者や赤ちゃん、体調の悪い人が利用すると副作用の心配がないとはいえません。使用量の違いがあるとはいえ、ステロイドは膠原病や悪性腫瘍などまで万能薬として利用されていることもあり、使用に注意しなければならないのです。

虫刺されの場合には皮膚に塗るタイプの薬がほとんどですので、血液に入っていくことがなく外用薬の場合には副作用の心配は長期的に大量に使用しない限り問題はありません。

副作用としては皮膚が委縮したり、血管の収縮に作用して赤みがさしたり、逆に白くなったりします。血管壁や皮膚が弱くなることで紫斑ができることもあります。皮膚が薄くなったり、毛が伸びて黒く目立ったりすることもあります。ウイルスや細菌の抵抗力を低下させてしまい、水虫や疥癬などを引き起こす場合もあります。

痛みやかゆみを感じさせないようにするためにリドカインやジブカインといった麻酔薬を少量ですが利用している場合もありますので、麻酔薬のせいで頭痛や吐き気が起きる場合もまれにですが、あります。のどの渇きや声のかすれといった症状でちょっと体調が悪いかなと思うくらいのレベルであることがほとんどになります。

虫刺され/虫刺症の薬の飲み合わせ

かゆみを抑える成分として抗ヒスタミンが配合されている虫刺されの薬は、外用薬ではそれほどの影響はみられませんが、大量に利用するともともと腎臓で生成していたヒスタミンの精製能力が減少してしまい、腎臓系の疾患を悪化させてしまうことが報告されています。そのため腎臓系に疾患のある方は腎不全などを引き起こすことがまれにですがありますから、薬の飲み合わせについては医師の診察と処方に従うのが好ましいといえます。

細菌による炎症を抑える薬も胃腸に負担がかかることが多いため、一般的に胃腸薬も処方されます。鉄剤や制酸剤、抗血栓薬といったものを常用している場合も、耐性のある菌を作ってしまう場合が考えられますし、吸収を阻害する場合もあります。抗血栓薬と一緒に服用すると作用を強めて副作用を引き起こしやすくなるという場合もあります。

内服薬と外用薬は医師の処方によるものを、どうしてもという場合には外用薬は第3種を選ぶことです。患部をきれいに洗ってから、数分間冷たいタオルで冷やすなどしてかゆみをごまかすようにすることが皮膚にとっても体にとっても無理のない理想的な方法です。抗生剤も虫刺されの薬も長期的に利用するべきものではありませんし、症状が収まらない場合にはほかの原因も考えられますから、セルフケアはあまりしないほうが好ましいのです。
  • 薬は効果をしっかりと引き出しながら、できるだけ副作用を抑えることが大切です。使用法・用量、飲み合わせに十分注意し服用してください
  • 専門家の皆様へ。薬の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

虫刺され/虫刺症に関する薬一覧