AGA/男性型脱毛症に関する薬

薬剤師監修

AGA/男性型脱毛症の薬の上手な選び方・使い方

現在薄毛で悩む人の数は増えてきています。AGAの治療薬も多岐に渡りますが、脱毛のタイプによって、個々人の症状にあったものを選ぶ必要があります。まず髪にコシがなく、細く短い抜け毛が多いタイプの脱毛の方は、髪が育つサイクルが短くなっており髪が育たなくなっている状態です。この場合はAGAを発症していると考えられます。薬の使用によって、髪の育成を阻害する要因である男性ホルモンの過度な作用を抑え、髪が健康に育つための育毛周期を正常にすることが重要になります。また細く短い抜け毛が見られないものの脱毛が増えてきたような場合は、AGAはあまり進行していないと考えられます。この場合は、血管を拡張し血行を促進し、毛母細胞や毛乳頭細胞を活発にする薬で対応することが可能です。頭皮の血流が活発になり、栄養を適切に循環できるようになることで薄毛、脱毛への効果、作用を期待しようというものです。まずは自分の抜け毛のタイプがAGAを発症していると考えられるホルモンが作用しているものであるのか否か、医師等の判断を仰ぎ、適切に判断の上、薬を選択し、治療に入ることが大切です。また薬には錠剤になった内服タイプのもの、頭皮に直接散布するタイプものがありますので、それぞれの薬の特性を理解した上で選択する必要があります。

AGA/男性型脱毛症の薬の副作用と注意点

AGAの薬には、男性ホルモンの過度な働きを抑制することで脱毛を抑制する効果のある薬と、毛母細胞や毛乳頭細胞を活発にすることで血流を促進し、頭皮環境を正常にすることで効果を期待する薬があります。男性ホルモンの働きに作用する薬は、自覚症状のある性欲減退、勃起機能の低下、また乳房の肥大化といった女性化の副作用が起こる可能性があります。一方血管を拡張し血流を促進する薬の副作用としては、頭皮のかぶれやかゆみといった接触皮膚炎の他、じんましん、脂漏性皮膚炎を生じる可能性があります。また血圧が低くなるという危険もあります。どちらも認可済の薬ですが、副作用の危険性については医師等に相談の上よく理解し、適切な容量、用法を守って服用していく必要があります。さらにAGAの治療は自由診療にあたり、保険の適用外になります。そのため治療に伴う診療費、薬代はすべて自己負担になります。自由診療ですので薬の価格も様々になりますので適切な医療機関、施設の選択や、治療にいくら必要なのかという金銭的な負担を踏まえて治療の計画を立てていく必要があります。またAGAの薬の効果が実感できるようになる期間は個人によって違います。即座に効果が実感ができないからといって薬の服用を減らしたり、中断してしまうと効果が期待できません。継続し、粘り強く治療を続けていくということが大切です。

AGA/男性型脱毛症の薬の飲み合わせ

男性ホルモンの過度な働きに作用するタイプのAGAの治療薬との飲みあわせができない、危険だと薬は基本的にはありません。日本国内の医薬品の飲みあわせに関する臨床試験でも既に確認されており、体内に入った薬物同士が血中で混在した場合の薬物相互作用で「問題なし」という結論を得ています。ただし、薬は一時的に肝臓に溜まるようにできていますので薬の服用前後にアルコールの摂取は望ましくありません。肝臓に負担をかけ、肝機能の低下といった症状を引き起こす可能性があります。また薬の過剰摂取で効果は変わりません。かえって体に負担をかけることになってしまいます。またお茶に含まれるカテキンやコーヒーに含まれるカフェインが薬の吸収を妨げることがありますので、お湯または水で服用されることが推奨されています。一方、頭皮の血管血流に作用し、頭皮環境を正常、活発にする薬の飲みあわせは注意が必要です。血圧の低下が副作用として現れることがありますので、血圧降下剤と併用することで過度な血圧低下を招く可能性があり危険です。また血流の流れを活発にするという同じ効果を持つ抗血小板薬との飲み合わせがよくありません。また抗不整脈薬などの循環器系に作用する薬との飲み合わせも不快な症状が現れることがあります。健康を維持しながらAGAの治療をしていく必要がありますので、医師に相談の上、念入りなカウンセリングを行い治療を行ってください。
  • 薬は効果をしっかりと引き出しながら、できるだけ副作用を抑えることが大切です。使用法・用量、飲み合わせに十分注意し服用してください
  • 専門家の皆様へ。薬の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AGA/男性型脱毛症に関する薬一覧

健康チェック画像

「AGA」チェック

近年話題のAGA(男性型脱毛症)、あなたは大丈夫?
健康チェックする