キレイな人は実践していた! 日常に取り入れたい美肌に近づく新習慣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
執筆者画像

監修:Doctors Me 医師

「美肌をキープすること」は何歳になっても、永遠のテーマですよね!
冬場は、寒くなって空気も乾燥するために、美肌キープのためには特に気を付けたい季節です。

本日は、「日常に取り入れたい美肌に近づく新習慣」について医師に聞いてみました!

日常の意識を変えることこそ美肌への第一歩

美肌になるために最も重要なのは、なんといっても生活習慣。高い化粧水やコスメラインの使用、週に1回のエステマッサージも良いけれど、一番大切なことは体の内側から綺麗に変えていくこと。次の3つを参考に、ぜひあなたのライフスタイルと向き合ってみてください。

1:喫煙者は禁煙。吸わない人は、副流煙のある場所を極力避ける。


百害あって一利なし! 美肌にとっても大敵のタバコ。煙は、ビタミンCを壊すという、体にとってマイナスの働きがあるため、喫煙者は常にビタミン不足の状態。そうすると、

・肌荒れ
・乾燥
・ニキビ

などの大きな原因となります。

いっぽう、タバコを吸わない人でも、副流煙による影響も大きく、居酒屋やBARなど、全面禁煙でない場所では、タバコの煙を知らずに吸ってしまっている事も…。副流煙は、タバコを吸っているのと同じく有害なため、可能な限り、このような場所に行く機会を減らしてみましょう。


2:朝起きたら1杯の白湯を飲む。


寝ている間も水分は、汗と一緒に体から失われています。起きた時は水分不足の状態です。これを放置してしまうと、お肌の水分不足にも繋がり、潤いのない肌質になってしまうので、起きぬけは、常温かもしくは温かい白湯を飲みましょう。体の内側から温まるので、血行促進にも繋がります。


3:緑黄色野菜を毎日食べる。


野菜不足の生活は、肌荒れに直結します。特に、

・トマト
・ニンジン
・ブロッコリー
・ほうれん草

などの緑黄色野菜は、ベータカロチンが豊富に含まれていて、美肌に良いといわれています。また、毎日食物繊維を豊富に摂ることで、便秘解消に繋がるので、ニキビや肌荒れの改善にも◎。

【医師からのアドバイス】

いかがでしたか? 少しの意識で、今すぐ実践できる簡単な方法ばかりですが、どれも美肌に近づく大切なものです。

美肌を保つために、毎日の生活を見直してこれからも努力していきましょう。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するコンテンツ

ニキビについて