シミ

カテゴリ
皮膚の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

シミとは

シミとは、皮膚に蓄積されたメラニン色素が原因で色素沈着を起こしたもののことを言います。シミができる原因はさまざまありますが、その大半は紫外線によるものとされています。つまり紫外線を避ければ防ぐことのできる皮膚トラブルの1つです。その他にも皮膚への刺激や加齢による代謝力の低下なども原因の1つと考えられています。

よくシミは「そばかす」とセットで考えられることがしばしばです。
そばかすができやすい人はシミもできやすい場合が多いと言われています。シミもそばかすもメラニンという色素によって作られることが共通なところ。また、シミはニキビ跡などからもできます。シミ予防の一つとして、ビタミンCを摂取することを心がけましょう。

シミの症状

シミは皮膚内で作られる、メラニンという色素が沈着することによって肌の表面に現れるもののことを言います。シミは、その種類によって症状が微妙に異なってきます。

まずは、一番多いであろう日焼けによってできるシミについてです。紫外線の中でもエネルギーが弱いとされているUV-A波を浴びると、皮膚の細胞が防御反応を発揮し、ダメージを受けないようにメラニンという色素を増やします。それによってメラニン色素の影響が出てしまい、皮膚の茶色っぽい変色や黒ずみといったシミの症状を出してしまいます。

紫外線を浴びると皮膚の細胞はメラニンという色素を増やして防御します。そのメラニン色素が沈着してしまうとシミとなるのですが、頬骨の所に丸い褐色の斑点ができてしまう場合があります。このシミの症状は、初めは褐色と言っても薄い色なのですが、時間の経過とともに濃くなっていってしまうことが挙げられます。


また、そばかすもシミの一種であり、シミの症状と言えます。鼻を中心にして発生し、こちらも紫外線を浴びるとだんだんと濃くなっていくと言われています。症状のまとめとしては、時間の経過や紫外線を浴びるごとに、濃くなっていってしまうということが言えます。

シミの原因

紫外線に注意!
最も大きなシミの原因は、紫外線になります。この紫外線を浴びることによってシミの卵ができてしまうと考えられます。

紫外線を浴びたからと言って、すぐにシミができるわけではありません。そして、一口に紫外線と言っても、その全てがシミの原因となるわけではありません。中でもUV-A波という弱い紫外線が原因となってきます。このUV-A波は皮膚の内部に入り込み、皮膚の細胞を攻撃し、その結果メラニンという色素が発生してしまってシミができてしまうのです。

この皮膚の細胞は、UV-A波によって攻撃を受けると、防御反応としてメラニン色素を過剰に作り出します。そのメラニン色素は皮膚に残ってしまい、シミとして出てくることになります。

その他にも、原因の1つとして遺伝も挙げられます。遺伝が原因で発生してしまうシミはそばかすです。また、肝斑というシミは、女性ホルモンのバランスが崩れてしまうことが発生の原因であると言われています。

シミの予防/治療法

まずは紫外線対策が最も重要となります。外出する際には必ず日焼け止めを塗りましょう。

汗や皮脂などで日焼け止めが流れてしまうことがあるので、日焼け止めはこまめに塗り直した方が良いでしょう。また、晴れていないからと言って、日焼け止めを塗らずに外出すると大変なことになります。曇りの日でも紫外線は降り注ぎますので、日焼け止めは必須になります。

また、身体の中からもシミの予防はできます。それは、ビタミンAやC、E、L-システイン、ポリフェノールなどを積極的に摂ることです。どれもお肌に良いとされている成分です。予防していてもできてしまった場合には、そういったシミを薄くしたり消す薬やレーザーによる治療法も存在していますので、そういう物を上手く使って、前向きに対応していきましょう。

シミの薬の上手な選び方・使い方

詳細をみる
シミが出来てしまったら、まずは、どのような種類のシミなのかを把握することが大切です。今回は、主に体内からシミにアプローチする方法についてお話したいと思います。

シミには大きく分けて5種あります。紫外線が原因で出来る日光黒子、女性ホルモンの乱れなどが原因で30~40代の女性に出やすい肝斑、遺伝などが原因でゴマほどの大きさのシミが散らばるそばかす、ニキビ跡などが残ってしまうことで発生する炎症後色素沈着、加齢による皮膚の老化が原因の老人性ゆうぜいの、5つです。全て出来るまでの経緯や大きさ、色などにばらつきがあるのですが、老人性ゆうぜい意外は全て薬で治すことが出来るのです。

それぞれの症状にピッタリの薬がありますので、自分に合うものを見極めて使うようにしましょう。まずは日光黒子と炎症後色素沈着に最適なのは、ビタミンCとハイドロキノンが入っている薬です。これらには強い美白効果があり、色素沈着をしてしまった肌を改善してくれます。肝斑に良いのは、ビタミンCとトラネキサム酸が配合されている薬です。これらにはメラニン色素の生成を抑えてくれる効果があります。次にそばかすですが、ビタミンCとL-システインが入っている薬が最適です。メラニン色素の生成を抑え、排出してくれる役割を果たします。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

健康チェック

健康チェック画像

「シミ・そばかすリスク」チェック

最近、シミ・そばかすが増えていませんか?

ふと鏡を見て、シミ・そばかすが目につき落ち込んだことはないでしょうか。

シミ・そばかすの原因の80%は日光の紫外線で、長年紫外線を浴び続けることで皮膚細胞がダメージを受け、メラニンが蓄積し、シミ・そばかすとして顔に現れるのです。その他にも、ホルモンバランスの乱れ、加齢、遺伝などもシミ・そばかすの原因になります。

あなたの生活習慣の中に、シミ・そばかすができやすいポイントがあるかもしれません。まずは簡単にセルフチェックしてみましょう!

1 /15

普段から日光に当たることが多い

シミの相談

シミに関するコラム

健康チェック画像

「シミ・そばかすリスク」チェック

最近、シミ・そばかすが増えていませんか?
健康チェックする