ピロリ菌ぴろりきん

カテゴリ
胃の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

ピロリ菌とは

ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ菌)は、人間を含む動物の胃の中で生息するらせん状の細菌です。
ピロリ菌に感染すると、慢性胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍はもちろん、胃癌やMALTリンパ腫などの重篤な病気の原因となることがわかっています。

ピロリ菌の症状


ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ菌)は感染した大部分の人に、ほとんど自覚症状がない特徴をもっています。
しかし成人の場合、ピロリ菌に初めて感染すると嘔吐や腹痛などと言った不快な症状が現れることがあります。ピロリ菌に感染したと自覚する前に、ピロリ菌によって引き起こされる慢性胃炎胃潰瘍の症状で不調を感じる場合のほうが多いです。不調がピロリ菌によるものなのか見極めるためには、注意が必要です。

ピロリ菌が原因となる胃の疾患の症状として、胃潰瘍で胃がシクシク痛む場合や胃炎で胃がもたれる感じがすることなどが挙げられます。最近はピロリ菌の存在が広く知られるようになったことで、自覚症状がないうちに感染を発見するケースも増えていますが、ピロリ菌に由来する症状なのかは医師に診てもらうようにしましょう。
慢性胃炎について詳しく見る
胃潰瘍について詳しく見る

<<ピロリ菌は胃癌の最大原因>>
日本人に胃癌が多い原因として、「塩分の多い食事」「ピロリ菌の感染」が考えられています。ピロリ菌の感染が慢性胃炎の原因となること、日本人の2人に1人はピロリ菌に感染していることがわかっています。そこで問題なのが、一部の慢性胃炎の人が胃癌になることがありますが、胃癌のほとんどが慢性胃炎から発生しているということです。そのため、ピロリ菌の除菌による慢性胃炎の治療が胃癌の予防に繋がることが確認されています。
胃癌は早期発見により死亡率は減少していますが、発生率は減っていません。慢性胃炎のように常に炎症があると活性酸素の働きで癌ができやすくなります。胃癌の患者さんでピロリ菌に感染していない人は1%と稀です。そのため、胃癌の予防にはピロリ菌の除菌が有効になります。ただし、予防の効果は初期の感染では明らかですが、後期の感染つまり胃炎が進んだ状態だと小さくなります。ピロリ菌の感染ルートは経口感染や家族内感染が有力な説となっています。したがって、家族に慢性胃炎や胃癌の患者がいる若い人への対策が望まれます。胃炎には胃癌になるターニングポイントがあり、その前にピロリ菌を除菌することが必要であり、予防の効果が高まると考えられます。

ピロリ菌の原因

ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ菌)は、胃の粘膜にすみつく細菌で、胃の病気に深くかかわっていると考えられています。胃は食道に続く消化管で、十二指腸につながっていますが、この細菌は十二指腸に続く幽門(ピロリ)で1982年に初めて発見されたので、「ピロリ菌」という名が付けられました。胃には強酸性(pH1から2)の胃液がありますので、とても細菌が生きていける環境ではありませんが、ピロリ菌は「ウレアーゼ」という酵素を出して胃の粘膜の尿素からアンモニアを作り出し、強アルカリ性のアンモニアで胃液を中和して生きのびています。日本人の約50%以上が、50歳以上の約70%以上がピロリ菌に感染しているといわれています。上下水道が普及していない不衛生な地域・時代に生きた人の多くが感染しています。ピロリ菌に感染しますと、慢性胃炎や胃潰瘍になりやすくなります。ピロリ菌によって胃の粘膜が傷つけられるからです。慢性胃炎が長く続くと、胃潰瘍や十二指腸潰瘍だけでなく萎縮性胃炎になりやすくなり、胃がんを発症させる人もいます。ピロリ菌を除菌することにより、この細菌に感染していると起こりやすい病気を予防したり改善したりできる場合があります。

ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ菌)に感染する原因は、主に経口感染であることがわかっています。

感染している多くの人が、衛生環境が今より整っていなかったときに幼少期を過ごしています。幼少期に食べたものや飲んだものから感染が多いことも特徴です。
そのため、50歳以上の約8割は、ピロリ菌を体内に保菌している可能性あると指摘されています。

また、ピロリ菌を保菌している親から幼児へ口移し、排泄物などによって汚染された食物や水からの感染も有力な原因されています。

生活環境の改善や衛生状況などの整備により、保菌者数は減少傾向にあることが報告されています。




ピロリ菌の治療法

ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ菌)は、胃の中に保菌されています。
経口感染が有力な説として考えられます。しかし、感染経路が解明されていないことから、はっきりとした予防法は確立されておりません。

予防のためには、井戸水など除菌されていない水を飲まないことや、糞を媒介するゴキブリなどを駆除することです。感染を防ぐためには、衛生環境に注意することが重要なのです。
万が一、感染していても現在は除菌治療法が確立されています。疑わしい症状がある場合は、念のためピロリ菌の検査を受けると安心です。

ピロリ菌に感染しているかどうかを検査する方法は
・血液検査でピロリ菌の抗体の有無を調べる
・胃カメラで胃の組織を取って、試薬につけて調べる
 あるいは顕微鏡で直接ピロリ菌を探す
・便の中のピロリ菌の有無を調べる
・注射をして呼気を調べる
というものがあります。

これらの方法でピロリ菌が感染していることがわかり、胃カメラで慢性胃炎が証明できれば、保険で除菌治療を受けることができます。


<<ピロリ菌の除菌方法>>
ピロリ菌の除菌には2種類の薬を服用します。

・胃酸分泌抑制剤(ランソプラゾールなどのプロトンポンプ阻害剤)
・抗生物質(アモキシシリンとクラリスロマイシン)

1日2回、7日間服用します。服用後4週間経過してからピロリ菌の有無を検査しますと、約75%の人が除菌に成功しています。除菌できなかった人も初回の抗生物質のうち1つを別の薬に変えて除菌治療を行うことによって、95%以上の人が除菌に成功します。抗生物資を服用しますので、下痢・味覚異常・肝機能障害といった副作用が出ることがあります。発熱や腹痛を伴う下痢や血便が出たり、かゆみや発疹が出た場合には、主治医や薬剤師に相談して服用を中止したほうがよい場合もありますが、軽い下痢や味覚異常(苦みや金属のような味を感じる)の場合には、自分の判断で勝手に服用を中止しないようにしましょう。3日間ほどで収まることが多いですが、服用を途中で中止しますと、抗生物質に耐性のピロリ菌が現れたりして除菌が困難となります。また、除菌に成功してもピロリ菌に関係する病気のリスクは下がり、ゼロにはなりません。定期的に検査をしたほうが良いでしょう。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください