頭痛に関する薬

薬剤師監修

頭痛の薬の上手な選び方・使い方

市販されている頭痛薬の鎮痛成分は6種類で、副作用の少ないアセトアミノフェン、サリチル酸系ながら副作用の少ないエテンザミド、胃に優しいイブプロフェン、胃を荒らしやすいアセチルサリチル酸、強い効果のあるピリン系のイソプロピルアンチピリン、多種類の痛みに効いて効果の強いロキソプロフェンナトリウム、これらがあります。胃を荒らしやすい鎮痛剤を使った市販の頭痛薬は、胃を保護する成分の薬を含有しているのが普通です。また、頭痛薬によっては年齢制限があり、15歳未満の使用を禁止するものが少なくありません。15歳以上を使用条件としているものは、アセチルサリチル酸、イブプロフェン、ロキソプロフェンナトリウム、イソプロピルアンチピリン、この4種類です。小児(小学生)でも使えるのは、アセトアミノフェン、エテンザミド、この2種類です。強い鎮痛効果のあるものほど、副作用も強く出る傾向があり、患者の年齢や体質や症状にあったものを選ばねばなりません。市販薬の使用に際しては、医師の診断なしに服用することになるわけで、市販薬の説明書に記載されている用法用量を守る必要があります。用法用量を逸脱した服用をすると、胃腸などに異変が生じる可能性があります。

頭痛の薬の副作用と注意点

頭痛薬の副作用は、胃に生じる場合が多いです。一般に鎮痛薬は、痛みを抑える作用と共に胃の粘液の分泌を抑制する副作用があり、胃の粘液が減少することによって、胃酸が胃の粘膜を直接刺激することとなり胃に痛みや不快感をもたらし、重症になると胃潰瘍にまで発展します。市販の頭痛薬では、このことを考慮し必要に応じ胃薬も添加されていますが、胃薬が充分に効果を発揮しないこともあります。頭痛薬では、一般的に言って、空腹時の服用は禁止され、服用時の時間間隔を広く取り、長期間の連続使用が禁止されるのが普通です。これも、主に胃を守るための指示です。

頭痛薬では、胃への副作用とは違う種類の副作用によって、重篤な症状になる場合も稀にあります。例えば、全身がむくみ尿量が減る腎障害、だるさや黄疸の症状が現れる肝機能障害、呼吸困難となる喘息(ぜんそく)発作、服用直後に息苦しさや蕁麻疹(じんましん)が現れるアナフィラキシーショック、発熱や頭痛や嘔吐と共に首筋後部の硬直が見られる無菌性髄膜炎、などがあります。この種の重篤症状が現れた場合、頭痛薬の使用を直ちに中止し、使用した頭痛薬を示して医師の診断および治療を受けなければなりません。

頭痛の薬の飲み合わせ

頭痛薬の飲み合わせとしては、食品との飲み合わせ、薬品との飲み合わせ、この2種類があります。

食品のと飲み合わせでは、コーヒーや緑茶などのカフェインを含むものは、市販の頭痛薬に含まれるカフェインと重なる可能性があります。市販の頭痛薬は、カフェインを含むことが多く、コーヒーや緑茶を飲むことでカフェイン過剰摂取になる可能性が生じます。また、アルコール飲料も頭痛薬との相性が悪いです。アセトアミノフェンとアルコールとの相性が特に悪く、肝機能障害を起こして重篤な状態に至ります。アセトアミノフェンそれ自体は安全性の高い鎮痛剤ですが、アルコールと合わさると非常に危険なものになります。アセトアミノフェンに限らず、どの鎮痛剤であってもアルコールと相性が悪いですから、二日酔いの頭痛を治す目的で頭痛薬を服用することも避けなければなりません。

薬品との飲み合わせでは、頭痛薬と総合感冒薬とで、その成分が重複してしまう可能性があります。総合感冒薬は、多種類の薬剤が含まれていますので、頭痛薬に含まれる成分と重なりがちです。特に、総合感冒薬には鎮痛剤が含まれていることが多く、頭痛薬の成分または効果と重なります。これでは、副作用が強く出てしまいます。
  • 薬は効果をしっかりと引き出しながら、できるだけ副作用を抑えることが大切です。使用法・用量、飲み合わせに十分注意し服用してください
  • 専門家の皆様へ。薬の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

頭痛に関する薬一覧