しびれしびれ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

しびれとは

しびれは麻痺の一種で、血流の低下により神経に問題を生じ、感じることや動かすことが正常にできない状態です。
日常でよくある「しびれ」の例として、正座を長くしたときに足がピリピリして歩けなくなる状態が上げられます。しかし、中にはちょっと触っただけでは分からない感覚が鈍っているような症状もあります。力を入れようと思っても入らない症状もあります。足や首、指、手など全身のあらゆる箇所にしびれを感じることがあります。

しびれは重篤な病気のサインであることもあります。脳の病気や糖尿病や心臓病などの症状としてしびれが現れることも。

しびれの症状

しびれは身体の感覚がなくなり、動かすことが正常にできない状態です。
日常でよくある「しびれ」の例として、正座を長くしたときに足がピリピリして歩けなくなる状態が上げられます。しかし、中にはちょっと触っただけでは分からない感覚が鈍っているような症状もあります。力を入れようと思っても入らない症状もあります。

しびれは、脳や脊髄や中枢神経、さらには脊髄から手足の先まで伸びている末梢神経など、神経が通常とは違う状態になり生じます。

例えば手足の場合、脳や脊髄に根本の原因が隠されていることもあります。特に急激にやって来たような場合ですと脳梗塞脳出血といった、すぐに対応をしなければ命の危険まで発展する可能性がある事象もあるので注意が必要です。

さらに脳に関する病気は重篤な後遺症が起きてしまうこともあります。

しびれがゆっくりと広がる場合、脳だけでなく脊髄に腫瘍ができている可能性もあります。
さらには片方の腕や手がしびれるケースでは、頚椎にその原因が隠されている事もあるので気をつける必要があります。例として椎間板ヘルニアなどが挙げられます。足だけの場合、腰椎に原因が隠されていることがあります。


医師からのアドバイス


しびれが治まらない場合は病気の可能性が高いです。症状として当てはまる項目があるかチェックしてみましょう。
【腓骨神経麻痺】ってどういう病気? しびれが治まらない時は要注意!


しびれの原因

私達が日々の生活の中でしびれを感じることは珍しいことではありません。正座をすれば足はしびれますし、寒くて手がしびれることもあります。ただし、しびれの原因は全て同じものとは限らず、症状の度合いも様々です。また、しびれの原因によって放っておいて良いものなのか、それとも早急に処置が必要なものなのかも変わってきます。そんなしびれの原因は主に以下の3点です。

・神経系統の圧迫や障害のため
・血流が滞ることで栄養分や酸素循環と供給が遮断されるため
・重篤な例として、脳で起きた障害のため


これらの中で最も多いケースは、末梢神経の圧迫が原因となっているしびれです。末梢神経はとても細くて繊細です。そして、傷みや温度などの情報を電気信号で体中に流す役割を果たしています。正座などの同じ姿勢を長時間維持することがあると、体中の血管の流れが悪くなってしまいます。その為、本来必要な酸素量が末梢神経まで届かなくなり、機能が著しく低下します。この時、脳からは「神経の機能低下・異常があった」とアラートが流れ、無意識の内に電流を流し「しびれを感じる」という仕組みになっています。元々、末梢神経は電気が張り巡らせています。普段は傷みを感じることはありませんが、異常な状態になると痛みを発生させるようになっていて、手足をしびれさせることで私達の体に合図として教えてくれるのです。

・体内の水分量が少ない、脱水症状など
人間は70%が水分と言われるように、生きていく為に水分を必要とします。十分な水分量が確保できていない場合、血管の流れが悪くなり、末梢神経に異常を起こし電気を流すきっかけとなり、私達にしびれを感じさせるのです。

・ストレスによるもの
緊張などのストレスを感じると、筋肉は萎縮してしまいます。そうすると、血液の流れが悪くなり、末梢神経の電気の流れを乱してしまい、それがしびれという症状で出てきます。

しびれの予防/治療法

しびれが起こったら…


【重篤な場合】
脳卒中や脳梗塞が原因で痛みを司る視床が損傷を受けると、体のどこで起きているのか分からないような症状を出すことがあります。この場合、治療は困難と言われています。次に、神経系統の場合は、部位により神経が障害を受けている箇所をかなり正確に掴み、原因を追及する事ができます。それは、神経が交感神経と副交感神経の二重支配になっていて、左右対称になっているからです。例として、神経系が束ねられて抹消に向かう脊髄の損傷が原因ならば、脊椎手術で圧迫されていた箇所を治療すれば治ります。また、血管系では血流障害の部位を特定すれば原因が分かりますし、原因から血流を改善させることもできます。動脈硬化症で血栓が静脈弁に詰まり症状を発症しているならば、カテテール治療で完治できます。

しびれは、体が発する病気のシグナルの一つです。見逃さずに医師の診断と治療を受ければ、悪化することなく健康に過ごせるのです。

【軽い場合】
正座で足がしびれた、程度の場合はマッサージなどで血流が良くなるように促しましょう。
普段から血流を良くしておくことで正座をしたときなどの軽い痺れは予防することができます。

正座でしびれが起こるのは血液の流れが悪くなっていることが原因ですので、膝を伸ばして血液が流れる姿勢をとって待っていれば、血液の流れが治ってしびれは徐々に取れて行きます。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください