かゆみ

カテゴリ
皮膚の病気

かゆみに関する薬

薬剤師監修

かゆみの薬の上手な選び方・使い方

かゆみを止めてくれる薬の種類は豊富にあり、かゆみの箇所や原因が分かっていれば市販の薬でも対処できる場合があります。正しいものを選べば、かゆみも早く抑えられるでしょう。

軽度のかゆみであれば抗ヒスタミン薬やかゆみ止め配合と表記されているタイプを選ぶのが良いです。抗ヒスタミンの成分はかゆみを抑える働きをしてくれるのです。このタイプの薬であれば皮膚の弱い部分である顔にも使用できます。強いかゆみがある場合はステロイド薬と書かれているタイプの薬を選ぶ方が良いでしょう。ステロイド薬は炎症を抑えてくれます。また毛細血管を引き締める効果もあり、かゆみや赤くなった皮膚を和らげてくれるという効果も持っています。

かきむしった場合の傷は細菌が増えてしまいやすい状態にあります。炎症を起こしてしまえば悪化してしまうので、殺菌効果のある抗生物質や化膿を止める効能が入った軟膏を使用した方が患部への効果を発揮します。

かき傷やひび割れなどの症状がでている場合には薬がはがれにくく、刺激が少ない軟膏が適しています。クリームタイプのものは皮膚に浸透しやすいのが特徴ですので、乾燥した皮膚に合っているでしょう。ローションタイプは即効性に優れており、かゆみ止めに適しているが、刺激が強いことから傷やただれには向きません。

かゆみの薬の副作用と注意点

薬には複数の作用が入っているものが多いです。効きすぎれば害になり、治療のはずが病状が悪化する場合もあります。体質によっても効き目が違ってきます。また人によってはアレルギー反応を引き起こしてしまう成分が含まれている場合もありますので、薬の購入の際に成分をチェックしておく必要があるでしょう。

かゆみ止めの薬の中でも副作用を知っておくと良いものがステロイド軟膏です。ステロイド軟膏の副作用の特徴としては皮膚が薄くなったり、毛細血管が広がることで皮膚が赤くなったりします。皮膚の免疫が低下してしまうので、感染症になってしまう場合もあるのです。長期的な使用を行っていると薬の力に肌が頼ってしまうようになり、免疫力が落ちてしまうことが理由です。

ステロイド軟膏を赤ちゃんに使用する場合には注意が必要になります。赤ちゃんの皮膚は大人に比べて薄い上に薬の吸収力が高いので、ステロイド軟膏を使用するときには決められた使用量や塗る回数を守って正しく使うことが大事です。多く塗れば早く治るというわけではありません。また妊婦へのステロイド軟膏の使用はしても問題はありません。皮膚からの吸収は少なく、お腹の中にいる赤ちゃんへの影響はほとんどありません。皮膚の治療を行わずに悪化させてしまった方が赤ちゃんに影響があるので、治療を怠らないようにしましょう。

かゆみの薬の飲み合わせ

かゆみ止めの塗り薬や飲み薬だけでは症状が良くならない場合があります。そのときにはビタミン剤や漢方薬を飲み合わせると、ビタミン剤や漢方薬が補助的な役割を果たしてくれて、症状が良化していく可能性があります。

例えばビタミン剤ではビタミンHを表皮の回復を高める狙いで飲み合わせるのが一つの方法です。ビタミンB2やビタミンB6であれば粘膜の強化をしたいときに使用できます。他にも皮膚のかさつきを改善するために補助役を担ってくれるビタミンEも飲み合わせとして良い組み合わせだと言えるでしょう。

かゆみ止めを使っているときは体調を崩してしまっている場合が多くあります。そういった場合には皮膚の状態と全体的な身体の状態を総合的に考えて、漢方薬を使っていくのが良いでしょう。自分の体質に合ったものを専門家に選んでもらい、正しく処方することで悪化していた皮膚の状態が良くなっていくことがあるからです。また漢方薬を使っていることで、普段からあった便秘が改善されたり疲れやすい体質であった人が体質の向上に繋がっていくようなケースもあります。

こうした補助の役割を担ってくれる飲み薬を併用してみることで、病状が良い方向へ進行していくことがあるので、飲み合わせを考えることも治療には必要なのです。
  • 薬は効果をしっかりと引き出しながら、できるだけ副作用を抑えることが大切です。使用法・用量、飲み合わせに十分注意し服用してください
  • 専門家の皆様へ。薬の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

かゆみに関する薬一覧