あなたの“夏太りしやすい度”をチェック!夏に体重が増える原因と対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
執筆者画像

監修:Doctors Me 医師

夏になるとなぜか体重が増える…。いわゆる「夏太り」をしてしまう人は意外に多いのではないでしょうか?

ダイエットしてもなかなか体重が落ちないのは、暑さのあまり冷たいものばかり食べてしまう、夏特有の原因が隠れている可能性があります。

これから海やプールで二の腕やお腹などを露出する人もいらっしゃると思いますが、その前に体重は増やしたくないですよね。

今回は、医師が夏太りの原因と対策、簡単セルフチェックをお教えいたします。

目次

夏太りの原因

お腹をつまむ女性

夏太りとは


夏に体重が増えることです。医学用語ではなく俗語です。

原因


■ 運動量や必要エネルギーが少ない
暑くて運動習慣をキープしにくく、 体温を保つのに必要なエネルギーがないため、食事量が冬と同じなら太りやすくなります。

■ 冷たいものばかり食べている
食欲がわかず、口当たりの良い冷たく甘いものを多く食べてしまうことも考えられます。

冷たい水分に砂糖を混ぜても甘さを感じにくく、甘く感じる清涼飲料水には多量の砂糖が含まれており、糖分が多くビタミンやタンパク質が欠乏しがちになります。

夏太りする人と夏痩せする人との違い

食欲がない女性

夏痩せ


夏バテして食事量が極端に減ってしまうと、夏痩せすることになります。

夏太り


食べていないつもりでも、カロリー超過になってしまっていると思われます。

夏太り対策におすすめの運動

運動する女性
紫外線が多く気温が上昇する10〜14時ごろを避け、早朝や夕方の涼しい時間帯に運動をしましょう。

汗をかくので、水分や塩分を補給し、熱中症対策にも注意しましょう。

おすすめの運動


・通勤時に1駅前から歩く
・暑さを忘れさせてくれるプール
・涼しい室内でストレッチや体操、ヨガ

夏太り対策に効果的な食事

ところてん

夏に多くなりやすい食事


・かき氷やアイスクリーム
・冷たい飲み物
・スパイシーな食事

これらは胃腸を弱らせ、糖分や油分を摂り過ぎる原因にもなりますので、なるべく控えましょう。

夏太りしにく食事のコツ


■ 飲み物
できる限り常温にしましょう。

■ デザート
ところてんやわらび餅といった和風の低カロリーのものを選びましょう。

■ 栄養成分
エネルギーを効率的に使うのに必要なビタミンも意識的に摂るようにしましょう。

ビタミンBは豚肉、レバー、魚、バナナに多いです。ビタミンCは果物(イチゴ、キウイ、柑橘類)、野菜全般に含まれます。

夏太りしにくい生活習慣・環境作り

エアコン設定28度
夏休みやイベントで生活が不規則になり、また暑さのため寝付けなかったり疲れが取れにくかったりすることが夏バテにつながります。

冷房を28度程度に夜間も作動させておいたり、湿度を50〜60%程度に管理することで疲れにくく快適に眠りやすくなります。

足湯や半身浴で体をここちよく温め、血流を良くし、冷房による冷えを改善することで、疲れにくくなります。

夏太りしやすい度チェック

体重計に乗る女性
□ 甘くて冷たいアイスコーヒー、かき氷、冷たいビールが好き

□ 暑くて台所に立つのがつらく、簡単に調理できるそうめんばかり食べている

□ 朝は食欲がなく朝食を食べず、日中は栄養ドリンクやエナジードリンクを愛飲し、夜は遅くまでビールやから揚げなど好物を食べてしまう

□ 外食が多く、野菜や果物を意識して食べていない

□ 普段ウォーキングしているが、夏は暑いし紫外線も強いし、外に出られない

最後に医師から一言

夏の日差し
梅雨が明けてから9月に入るまでの約1カ月半は暑さが厳しく、規則正しく健康的な食事・運動を保つのが難しくなります。

一日一食でも主菜(タンパク質)・副菜(野菜)のバランスを意識した食事を用意し、よく噛んで食べることで食べ過ぎを防ぎましょう。

(監修:Doctors Me 医師)
  • この記事は、医療・健康に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。記事の内容について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するコンテンツ

ダイエットについて