コラム画像

出典:PIXTA

《医師が解説》ダウンタウン浜田雅功さんも患った“声帯炎”ってどんな病気?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
先日、人気お笑いコンビダウンタウンの浜田雅功さんが、声帯炎によって仕事をお休みしていたことが話題となっておりました。(参考

この声帯炎とはどのような症状で、どのような方にリスクがあるのでしょうか。

今回は声帯炎の原因や治療方法、声帯炎の予防方法まで医師の建部先生に解説していただきました。

声帯炎とは


体において声帯は喉の部分の、発生時に喉が上下する突起物が触れる部分、いわゆる喉仏の部分に隠れるように存在しています。

その部分の炎症である声帯炎には大きく「急性声帯炎」と「慢性声帯炎」の2つに分けられます。

関連記事:

【出血性声帯炎】Acid Black Cherryのyasuを襲った喉の疾患とは?

声帯炎の原因


喫煙(タバコ)


声帯炎を起こす方のほとんどが喫煙者である、ともいわれています。

喫煙は声帯にとっては有害以外の何物でもなさそうです。

ウイルス感染や細菌感染の影響


解剖学的に喉頭蓋という組織で声帯は守られているので、菌やウイルスが直接の感染はしにくいですが、咽頭炎や喉頭炎が拡大し声帯炎に至るケースが多いです。

飲酒


アルコール飲料を多く摂取する習慣のある方は、簡単に言うと「酒焼け」になりやすいです。

食道へのアルコールによる慢性的な炎症が声帯に及ぶ状態が原因と考えられています。

声帯結節や声帯ポリープ


主に声の酷使によっておこるといわれている声帯結節や声帯ポリープも、声帯の炎症を伴うことがあります。炎症による粘膜の再生における変異が結節やポリープに至ってしまいます。

喉頭がん


声帯結節や声帯ポリープの中にはこの疾患が隠れていることがあります。

一般的にがん細胞はいつまでも炎症反応を続けさせ、その反応を利用して自分のまわりに血管を作らせ、酸素や栄養分を補給して大きくなりますので、おのずと慢性的な炎症を声帯にも伴っています。

甲状腺疾患


甲状腺機能亢進症や橋本病、亜急性甲状腺炎などの甲状腺の病気になると、甲状腺が腫れて声帯を圧迫し、声帯付近に炎症を起こすことがあります。

声帯炎の症状


声帯炎の一般的な共通主要症状


■喉の奥の痛み
ヒリヒリ、イガイガした、喉の奥が日焼けでもしたような痛みが生じます。

■嚥下障害
喉の痛みによる飲食物の飲み込みが難しくなることがあります。

■発声障害
声がかすれてしまう~全く発声できない状態に至ってしまいます。

■発熱
ウイルスまたは細菌の感染等の背景があるため、体温が上昇します。

■痰がよく出る
痰絡みがなかなか良くなりません。

慢性声帯炎の症状


声の出しにくさや声のかすれ、喉の違和感などが続きます。重度の喫煙やアルコール飲料の多飲といった生活習慣が原因になっている場合は、それらの習慣を見直さない限り症状が遷延することが多いといわれます。

慢性の声帯炎だけでも治るのに1カ月ほどかかりますし、声帯結節や声帯ポリープが原因となっている場合はファイバースコープを利用した手術等が必要です。

急性声帯炎の症状


カラオケで何時間も歌う、大声を出すなどで喉に負担をかけると喉の奥の痛みと、発声障害を発症しますが、ウイルスや細菌感染などの影響がある場合は風邪などの症状の一環として発熱、痰が加わります。

声帯炎の治療


診察内容


耳鼻咽喉科で声帯の状態、炎症があることを確認して治療を開始することになります。

治療期間(声が出るまで)


急性声帯炎であれば、適切な治療によって1~数週間以内に症状が消失することが多いようです。以前のような声になるまでには2~3週間かかることが臨床的には多いです。

慢性声帯炎の場合は声帯結節や声帯ポリープの有無等により様々で、長期間続くこともあります。

治療薬


原因や炎症の状態などによって異なりますが、喉の痛みに対して非ステロイド系の消炎鎮痛薬、細菌感染がある場合には起因菌に合わせた抗生物質などが処方されることが多いと考えられます。

声帯炎と併存することのある病気


声帯ポリープ


歌手やアナウンサーなど、声をよく使う方に多いことが知られています。

声帯結節


声帯結節も声を酷使する職業の人に多い疾患です。

喉頭がん


声帯炎をきっかけとして、喉頭がんが見つかる場合もあります。

甲状腺疾患


甲状腺機能亢進症や橋本病、亜急性甲状腺炎などの甲状腺の病気になると、甲状腺が腫れて声帯を圧迫し、声帯付近に炎症を起こすことがあります。

関連記事:

【嵐 櫻井×つんく新CM】喉頭がんにおけるコミュニケーションとは

声帯炎の予防法


基本的には喉に負担をかけることをしないことに尽きます。急性声帯炎は簡単に予防ができる病気でもあります。乾燥しがちな冬の時期などは外出時にマスクをして、ウイルスや細菌の侵入を防ぐとともに喉が潤うようにしてみましょう。

声帯炎にかかりやすい方は、外出からの帰宅時のうがいが有効なケースもあります。以下のことを実践してみてください。

■禁煙
タバコは声帯に大きな負担をかけます。

■節酒
アルコールの多飲も、声帯に炎症を起こす引き金になることがあります。

■感染予防
うがいや手洗いなどで菌やウイルス感染をできるだけ防ぎましょう。

■声の出しすぎに注意
職業上、日常的に声を使う必要のある方は、喉を休ませる時間を意識的に取りましょう。

関連記事:

急に声が出なくなった!そんなとき実践したい5つのケア方法

最後に建部先生から一言

喉の不調~風邪症状に絡んで声が出にくくなってしまうのが、声帯炎です。喉の炎症が拡大した結果で起こるので、規則正しい生活・必要十分な休養と睡眠と適切な予防対策が基本になります。

数日、様子を見ても良くならないようなら、最寄りの耳鼻咽喉科を受診し適切な治療により回復までの期間を短くすることが大切です。

生活習慣から見直しと予防からはじめてみましょう。

(監修:医師 建部雄氏)
【Click!】建部先生のプロフィールをチェック!
  • この記事は、医療・健康に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。記事の内容について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するコンテンツ

喉の痛みについて