喉の痛みに関する薬

薬剤師監修

喉の痛みの薬の上手な選び方・使い方

風邪や乾燥などで声が枯れたり喉の痛みがあるときに効く成分としては、アズレン(アズレンスルホン酸ナトリウム)やトラネキサム酸があります。トラネキサム酸は、喉以外でも美容など、様々な場面に使われる成分です。粘膜の炎症を抑える成分が強いことが特徴です。主に錠剤などの内服薬です。アズレンも同じく、荒れている粘膜を治すことを目的とした成分で、こちらはうがい薬やスプレーでの形が多いです。どちらも成分はさほど変わらないので、場面によって使い分けると良いでしょう。喉スプレーは、一日複数回使うので、こまめにスプレーができる方の方が向いていますね。

また、場面以外にも、アズレン、トラネキサム酸による効果は、体質による個人差が出やすいので、どちらか試すことで、自分に合った成分を知る必要があります。市販の風邪薬も、喉の痛みに特化した作用があるものは、これらの成分のどちらかが入っているので、喉の痛みが強い場合は、成分表記を確認してから購入してください。

自分の体質に合っているものであればどちらでもよいかと思いますが、喉のスプレーになっているものは、少しコツが必要なので、声を出しながらスプレーをしたり、スプレー後は上を向いて薬剤を喉の方へ流すなどの工夫が必要です。

同じスプレーでも、ポピドンヨードが主成分のものは殺菌を目的としているので、すでに喉が炎症を起こして痛みがある場合は、選ばない方が良いでしょう。

喉の痛みの薬の副作用と注意点

トラネキサム酸は副作用がほとんどない、安全性の高い成分ですが、もともとは止血剤として開発され使用されていたものなので、血栓ができやすくなるという副作用があります。しかし、長期にわたって使用しなければ問題はないので、服用しても喉の痛みが改善されないなどの場合は、自己判断をせず、病院を受診し、医師の指示を仰ぐ必要があります。

基本的には副作用が少ないですが、まれに人によっては食欲不振や吐き気が起こる場合があるので、体調などに注意をして、必要ならば受診などの対処をしましょう。

次に、アズレンですが、炎症を抑える効果がトラネキサム酸より緩やかなので、その分副作用も少ないものです。内服薬として使う場合は、腹痛や下痢などの消化器系の症状が副作用として現れることもありますが、喉の痛みがある場合は、スプレーがほとんどなので、スプレーとして使う分には問題がないと言えます。

また、ポピドンヨードが成分のものも、消毒薬として使われているもののため副作用はありませんが、ヨードアレルギーがある方はアナフィラキシーショックに似た症状が出るので、注意が必要です。こちらはあくまで予防やごく初期の症状の際に使うものなので、炎症を起こしているときはかえって殺菌のしすぎで荒れてしまい、痛みが引きにくくなることもあるので、気をつけてください。

喉の痛みの薬の飲み合わせ

トラネキサム酸の成分は、解熱鎮痛剤などの成分との併用も可能で、病院から処方される薬なども同じような作られ方をしています。特に大きな飲み合わせのタブーはないですが、成分を重複して摂取することは避けましょう。すでに述べたように、もともとトラネキサム酸の成分は止血剤なので、多量の摂取は血栓ができやすくなる危険性をはらんでいます。喉の痛みだけではなく、風邪のほかの症状も出ている時に、追加で風邪薬を飲む場合は、トラネキサム酸が成分に含まれていないかチェックしてください。口内炎の薬として使うことや、美容目的でトラネキサム酸を服用する場合もあるので、気をつけましょう。成分名の表記が「トラネキサム酸」となっていないが、成分が重複するものが入っている場合などは、素人判断をせずに薬剤師など専門家の意見を求めた方が無難です。

また、アズレンについてですが、こちらもトラネキサム酸と同じく、特に飲み合わせてはいけないものはありませんが、医薬品である以上、重複した成分の摂取は避けた方がよいでしょう。風邪薬と併用も可能ですが、内服薬に同じ成分が入っていないか、確認してから飲むようにしましょう。アズレンはスプレー剤になっていることが多いですが、清涼感を出すための添加物などに、アレルギー症状が出ることもありますので、そういったことも念頭に置いておきましょう。
  • 薬は効果をしっかりと引き出しながら、できるだけ副作用を抑えることが大切です。使用法・用量、飲み合わせに十分注意し服用してください
  • 専門家の皆様へ。薬の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

喉の痛みに関する薬一覧