医療・健康領域の専門家によるヘルスケアメディア、QAサイト 【Doctors Me(ドクターズミー)】

喘鳴性気管支炎ぜんめいせいきかんしえん

カテゴリ
様々な症状
子どもの病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

喘鳴性気管支炎とは

喘鳴性気管支炎とは、息を吐く時に「ヒューヒュー」・「ゼイゼイ」などという原因不明の喘鳴音がすると、時にこれを総称して「喘鳴性気管支炎」・「喘息様気管支炎」と呼びます。
ですがこれらの名称は現在医学書に正式に存在していない名称になっています。乳幼児の場合はこのような喘鳴音がしてもウイルス感染による事もありその場合は喘息とは限りません。

症状

喘鳴性気管支炎の症状は、「ヒューヒュー」や「ゼロゼロ」・「ゼイゼイ」などの喘鳴音がします。この喘鳴に更に痰が絡んだ咳の症状がみられます。このような急性な気管支炎などは、主に細菌・ウイルスなどから気管支に炎症がおこります。

また、感染による発熱や鼻水もでることがあり、一般的には呼吸困難はないのでそこが気管支喘息との違いになっています。

また、気管支喘息のような陥没呼吸がみられることもあります。乳幼児などで呼吸困難の症状がひどい時は気管支よりも細い細気管支に炎症がおこってしまう急性細気気管支炎の場合もあり、この場合は治療に抵抗して喘鳴音がおき入院治療が必要になります。幼い子供でこのような喘鳴音があり陥没呼吸などの場合には注意が必要になります。

原因

喘鳴性気管支炎の原因は、ウイルスや細菌などに感染してしまい気管支が炎症をおこしてしまって発症してしまいます。

特に小さなお子さんは気管支が細く出来ているため気管支炎などで気管が細くなりその結果、細い所を空気が通るために喘鳴がおこることになります。ですからこのような場合には気管支拡張剤を服用したり貼り薬などの治療もおこなわれます。

いずれも経過を見ていくとRSウイルスやマイコプラズマにより喘鳴が出る感染症で、血液や鼻水による抗原検査などで他の理由が確定した場合にはその病名になります。

更に細かい検査としてCTや内視鏡などで喉頭軟化症・気管支の先天的な奇形などによって違う病気が発見されることがあります。

治療法

喘鳴性気管支炎の予防としては、一度この病気を発病してしまったらすぐに病院に連れていくことも大切です。

「ゼロゼロ」や「ヒューヒュー」などの喘鳴音がしたらすぐに病院に連れていくことでひどくなる事を予防する事もできます。

また、気管支拡張剤や貼り薬を貼ることで悪化を防ぎます。特に貼り薬は皮膚に貼っておくことによって薬が皮膚から血液に入ってく事で気管支を助けます。

その結果、血液内の薬の濃度が安定しますので夜中の咳に有効です。繰り返し発病する場合は抗アレルギー剤などの薬を予防としてしばらくの間飲み続けることで病気が発病しないようにします。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください