胃痛の体験談

暴飲暴食による原因で胃痛が発生した時の対処

医師確認済み

暴飲暴食による原因で胃痛が発生した時の対処

ストレスなどが原因で一時暴飲暴食を行ってしまった時期がありました。最初は特に問題なかったのですがかなりの期間続ける事によって、胃痛が発生してしまいました。そこで胃痛を改善する為に色々と対処を実施していき、徐々に回復していく事ができた経験があります。
原因としてはストレスによる暴飲暴食だという事が分かっていたので、ストレス解消を行うように心がけました。空いている時間を利用して、好きな事を行ったりストレス解消をする事で、少しずつ暴飲暴食を改善していく事ができたのでよかったです。
その他の対処としては、バランスのよい食事を心掛けるようにしました。最初は明らかに胃の負担が大きくなっていたので、ゼリーやおかゆなどを摂取して、回復できるようにしていました。そしてある程度胃痛を改善する事ができたら、野菜を中心に食事を行う事で、かなり回復する事ができました。
今ではほとんど症状は発生しないですし、体調もかなりよくなったので実施してよかったです。

胃痛の痛みが発生した時によく行っている対処

若い時は全然なかったのですがある程度の年齢に達した時、胃が思っている以上にダメージが発生してしまって、胃痛が発生する事が出てきました。最初はあまりの痛みに冷や汗が大量に発生してしまって、動く事ができなかったほどです。
そこで個人的に実施している対処は、極力胃にこれ以上負担を与えないように優しい食事を実施するようにしています。特にゼリーや果物が好物なのでこれらの食事を中心に実施して、少しでも負担を減らせるように行っています。
その他にもお風呂に入る際には、胃を中心に温める事ができるように対処しています。温める事によって、私の場合には胃痛の痛みも少しずつ減らしていく事ができるのでこれもよく行っている方法になります。
若い時と比べても、脂っこい物を食べてしまうと胃痛が発生する事も増えてきています。痛みが残念ながら出てしまった場合には、胃の負担を少しでも減らす事ができるように個人的に様々な対処を行っています。

気になっていた胃痛の症状に対処する

胃痛が少し気になっていました。動けないくらいに強い痛みではなく、日常生活に支障はない程度だったので、放っておけば治ると判断し、何も手を加えていませんでした。しかし、数日経過しても痛みは変わらずといった状況だったので、対処しなければ治らない気がしました。まず、なぜ痛くなっているのか原因を知りたかったので、日々の生活を振り返ってみました。
その中でわかったことは、コーヒーを飲み過ぎていること、仕事のストレスなどが気になりました。私は1日に大体5杯程度のコーヒーを飲んでいました。コーヒーは適度な量であれば体に良い飲み物ですが、飲み過ぎると胃に影響を及ぼす可能性があります。そのため、1日に5杯から2杯に減らしました。
また、仕事のストレスの原因は人間関係だったので、勇気を出して部署異動を願い出た結果、無事異動が認められたのでストレスは無くなりました。すると、症状が改善しなかった胃痛は消えました。長引いていた胃痛の症状でしたが、正しく対処できて安心しています。

病気ではないと診断された後の胃痛の対処について

以前、鈍い胃痛が続いて食欲が落ちたことがありました。
病気かもしれないと心配になり、病院へ行って胃カメラを受けたところ異常はないと言われました。病気ではなかったのだとホッとしたものの、胃痛の方はときどき感じるので、そんなときは市販の胃腸薬を飲んで痛みを抑えるという対処法をとっていました。
ところがある日、常用していた薬で軽い蕁麻疹が出るようになってしまったのです。他の薬に変えることも考えましたが、私は以前別の薬でも軽い薬疹が出たことあるので薬を飲むのが少し怖くなり、しばらく飲まないでおくことにしました。
そして胃の調子が悪くなったときの対処法として、食事の量を少な目にして出来るだけ消化の良い食べ物を取るということと、いつもより少し早めに寝て睡眠時間を多く取るようにすることを実践してみました。するとそのうちに胃の調子が普通になってきたのです。病気ではない場合は、薬を飲まない効果的な対処法もあるのだということを知ることができたのは良かったと思っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
胃痛の他の体験談

様々な症状の体験談

  • 生理不順になった時は?病院で検査して原因を知っておこう

    生理不順・病院

    生理不順になった時は、ためらわず病院に行くと良い結果に繋がるかもしれません。私は十代の頃に生理が始まってから、毎月痛みやだるさが酷くとても嫌な思いをしていました。このため、十代後半で生理不順に陥ってしまった時は「むしろ楽になった」などと安易なことを考えてしまったくらいです。 しかし、母にそのことを漏らすと「恐ろしい婦人病が原因かもしれない。病院に行こう」と言われました。思春期真っ只中だったので抵…続きをみる
  • 油もので吐き気やゲップの症状に悩む

    吐き気・ゲップ

    物を食べた後に吐き気やゲップが起こることが多かったのですが、その症状は食べる物の種類にありました。 私は、若い頃から油っぽいものやお菓子が大好きでよく食べていたのですが、歳を重ねてもその食生活が変わることはありませんでした。気が付くとフライものやポテトチップスに手が伸びてしまい、常にお腹が満タンな状態に満足していたのです。 ただ、このような生活は胃腸にも負担が大きく、度々吐き気やゲップといった症…続きをみる
  • 禁煙パイポでタバコを止めようと頑張っています

    禁煙・パイポ

    私は結構なヘビースモーカーで、長年タバコを吸い続けてきました。しかし年を重ねるにつれて、体の事にも気を使った方が良いと考えるようになり、禁煙を決意しました。 最初は自分の意志で止めようと努力しましたが、これまでの習慣でなかなか止める事ができませんでした。そこでグッズに頼って禁煙してみる事にしました。最近使っているのが、禁煙パイポと言われる物です。 タバコを止められない原因の一つに、口の寂しさがあ…続きをみる
  • 腱鞘炎は英語でTendovaginitis

    腱鞘炎・英語

    私は英語を使ってよく海外SNSで遊んでいるのですが、ある時、腱鞘炎になってしまい「I have Tendovaginitis.」と伝えました。腱鞘炎は英語でTendobaginitisと書き、病気になったという場合の動詞はhaveを用います。SNSの友人から「I hope you get well.」(お大事に)というレスポンスが返ってきて、うれしかったですね。 私は仕事上パソコンを長時間操作し…続きをみる
  • 便秘になったら看護計画をしっかりたてる

    便秘・看護計画

    高齢者の父親がこのところ病気がちになり、入院を繰り返していたのですが、運動不足と栄養不足からか、便秘になることが多くなりました。 高齢者はただでさえ便通が悪いことで知られているのに、このままの状態にしてしまうと、体調を悪化させてしまうのではないかと不安でした。 しかし看護師に便通が悪いことを伝えると、治療の中に下剤と整腸剤の投与を盛り込む看護計画をたててくれることとなり、その日から毎日便秘に対す…続きをみる