胃痛の体験談

友人から聞いた胃痛の治し方

医師確認済み

胃痛の治し方

すぐに胃が痛くなってしまう私は、常日頃から胃薬を飲むようにしています。体に合うものと合わないものがあるので、長年かけていろいろな胃薬を飲んできました。そうやって飲み比べることによって、1部のメーカーのものが自分の体にかなりあっていることが判明したのです。なので、治し方をお医者さんに聞きながらも、自分で薬を定期的に飲み続けるようにしました。
お医者さんが言うにはお酒を控えて、暴飲暴食も控えて腹8分で済ませると言うのが良いと言うことです。ただし、私は食べることも飲むことも大好きなので、それはちょっと難しいと感じました。なので、できる限り食べる回数を減らし、さらに食生活の改善を図るためにカロリーコントロールを図るようにしました。そうすることで、胃痛の悩みから解放されるようになってきたのです。薬だけに頼っていると根本的な解決には至らないので、薬を使うのと同時に、極力、普段口にするものにも気をつけるようにしています。

友人から聞いた胃痛の治し方

私は胃痛もちで幼い頃から悩まされていました。お酒は好きな方で特にビールを飲みます。ですが朝起きると胃の痛みがでることが多く今は禁酒しています。禁酒をしてから胃痛に悩むといったことは少なくなったように思えます。飲む前にチーズを食べるなどと胃を保護することもしていたのですが、飲まないにこした事はないと今は思っています。薬を飲んで安静にすることも一つの方法ですが薬だけが治す方法ではありません。私は呼吸法を使って治します。ゆっくり息を吸って吐く、ただそれだけですが効果はばっちりです、友達から教えてもらった方法なのですが薬を飲まなくても簡単に治ってしまうので驚きです。
治し方は色々あると思いますが例えば刺激物を食べないとか、ですがこの方法が一番自分に合ってると思いますし薬を使わないですむので節約にもなります、あまり知られていない方法だと思いますが治らなかったことがありません。是非今度試してみてください!

胃痛の良い治し方

大学を卒業して少し経ったころから胃痛が起こるようになりました。常に胃が重い感じで食後などは胃もたれが酷く、最初は気のせいか、少し油ものを食べ過ぎただけだろうと思っていたのですが、年が重ねるにつれて徐々に痛みが酷くなり、友人に勧められて病院に行った結果、胃粘膜が炎症を起こしていると診断されました。
数年間放置していたことで症状は悪化しており、慢性的に炎症を起こしている状態で、病院に貰った薬を飲んでもなかなか症状は治まりませんでした。何か良い治し方はないものかとインターネットなどで調べた結果、ストレスが胃の痛みの原因になることが多いと知りました。そういえば胃痛は就職してから始まったような気がします。職場は夜勤もあり非常に激務で、慣れない仕事に振り回されていたことが私にとって大きなストレスになっていたのは間違いがないようでした。そうと判ってからは休みの日には遊びに出たりと積極的にストレス発散をするようになりました。薬をきちんと飲んでいたこともあるでしょうが、今ではだいぶ症状が治まってきています。

即効性のある胃痛の治し方

私は昔、会社員として初めての管理職の仕事で四苦八苦している頃に胃痛に悩んだことがあります。長期的なストレスによって私の胃は弱ってしまったのだと思いますが、医者に通うことなくだましだまし過ごしていました。仕事中は胃が痛くなってもうずくまっているわけにもいかないので、適当な治し方でごまかしておくしかありませんでした。
即効性があるものとしては、水のがぶのみです。原理的には、胃酸の濃度を下げることができるため痛みが和らぐのだと思いますが、飲んだ水はほどなく胃から消えていきます。そうするとまた元の痛みが戻ってくるので一瞬の対処法でしかありません。あとは市販の胃痛薬で対応していました。しかし一向に良くなる気配がないため、観念してお医者さんに行ったのですが、想像通り、もっと早く来た方が良かったと言われてしまいました。その後は、適切な治療と薬の処方で安心できたのか、しばらくして治ったのでさすがだと感じました。なんだかんだ言っても、胃の痛みの治し方は医者に行くのが一番かもしれません。

胃痛の治し方とは

私はもともと胃が弱く、普段から胃痛に悩まされていました。特に職場でプレゼンテーションをする時や極度の緊張をする場面では激しい痛みに襲われます。このままでは仕事に支障をきたすと思い、胃痛の治し方を調べ、実行しました。一つは食事療法で消化を良くするために一口食べたら必ず30回噛むことを心がけ野菜中心のおかずにし、朝はおかゆを食べるようにしました。職場での休憩時間は少し軽食をとり、1回の食事で摂る量を減らすことで胃への負担を減らしました。また、腹巻をしお腹を温めることで胃の機能が正常に動くように配慮しました。ストレスを溜めこまないことも大切で、十分な睡眠をとり、アロマやお風呂でゆっくりとすることで常にリラックスした気持ちでいられるように努力しました。
この治し方が効果があり、以前ほど痛みに悩まされることもなくなりました。また、食生活を改善しストレスフリーの生活を送ることでダイエットにも成功しました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
胃痛の他の体験談

様々な症状の体験談

  • 便秘による腹痛は3つの特徴がある?痛みの対処法と食事のコツ

    便秘・腹痛

    皆さんは、便秘で腹痛を経験したことはありませんか? 痛みを緩和したくても便秘が原因だと気付かず長引いたり、または併発している病気などが疑われることもあり、見極めが大事になってきます。 今回は、便秘に伴う痛みの原因や特徴、対処法や予防法までを医師に解説していただきました。 便秘に伴って腹痛が起きる原因 腸には便を肛門の方向に動かす機能があり、硬い便で詰まりが生じている場合や、自律神経の乱れに…続きをみる
  • 咳による胸の痛み 〜 医師が解説 〜

    咳・お腹の痛み

    ひどい風邪を引くと、咳が出てきてとまらないことがあります。咳をする癖ができてしまうようで、気管支が狭くなったりして空気の出入りが悪くなって、悪循環になるのでしょうか。 咳が続くと、下手したら寝ている間もゴホゴホと出ます。軽いものならいいのですが、ひどいばあいだとその都度からだが起き上がるくらいの勢いで出ます。空気が激しく出入りするため、のども痛くなり、声も出なくなるし、肋骨というか胸のあたりが…続きをみる
  • 胃痛と便秘に悩まされる 〜医師が解説〜

    胃痛・便秘

    便が出にくくなるとお腹が痛くなることがありますが、数日の便秘は腸のみならず胃痛を引き起こすことがありました。 毎日きちんと排便されていれば日常生活は普通に送れますが、便が正常に出なくなったり固い状態になってくると頭痛になったり、倦怠感が生じるようになってきたことがあります。毎日規則正しく排便するには、繊維質の物を多く取ったり、水を多めに飲むことで便が出やすくなります。 薬を飲む場合は腹痛を起…続きをみる
  • 咳のしすぎで腹筋が痛い 〜 医師が解説 〜

    腹痛

    咳をするとおもいっきり腹に痛みが走ることがあります。まず反射的にコショウなど体内への異物を防ぐためにするものと、免疫的な機能で細菌や花粉などの異物を防ぐためにするものがあることを覚えておきましょう。 いずれも内臓への侵入を防ぐために腹筋を動かし空気を押し出すので、そのたびに腹筋がよく使われます。あまりにも連続で咳をすると腹筋が酷使され、筋肉痛が出てくるのはそのためです。筋肉痛は主に血行が悪化し…続きをみる
  • 咳のしすぎで腹筋が痛い 〜 医師が解説 〜

    咳・腹筋

    咳をするとおもいっきり腹に痛みが走ることがあります。まず反射的にコショウなど体内への異物を防ぐためにするものと、免疫的な機能で細菌や花粉などの異物を防ぐためにするものがあることを覚えておきましょう。 いずれも内臓への侵入を防ぐために腹筋を動かし空気を押し出すので、そのたびに腹筋がよく使われます。あまりにも連続で咳をすると腹筋が酷使され、筋肉痛が出てくるのはそのためです。筋肉痛は主に血行が悪化し…続きをみる