胃痛の体験談

なぜ胃痛が起きるのかわかりませんでした

医師確認済み

なぜ胃痛になるのか

私は仕事を始めてしばらくたった頃から毎日のように胃痛がおこるようになりました。なぜだろうと思い胃腸科にかかったところ、胃カメラをすることになりました。胃カメラ当日、緊張と不安でたまりませんでしたが検査も無事終わり、先生からの診断結果はストレスによる胃炎でした。仕事の内容から自分でもそんな気はしていたのですが、原因もはっきりとし、なんとなくホッとして胃薬をもらって帰りました。それから数年は毎日胃薬のお世話になりながら仕事を続けましたが、妊娠を期に仕事を退職することになったのですが、驚いたことに退職した翌日から嘘のように胃痛がなくなったのです。あらためてストレスによるものだったんだと思いました。
生きていればなかなかストレスのない生活をするのは難しいと思います。育児も落ち着き、また仕事をする時がくると思いますが、自分なりにストレスの発散方法を見つけて上手にストレスと付き合っていくすべを身につけたいと思います。

胃痛はなぜ起きる

10年前、当日はまだ独身で働いていた時の話です。営業職でしたので、毎日営業成績のことばかり気にして、仕事をしていました。月末になると全国の支店の営業成績が個人で発表されるので、毎日が必死でした。いつの頃からか月末が近づいてきると、胃の痛みに悩まされるようになりましたが、当時はまだ20代なりたての若造でしたので、ストレスが胃に来るとは知りませんでしたので、なぜだろう何か悪い物でも食べたかもしれない、という気持ちでした。半年程、月末の胃痛が続き、ふっと気付いた事がありました。それは、月末の締めが過ぎて月初になると、あんなに苦しかった胃痛が嘘のようになくなっていた事でした。それを当時の上司に世間話ついでに話をすると、ストレスからではないかっと言われ、初めて、そうかっと気付きました。
それからは仕事を辞めて結婚をするまでの間、ストレス胃の胃薬を片手に、営業として走り回っていました。ちなみに仕事を辞めて10年、一度も胃薬を飲んだ事はありません。

なぜ胃痛が起きるのかわかりませんでした

原因がわからない胃痛に悩まされるようになりました。変なものを食べた記憶はないですし、普段胃が痛くなることはないのでなぜなのか全く原因がわかりません。そのうち治るだろうととりえず市販の胃薬を飲んで様子を見ていたところよくなるどころか症状が悪化し、食事も食べられなくなってしまいました。これではまずいと病院に駆け込んだのです。
すると風邪のウイルスが胃に入ってしまったとの診断でした。風邪というと咳、鼻水、発熱などが主な症状という認識でしたが、胃通も引き起こすとはびっくりでした。これでは胃薬が効かないはずです。そして医者で出してもらった薬を飲んでしばらく安静にしていると、あれだけ痛かった胃が嘘のようによくなったのです。よく考えてみると風邪で下痢になる人もいるのですから、胃が痛くなるのもそれほど珍しいことはないでしょう。風邪のウイルスはどこで悪さをするのかわからないから、抵抗力を付けないといけないと実感させられました。

なぜ胃痛になったのか

先日、胃が差し込むような感覚が急に襲ってきて横を向いても、うつぶせになっても痛みが取れない日がありました。その日は眠れずにずっと胃の部分を押さえながら病院に向かいました。診断の結果ストレスによる胃痙攣を起こしていて、急性胃腸炎という診断結果が出ました。酷くなってしまうと胃潰瘍になってしまうので、早く病院へ行って良かったです。なぜ胃痛になったのかは、どちらかというとストレスを抱え込む性格でしたので思い当たる節はいくつかありましたが、まさか自分がこのような病気になるとは思いませんでした。
胃腸薬を処方してもらい、柔らかいお粥を食べて薬を服用することで、3日もするとあの差し込む痛みの症状が殆どなくなり、食欲も出て軽くなっていました。日頃から無理をしていたところがありましたので、今では同じ症状が再発することはありません。なるべく運動や自分の好きな趣味に没頭したり、十分な睡眠をとることで、ストレスを発散させて胃腸炎を防ぐことができます。

なぜ胃痛は起きるのか

なぜ胃痛は起こるのかを自分なりに考えてみたのですが、やはり重たい食べ物を食べ過ぎると起こる傾向があり、てんぷらなどの揚げ物を沢山食べた後に徐々に胃が重たくなる事が原因となっている事に気が付きます。
そこでやはり重たい食べ物を食べる前には胃薬を食前に飲んで置く事で胃がスッキリとした状態を保つ事が出来る様で、普段からあまりお酒も強くない私も、飲みすぎたりする事がとても危険な状況であり、胃薬をやはり食膳に飲む事や、牛乳を飲んで胃の粘膜に膜を貼る事など、あまり飲み過ぎない様に注意をする事も大切な事となります。
基本的に胃の丈夫な方でない私にとっては、胃痛が起こる原因はなぜかと言うと、こうした胃に負担のかかる食事が特に巻き起こしている事が考えられる状況であり、そう言った予備知識がある程度あれば、そこで胃に負担のかからない状況の食べ物を食べる事やどうしても食べたいのであれば、食前に薬を服用する事が良い様です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
胃痛の他の体験談

様々な症状の体験談

  • 便秘による腹痛は3つの特徴がある?痛みの対処法と食事のコツ

    便秘・腹痛

    皆さんは、便秘で腹痛を経験したことはありませんか? 痛みを緩和したくても便秘が原因だと気付かず長引いたり、または併発している病気などが疑われることもあり、見極めが大事になってきます。 今回は、便秘に伴う痛みの原因や特徴、対処法や予防法までを医師に解説していただきました。 便秘に伴って腹痛が起きる原因 腸には便を肛門の方向に動かす機能があり、硬い便で詰まりが生じている場合や、自律神経の乱れに…続きをみる
  • 咳による胸の痛み 〜 医師が解説 〜

    咳・お腹の痛み

    ひどい風邪を引くと、咳が出てきてとまらないことがあります。咳をする癖ができてしまうようで、気管支が狭くなったりして空気の出入りが悪くなって、悪循環になるのでしょうか。 咳が続くと、下手したら寝ている間もゴホゴホと出ます。軽いものならいいのですが、ひどいばあいだとその都度からだが起き上がるくらいの勢いで出ます。空気が激しく出入りするため、のども痛くなり、声も出なくなるし、肋骨というか胸のあたりが…続きをみる
  • 胃痛と便秘に悩まされる 〜医師が解説〜

    胃痛・便秘

    便が出にくくなるとお腹が痛くなることがありますが、数日の便秘は腸のみならず胃痛を引き起こすことがありました。 毎日きちんと排便されていれば日常生活は普通に送れますが、便が正常に出なくなったり固い状態になってくると頭痛になったり、倦怠感が生じるようになってきたことがあります。毎日規則正しく排便するには、繊維質の物を多く取ったり、水を多めに飲むことで便が出やすくなります。 薬を飲む場合は腹痛を起…続きをみる
  • 咳のしすぎで腹筋が痛い 〜 医師が解説 〜

    腹痛

    咳をするとおもいっきり腹に痛みが走ることがあります。まず反射的にコショウなど体内への異物を防ぐためにするものと、免疫的な機能で細菌や花粉などの異物を防ぐためにするものがあることを覚えておきましょう。 いずれも内臓への侵入を防ぐために腹筋を動かし空気を押し出すので、そのたびに腹筋がよく使われます。あまりにも連続で咳をすると腹筋が酷使され、筋肉痛が出てくるのはそのためです。筋肉痛は主に血行が悪化し…続きをみる
  • 咳のしすぎで腹筋が痛い 〜 医師が解説 〜

    咳・腹筋

    咳をするとおもいっきり腹に痛みが走ることがあります。まず反射的にコショウなど体内への異物を防ぐためにするものと、免疫的な機能で細菌や花粉などの異物を防ぐためにするものがあることを覚えておきましょう。 いずれも内臓への侵入を防ぐために腹筋を動かし空気を押し出すので、そのたびに腹筋がよく使われます。あまりにも連続で咳をすると腹筋が酷使され、筋肉痛が出てくるのはそのためです。筋肉痛は主に血行が悪化し…続きをみる