胃痛の体験談

胃痛のときによい飲み物はこれだ!

医師確認済み

ホットミルクを飲むと胃痛も落ち着く気がします。

ストレスや疲労や寝不足が続いているときに辛いものを食べたり、早食いをしたり、食べ過ぎたりすると、胃痛を起こすことが昔からありました。キリキリとした痛みはしばらく続き、夜に痛むと寝苦しく辛いものです。

そんなときに私は、ホットミルクやミルクを多めのココアや紅茶を飲むようにしています。牛乳が胃に優しいと母親に聞いて飲むようになりました。でも冷たいままでは胃に負担がかかると思い、温めています。紅茶やココアも、牛乳を多めにして飲むと味もまろやかになるし、気持ちも落ち着いてきて、体も温まってなんだかほっとします。飲むときはできるだけゆっくりと時間をかけて、少しずつ胃に入れるように心がけています。

胃が痛いときは食べ物を口にする気にもならないことが多いものです。
けれども温めた牛乳は、すんなりと体の中に入っていき、胃への吸収も良い気がします。そのほかにも胃痛のときの飲み物として、ホットカルピスを作ることもあります。ホットミルクと同じように、温かいカルピスも心身共に私をほっとさせてくれるので、胃の痛みが緩和されます。

夏の胃痛は冷たい飲み物が原因?

夏になると特に水分を多く必要以上に飲んでしまうということも多くありました。
それが理由で、よく胃痛を起こすことがあります。痛くて動けないので極力飲み物を必要以上に飲まないようにしていますが、夏になると冷たい飲み物が美味しかったので、たくさん飲んでいました。そこで市販の薬を定期的に服用をする対策をしていました。

薬を飲むことで、症状の改善をすることができました。仕事もプライベートも胃痛を気にせずに過ごすことができるようになりました。
夏以外では胃痛に襲われることはあまりないので、毎年飲み物を飲みすぎないように気をつけています。自分の意識が上がったことによって多少の効果が出てきたのではないかと思っています。これからも、症状としっかりと向き合って対策をしていき、仕事にもプライベートにも取り組んでいきます。

胃痛にならないように常温の飲み物を飲むように

私は20歳過ぎまで胃痛なんて一度もなったことはありませんでしたが、ストレスにより胃が荒れ胃潰瘍になってしまいました。

ピロリ菌も発見されましたが、年齢が若いということで特に検査や治療はしませんでした。
胃潰瘍の治療では薬を服用し症状を抑えることになりました。そのときに食べる時にはよく噛みゆっくり食べるようにと指示されました。薬を服用している間は症状が落ち着くものの、薬が切れると胃痛がひどくなり食べ物も飲み物も飲み込むことが難しくなってきました。

胃潰瘍は一時的なもので治りましたが、次は胃酸過多により吐き気や食欲不振、げっぷ・しゃっくりなど胃の痙攣を感じるようになってきました。
気持ち悪い状態が続き、夜寝れないことも何度もあって、寝ていても常に吐き気があるような感覚に襲われます。夜中、4時頃まで吐き気で寝て起きてを繰り返して、最終的に吐いてしまうと楽になることもありました。

最近では、飲み物にも気を配るようにしています。常温のものであれば胃に負担がかからないことがわかってきました。現在、薬は服用していませんが食事は腹八分でやめるように努力しています。

乳製品の飲み物で胃痛を和らげる

胃痛になると、何も口に入れたくなくなります。食欲なんてまったくないですし、ただただお腹を押さえて布団の中で寝ていたい…と感じてしまいます。だけど、そうすると空腹で、さらにキリキリ痛み出したりするので厄介です。そのまま飲まず食わずで数時間経過すると脱水症状になってしまうのも怖いので、何か飲まねばと思うのです。

そんなときに、私がよく飲むのは乳製品系の飲み物です。
牛乳は胃の粘膜を守ってくれるほか、胃酸を抑えてくれる働きもあると聞いたことがあります。だから、牛乳やヨーグルト系のドリンクをゆっくりと飲むようにしています。そういうものが身近にない場合は、おさゆを飲むようにしています。

いずれにしても、冷たい飲み物ではなく温かい飲み物のほうが、胃痛のときには私は飲みやすいと感じます。アツアツなのはもちろん無理ですが、ひと肌程度に温めて飲むと、ゆっくりと浸透していくような感じがして、胃の痛みが和らぐような気がします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
胃痛の他の体験談

様々な症状の体験談

  • 便秘による腹痛は3つの特徴がある?痛みの対処法と食事のコツ

    便秘・腹痛

    皆さんは、便秘で腹痛を経験したことはありませんか? 痛みを緩和したくても便秘が原因だと気付かず長引いたり、または併発している病気などが疑われることもあり、見極めが大事になってきます。 今回は、便秘に伴う痛みの原因や特徴、対処法や予防法までを医師に解説していただきました。 便秘に伴って腹痛が起きる原因 腸には便を肛門の方向に動かす機能があり、硬い便で詰まりが生じている場合や、自律神経の乱れに…続きをみる
  • 咳による胸の痛み 〜 医師が解説 〜

    咳・お腹の痛み

    ひどい風邪を引くと、咳が出てきてとまらないことがあります。咳をする癖ができてしまうようで、気管支が狭くなったりして空気の出入りが悪くなって、悪循環になるのでしょうか。 咳が続くと、下手したら寝ている間もゴホゴホと出ます。軽いものならいいのですが、ひどいばあいだとその都度からだが起き上がるくらいの勢いで出ます。空気が激しく出入りするため、のども痛くなり、声も出なくなるし、肋骨というか胸のあたりが…続きをみる
  • 胃痛と便秘に悩まされる 〜医師が解説〜

    胃痛・便秘

    便が出にくくなるとお腹が痛くなることがありますが、数日の便秘は腸のみならず胃痛を引き起こすことがありました。 毎日きちんと排便されていれば日常生活は普通に送れますが、便が正常に出なくなったり固い状態になってくると頭痛になったり、倦怠感が生じるようになってきたことがあります。毎日規則正しく排便するには、繊維質の物を多く取ったり、水を多めに飲むことで便が出やすくなります。 薬を飲む場合は腹痛を起…続きをみる
  • 咳のしすぎで腹筋が痛い 〜 医師が解説 〜

    腹痛

    咳をするとおもいっきり腹に痛みが走ることがあります。まず反射的にコショウなど体内への異物を防ぐためにするものと、免疫的な機能で細菌や花粉などの異物を防ぐためにするものがあることを覚えておきましょう。 いずれも内臓への侵入を防ぐために腹筋を動かし空気を押し出すので、そのたびに腹筋がよく使われます。あまりにも連続で咳をすると腹筋が酷使され、筋肉痛が出てくるのはそのためです。筋肉痛は主に血行が悪化し…続きをみる
  • 咳のしすぎで腹筋が痛い 〜 医師が解説 〜

    咳・腹筋

    咳をするとおもいっきり腹に痛みが走ることがあります。まず反射的にコショウなど体内への異物を防ぐためにするものと、免疫的な機能で細菌や花粉などの異物を防ぐためにするものがあることを覚えておきましょう。 いずれも内臓への侵入を防ぐために腹筋を動かし空気を押し出すので、そのたびに腹筋がよく使われます。あまりにも連続で咳をすると腹筋が酷使され、筋肉痛が出てくるのはそのためです。筋肉痛は主に血行が悪化し…続きをみる