胃痛の基礎情報

医師監修

胃痛の症状


痛む部位によって病気がわかる?


胃痛は、粘膜が炎症したり胃の筋肉の部分がけいれんを起こす事によって起こります。それらが起こっている場所を見つける事が、とても大切です。胃痛を患っている場所を見つける事で、どのような疾患を患っているのかを発見できるからです。


























痛みの部位 主な特徴
右の肋骨の下の方 十二指腸潰瘍や胆のうの病気の可能性があります。
みぞおち 胃の病気の可能性があります。
左側の脇腹の上の方やおへその少し左上のあたり 膵臓の病気が疑われます。
下腹部 大腸の病気の可能性があります。

これらのように症状によって、異なった病気が潜んでいる事があります。
私たちが口から食べたものは、胃で消化されてから胃の中にある胃液によって分解されて、十二指腸に送られていきます。しかし、ストレスを感じてしまうと、その食べ物を分解する胃液の機能が弱くなり、胃液の量を調節する事ができなくなります。そのため胃液が大量に出てしまって、胃に穴があいてしまいます。また食べ物をたくさん食べた時は、胃の消化する機能が追い付いていけなくなり、胃もたれの症状が出てしまう結果となります。

胃痛の原因

胃痛の症状は、日本人に多いと言われています。

胃痛の原因



  1. 食生活の変化



    食の欧米化による日本人の食生活の変化が背景にあります。日本人は元来、米や野菜など消化の良い食材を食べてきました。それに対し、欧米人は肉などのタンパク質や脂肪を多く含み、塩分などで味付けが濃い料理をよく食べます。このような食生活の違いからもわかるように、日本人と欧米人の体質は大きく異なります。そのため、日本人が欧米人と同じようにタンパク質や脂肪を多く摂取すると、体質上、胃腸に負担がかかってしまい、胃痛が発生してしまいます。このような偏った食材の過剰摂取は、胃痛のみならず大腸の病気になる可能性もあるので、注意が必要です。

  2. ストレス



    心的負担(ストレス)や、食事・睡眠・運動などの生活習慣の乱れなどによって発生します。例えば、食べ過ぎ・飲み過ぎ、睡眠時間の減少などがあげられます。このようなタイプの胃痛が引き起こされる病気には、ストレスが原因となる機能性胃腸炎や過敏性腸症候群などがあります。これらの病気による胃痛は、一時的に発生するものもあるため、内視鏡検査などでも発見できないことがあります。そのため、胃痛が発生したら、まずは現在の生活習慣を見直すことが大切です。また、注意すべき点は、胃痛が症状として現れる病気には、胃が原因でないものもあるということです。胃の炎症による胃痛は、空腹時に胃液が胃の炎症部分を刺激することで発生します。そのため、食事を摂ることでこれらの刺激が緩和されます。しかし、食事を摂っても胃痛の症状に変化が見られない場合には、肝臓、すい臓、肺、心臓などに異常がある可能性が考えられます。これはといった病気が、潜んでいるのです。

    ●ストレスによる胃痛の詳細
    ・ストレスから胃痛が起こるメカニズム
    強いストレスが長期間かかると、交感神経が活性化し、身体をメンテナンスする副交感神経の働きが弱くなります。そのために、たとえば消化器の機能低下が起こり、胃痛や食欲不振、吐き気などが生じます。また、血管が収縮し、血流が悪くなることで頭痛が引き起こされます。
    ・眠気を伴う場合
    さらに自律神経の乱れは不眠をもたらし、日中にぼんやりとした眠気が続くといった状態が起こります。夜中に十分な睡眠をとっていても、眠気が生じることがありますが、ストレスが影響している場合があります。ストレスによってホルモン分泌のバランスが崩れ、脳の神経回路が刺激されることで、急激な眠気が生じるのです。

    ・ストレスによる疾患
    ストレスにより胃痛が引き起こされる場合、ストレスが原因の様々な病気にかかっている可能性があります。
    急性胃炎:これはストレスにより胃の粘膜に急性的な炎症が起きる疾患です。急性胃炎には腹痛や吐き気、下痢を伴う場合があります。
    慢性胃炎:これは胃の粘膜に慢性的な炎症が起きる疾患です。症状には胃もたれや胃痛などがありますが、慢性的な疾患であるため、自覚されないこともあります。
    神経性胃炎:ストレスなどにより、自律神経の働きに狂いが生じることで発症します。症状としては、胸焼け、食欲不振、胃痛など、胃が全体的に不調になります。
    急性胃潰瘍、十二指腸潰瘍:症状としては、食事の後に、お腹の上の部分に大きな痛みを感じることです。

    ・ストレスで起こる胃痛の経過
    ストレスによって起こる胃痛は、2~3日安静にしていれば治まる事がほとんどです。ピロリ菌と呼ばれる細菌に感染していることが関係しており、胃痛だけではなく、胸やけや胃もたれ、吐き気なども起こってしまい、自覚症状がなくて起こる場合もあります。

    これらの事から、胃痛の原因には食べ過ぎや飲みすぎや生活習慣の乱れやストレスが考えられます。生活習慣を見直す事によって、様々な疾患を予防する事が可能であるという事です。
    私たちは健康で生活をしていく事において、食事を欠かす事はできません。食前酒という言葉を良く聞く事があります。これは、食事をする前に少しの量のアルコールを飲む事で、胃酸の分泌をよくして食欲を高める働きをしてくれるといった意味があるのです。しかし多くの量のアルコールは胃にとって強い刺激になるので、胃の粘膜が荒れてしまう原因になります。特に空腹時のアルコールの摂取は、胃の粘膜に非常に大きな負担を与えてしまう事になりますので注意が必要です。

    ●胃痛、下痢、嘔吐、発熱などがある場合

    胃痛、下痢、嘔吐といった急性の胃腸炎症状に加えて、発熱や脱水症状、倦怠感などの全身症状がある場合は感染性胃腸炎と考えられます。軟便や水のような下痢を起こし、血便になる場合もあります。原因はウイルスか細菌で、発熱を伴うのは感染症であるためです。ロタウイルスやアデノウイルスによる胃腸炎の場合は、乳幼児によく見られます。細菌性の場合はサルモネラ、腸炎ビブリオ、カンピロバクター、病原性大腸菌などによります。気温と湿度が上がる夏場に生じる食中毒は、主にこれらの細菌が食品中に混入したことが原因です。腸管内に侵入して増殖した細菌が、胃腸炎症状を引き起こします。個人差もありますが、一般的にウイルス性のものより細菌性の方が、重篤な症状を示します。

    ●食後に胃痛がする場合

    食後に胃が痛くなる場合、その原因は胃潰瘍が考えられます。とくに食後にお腹の上のあたりに大きな痛みを感じた場合は、胃潰瘍である可能性が高いです。胃潰瘍とは、ピロリ菌やストレスなどにより引き起こされる疾患であり、胃の粘膜や胃壁が損傷されます。重症の場合は、潰瘍が胃壁を貫くこともあります。胃壁を貫く状態になると吐血などの出血が引き起こされることもあります。胃潰瘍で食後に胃が痛くなるのは、食べたものが胃の中に入り、潰瘍部分を刺激するためです。胃潰瘍を診断された場合は喫煙や過度の飲酒をやめるなど、生活習慣の改善をしましょう。さらに、胃酸をしっかり分泌できるように栄養バランスのとれた、消化に良い食事をとりましょう。

    ●ゲップが出ない場合

    「なかなかゲップになって出てくれない」という症状が普段からあるという方は「呑気症(どんきしょう)」という症状を疑ってもよいかもしれません。呑気症とは、大量の空気を気付かないうちに飲み込んでしまうことで起こる症状のことで、胃や食道、腸に空気が溜まることで胃痛や胸焼け、腹部膨満感を引き起こします。呑気症の大きな原因としてストレスが挙げられていているので、積極的にストレス解消を心がけることが大切です。また、呑気症の意外な原因としては「歯を噛みしめる」癖も指摘されています。歯を噛みしめる癖はスポーツや重い物を持ちあげる時などに限らず、パソコンやスマホの画面をうつむいて見続けることでも、知らず知らずのうちにしていることがあります。パソコンやスマホをよく使用するという方は自分が歯を噛みしめているかどうかを一度チェックしてみてください。

    ●吐き気を伴う場合

    胃痛に吐き気を伴い、嘔吐をすることがあります。疾患としては、急性胃炎逆流性食道炎胃潰瘍虫垂炎などがあります。
    普通我々が食べた物は食道から胃へ、そして十二指腸へと入っていきます。しかし、これが逆流することで嘔吐をしてしまうのです。この逆流の原因は二つあります。一つ目は、過度な飲食により、胃に負担がかかった結果胃の粘膜に炎症が起き、消化不良となること。二つ目は、ストレスにより自律神経が弱り、胃を管理する副交感神経の働きが弱くなることです。
    胃痛に吐き気を伴う吐き気と胃痛を感じた際は、軽症の場合は横になるなど安静にして、消化に良いものを食べることが大事です。重症の場合はすぐに病院へ行きましょう。

胃痛の予防/治療法

まずは正しい食生活を心がけましょう。
体に良い食べ物を摂取する事をしていく事が大切です。毎日の生活を健康に送るために、ストレスをためないように発散できる場所を見つける事も一つの予防法です。

胃痛になったら



胃痛になった時は、できるだけ空腹な状態にならない事が必要です。食事の回数を増やしましょう。痛みがひどくて食べれない時は、痛みが治まるまで何も食べないようにして、その後も胃に優しい食事を心がけてください。
胃酸の分泌を抑える作用のある酸分泌抑制剤を服用する方法がありますが、まずは生活習慣の見直しを行いましょう。

●胃痛・原因特定の検査
内視鏡
胃痛は色々な病気のサインである場合があります。まず内科で胃内視鏡検査(胃カメラ)などを受けて、原因を特定しましょう。胃内視鏡検査では、咽頭、食道、胃、十二指腸を診察します。胃潰瘍、胃ポリープ、十二指腸ポリープ、逆流性食道炎、ピロリ菌(https://doctors-me.com/doctor/stomach/1)などの良性疾患や、胃がん、食道がん、十二指腸がんなどの悪性腫瘍などについて診断されます。ピロリ菌は自然治癒しないため、完全に除去するには抗生物質を服用します。胃潰瘍、十二指腸は、再発しやすいので継続して治療が必要です。胃がん、食道がん、十二指腸がんは、初期の場合は自覚症状がないことが多いので、胃の弱い方、普段から胃の痛みを感じる事が多い方は、定期的に内科で胃カメラの検査を受けると隠れている病気を早期発見できるかもしれません。

●病院に行くタイミングは?
食生活の乱れによっても引き起こされる胃痛ですが、どのような症状になったら受診すればよいのでしょうか。胃痛に加えて、吐き気や胸やけなどの症状が併発している場合は、その時点で、病院で診察を受けた方がいいでしょう。胃に炎症が起きている場合も、胃の痛みを強く感じたり、症状が長引くため医療機関の受診が必要となります。慢性胃炎などの場合、胃がんとの関係性も否定できないため、病院で適切な検査を受けましょう。胃を保護する内服薬を処方してもらえる場合もありますので、「いつから」「どのように痛むのか」など症状を詳しく医師へ伝えることが大切です。

ストレスが原因となる胃痛



●なぜ胃痛が起こるのか
胃の粘膜が炎症を起こしていたり、胃の筋肉が痙攣をしてしまっている事によって起こります。その原因は胃液が正常な量以上に多く出てしまっていたり、胃の粘膜が薄くなってしまっている事にあります。胃痛が起こってしまうタイミングはお腹がすいている時や食事直後などに痛く感じることがあります。さらに、緊張することでストレスを感じてしまうことでも胃痛を引き起こすことがありますし、暴飲暴食をしてしまうことでも胃痛になることがあります。これだけではなく、しっかり睡眠がとれていない時にも、また疲れを感じている時にも胃痛は起こりますし、生まれつき胃が丈夫でなく消化する力があまり強くない人も同様に胃痛が起こりやすいとも言えます。
突然起こる事が多い胃痛。また、ストレスを受ける事によっても、交感神経が働いて胃の粘膜の血管が収縮します。そのため血流が悪くなります。この状態のままにしておくと、副交感神経も働きバランスを取ろうとします。この事によって胃酸がたくさん分泌されて、胃の粘膜に傷がついてしまいます。このため胃痛は、ストレスに大きく影響していると言われます。

●ストレス胃痛の治療法
ストレスが原因でなった場合は、そのストレスをなくす事が最も大切になってきます。自分自身で対処する事が難しく感じた場合は、心療内科を受診する方法もあります。

胃痛を予防するには?



胃痛にならないためには、胃に負担をかけないようにすることが大切です。また、ストレスが原因で胃酸の出すぎを招くこともあります。日常生活の中でストレスが溜まり過ぎないよう、自分だけのリラックスタイムなどを持つようにし、ストレスを溜めないようにしましょう。もちろん、暴飲暴食も胃痛の原因となります。食事は良く噛んで、腹八分目を心がけてください。もし胃痛になってしまったら、胃壁を保護することが大切になります。胃壁を保護するのに効果的な飲み物は、「牛乳」です。「牛乳」は胃壁を保護してくれるだけでなく、バランス良く栄養を摂取することもできるため一石二鳥です。また、胃壁の回復には、たんぱく質が必要になります。たんぱく質の中でも、消化に良い植物性たんぱく質の「大豆製品」はお勧めです。逆に、脂肪分が多い肉類やカフェイン、アルコールなどの刺激が強い飲み物は避けた方が良いでしょう。

● 暴飲暴食や胃が負担になるような食生活は見直しましょう。
暴飲暴食の後に胃痛が起こった経験がある人は特に、ついつい食べ過ぎたり、飲みすぎたりすることを意識的にひかえて、胃に負担をかけないようにしましょう。食事の量もそうですが、食べるものも、胃に刺激になるものばかり食べないように、まずは体に良いものを食べるように心がけることが大事です。

● しっかりと睡眠をとりましょう
早寝早起きをして、疲れたら出来るだけ体を休めるようにしましょう。

● ストレスをためないようにしましょう
体だけでなく心の健康も胃痛には関係してくるので、ストレスをためない事も重要です。ストレスを受けないというのは難しいでしょうから、ストレスを受けても上手に発散するようにすると良いでしょう。

● 就寝の3時間前には食事は済ませましょう
朝起きた時に胃痛を感じた時は、消化されていない食べ物が寝る前に胃の中に必要以上に残っていて消化不良を起こしたからです。

こうして、体も心も健康的に毎日を送ることで胃痛の予防・治療になります。


胃痛の薬による対処法



胃痛の薬は痛みの種類によって異なります。市販薬を服用する場合は、必ず薬局の薬剤師に相談してください。医療機関を受診された場合は、処方された薬を正しく服用しましょう。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加