喉の乾燥に関する薬

薬剤師監修

喉の乾燥の薬の上手な選び方・使い方

風邪を引いたときや空気が乾燥している時期は喉が乾燥してしまうことがあります。喉の乾燥が原因で喉がイガイガして痛い、喉に違和感を感じるといった症状の改善には空気の湿度を上昇させたり喉のマスクをする以外に、市販薬による治療も有効です。喉の乾燥を改善する薬にはスプレータイプのものと錠剤タイプのものがあります。スプレータイプの薬では喉の炎症や腫れや痛みを抑える成分の含まれた液体を喉の粘膜に直接噴霧することにより治療を行います。薬局などで市販されている薬では配合成分がそれぞれ異なる場合があるので、喉の乾燥による症状に合わせて使用する薬を選ぶとよいでしょう。薬を選ぶ際には薬剤師の方に相談することをおすすめします。錠剤タイプの薬では喉の炎症や痛みや腫れの他に不快感を解消する成分も含まれているものもあります。錠剤を口の中で溶かして摂取するのでスプレータイプのように薬液を噴霧する必要がないのでスプレータイプが苦手な方は錠剤タイプの使用もおすすめします。喉の乾燥の治療に使用する薬を選ぶ際にはその症状に合わせて自分の使用しやすい薬を選ぶとよいでしょう。症状に合った薬がわからない場合には薬剤師に相談するとよいでしょう。

喉の乾燥の薬の副作用と注意点

喉の乾燥症状の改善のために市販薬を使用する場合には副作用に注意が必要です。喉の乾燥に効果のある薬の副作用として皮膚に発疹や発赤、かゆみなどの症状があらわれる場合があります。この他にも口内が荒れたり薬がしみる、刺激感があるなどの症状を引き起こすことがあります。一度に大量に使用した場合には吐き気や不快感を感じることもあるため薬の使用の際には説明書をよく読み適量を使用するようにしてください。薬の服用によってアレルギー反応が発生しやすい方の場合、喉の乾燥を抑える薬の使用により皮膚のかゆみや蕁麻疹、声がかれる、くしゃみが出る、息苦しくなるといった症状を引き起こす可能性があるので薬の使用の際には薬剤師や医師に相談するようにしましょう。錠剤タイプの薬では眠くなりやすい成分が入っていることがあるため車の運転をする方は注意が必要です。錠剤タイプの薬には眠くなる成分が含まれていないものもあるので、必要な方は薬局で薬剤師に相談するとよいでしょう。いずれも長期間使用を続けると副作用が発生しやすくなる可能性があります。数日間市販薬を使用しても症状が改善しない場合には病院で医師の診察を受けることをおすすめします。

喉の乾燥の薬の飲み合わせ

喉の乾燥の治療に市販薬を使用する場合には他の薬との飲み合わせに注意してください。喉の乾燥を改善する薬と同じ成分の含まれた薬を併用した場合、薬の効果が強くなったり弱くなる場合があります。また薬の成分を過剰摂取したことにより副作用が強くあらわれることもあるため薬の飲み合わせには注意しましょう。喉の乾燥を抑える効果のある市販薬にはいくつか種類があるため併用したい薬と成分内容が被らない薬がある可能性があります。喉の乾燥を改善する薬を他の薬と同時に使用したい場合には薬局で薬剤師に相談するとよいでしょう。また喉の乾燥の症状を緩和する薬同士を併用する場合にも注意が必要です。スプレータイプの薬と錠剤タイプの薬を一緒に使用する場合には同時に使用することは避け薬同士の使用間隔をしっかりと取ることが必要になります。それぞれのタイプの薬の使用説明書を確認し一日の使用回数を守って使用するようにしましょう。アルコールとの飲み合わせにはそれほど注意は必要ありませんがアルコールを摂取することにより喉に負担がかかるため、喉の乾燥の症状があるときにはお酒は控えた方がよいでしょう。このほかにも既に病院で治療を受けており処方されている薬がある場合には喉の乾燥の市販薬を使用する前に病院で医師の指示を受けることをおすすめします。
  • 薬は効果をしっかりと引き出しながら、できるだけ副作用を抑えることが大切です。使用法・用量、飲み合わせに十分注意し服用してください
  • 専門家の皆様へ。薬の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

喉の乾燥に関する薬一覧