胃のむかつきに関する薬

薬剤師監修

胃のむかつきの薬の上手な選び方・使い方

胃のむかつきに効果のある薬にはいくつか種類があります。症状や原因に適したものを選ぶと効果的です。

胃の運動機能が低下して、消化がスムーズに行われなくなる為におこるむかつきには、健胃剤・消化機能調整剤が効果的です。胃のぜん動運動を促進し、機能を改善する働きがあります。健胃剤には漢方の生薬成分が使われています。主に、ショウキョウ・ウイキョウ・ケイヒなどの成分が味覚神経を刺激し、唾液・胃液・胃酸の分泌を促して胃の働きを活発にします。消化機能調整剤にはトリメブチンマレイン酸塩・カルニチン塩化物などの成分が含まれていて、胃の運動機能を調整したり脂質代謝を助けたりする効果があります。

食べ過ぎが原因で消化が進まなくなり胃のむかつきを引きおこしている場合には、消化酵素剤が効果的です。タカヂアスターゼ・ビオヂアスターゼなどのでんぷんを分解する成分や、リパーゼなど脂肪を分解する成分が配合されていて消化を促進します。

ストレスや疲労により胃酸の分泌が増え、出すぎた胃酸によって胃粘膜が刺激を受けてむかつきが出ている場合には、制酸剤の配合された薬が適しています。水酸化マグネシウムなどの成分が出すぎた胃酸を中和し、傷ついた胃粘膜を修復する効果があります。

胃のむかつきの薬の副作用と注意点

胃薬は出ている症状にあうものを使用する事が大事です。ひとくちに胃薬といっても、胃酸の分泌を促進するもの・抑制するもの、まったく逆の効果を持つ薬があり、使用の仕方によっては症状を悪化させかねません。消化不良が原因の場合に制酸剤を用いると、胃酸が抑えられてしまうので消化活動が進みません。逆に、胃酸が出すぎている場合に健胃剤を服用すれば、胃酸の分泌が促進されてしまい胃壁がさらに傷ついて、胃のむかつきは悪化してしまいます。このように、使用の際は症状の見きわめが非常に重要で、また注意が必要となります。

副作用はあまり心配する事はありませんが、健胃剤・消化機能調整剤は、まれに便秘などの消化器症状が出る事があります。また、長期や大量に服用した場合は腎結石や尿路結石ができる可能性があるので注意が必要となります。消化酵素剤も副作用の心配はあまりありません。まれに発疹やかゆみ、くしゃみや涙が出るなどの症状が出る事があります。

制酸剤は、場合によっては便秘・軟便や下痢になったり、吐き気が出たりすることがあります。重い副作用はまずありませんが、長期にわたり大量服用した場合、腎臓の悪い人や高齢者などでは、アルミニウム脳症やアルミニウム骨症になる可能性があるので注意が必要です。

その他にも、万が一副作用を感じた場合、いつもと違う症状が出て心配な場合は服用を止め、医師の診断を受けてください。

胃のむかつきの薬の飲み合わせ

胃薬の服用には注意が必要です。ほかの薬や食品など、一緒に飲むものによっては作用が弱まる・副作用が出る事などがあります。服用前には必ず、使用上の注意をよく読み、下記を参考にしてください。

健胃剤を服用する時に気を付けたいのは、テトラサイクリン系抗菌薬やキノロン系抗菌薬との飲み合わせです。含まれている金属イオンにより抗菌薬の吸収が低下し、抗菌作用が弱まってしまう可能性があります。また、消化機能調整剤を服用する際は、抗コリン薬の同時服用は控えます。胃腸の痛み止めとして使用される抗コリン薬ですが、消化機能調整剤と一緒に服用すると、お互いの効果が弱まる可能性があります。

制酸剤を服用する時は炭酸飲料の摂取は控えます。制酸剤が炭酸の中和に働いてしまうため、本来の働きの胃酸を中和する効果が弱まってしまうためです。薬を飲む前後2時間ほどは炭酸飲料を控えてください。また、大量の牛乳と一緒に飲むと、頭痛や吐き気・食欲不振などを引きおこすことがあるので注意が必要です。コーヒーや紅茶などのカフェインが多く含まれている飲み物も注意が必要です。カフェイン入り飲料と同時摂取すると、体内からカフェインの排泄が遅れるので、動悸がしたりイライラした気分になったりすることがあります。

上記以外にも、持病などの治療で服用中の薬がある場合は、必ず医師や薬剤師に相談してください。
  • 薬は効果をしっかりと引き出しながら、できるだけ副作用を抑えることが大切です。使用法・用量、飲み合わせに十分注意し服用してください
  • 専門家の皆様へ。薬の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

胃のむかつきに関する薬一覧