歯痛に関する薬

薬剤師監修

歯痛の薬の上手な選び方・使い方

急な歯痛の症状が現れたとき、薬を用いることで痛みを緩和することができます。歯痛は、虫歯によるもの、歯茎の炎症、腫れに伴うものなど様々ですが、対処療法に終始してしまう可能性もあります。適切な医療機関を受診し、歯科医師の判断のもと、症状に適合した薬を用いることが大切です。激しい歯痛の場合は、歯の神経部を含めて炎症が起きて、痛みを引き起こしている可能性があります。痛みを引き起こす成分を阻害する働きのある薬を用いることで症状が緩和される可能性があります。この薬は歯痛の他、解熱作用、炎症鎮静の効果が高く、即効性がありますので高い効果が期待できます。また胃腸薬の中には、滅菌効果が高く、歯痛を引き起こす菌や歯茎を消毒することにより、痛みの緩和をはかるタイプの薬もあります。この薬を用いる場合は、虫歯の患部に薬を詰め、痛みの鎮静化を試みます。比較的小さく、初期の虫歯に効果を発揮しますが、虫歯、歯痛の程度が激しい場合は、即効性も低くあまり効果がありません。さらに歯痛専用の塗り薬も存在します。このタイプの薬は、脱脂綿等に適量浸し、痛みをもたらしている歯に直接散布、塗りつけるというものです。高い鎮静効果を発揮し、持続性も認められています。薬を用いて一時的に症状が緩和しても、歯痛の根本原因を探ることにはなりません。歯痛を薬によって抑制したのち、適切な治療を行うことで、再度痛みを引き起こさないことが大切です。

歯痛の薬の副作用と注意点

歯痛を抑える薬を用いる場合は、副作用に注意する必要があります。まず、体内の痛みを引き起こす成分の生成を阻害することで、痛みの鎮痛効果をはかるタイプの薬は、胃に大きな負担をかけます。したがって胃薬等と一緒に服用することが望ましく、また食後の服用など、薬を飲むタイミングに注意が必要です。胃の不快感、吐き気、下痢などを引き起こすこともあり、胃の粘膜が荒れが、口内炎や潰瘍につながることもあります。さらに小腸、大腸の狭窄・閉塞といった症状が現れることがありますので、適切な容量、用法を守って服用することが重要です。歯痛を起こしている虫歯等の患部に直接詰めるタイプの薬の副作用としては、発疹、皮膚の赤み、かゆみなどの皮膚症状の異常が挙げられます。また肝機能障害に伴う倦怠感の増大、食欲低下といったものから呼吸困難という重い副作用が起きることがあります。さらに黄疸により、吐き気や発熱を引き起こすこともあります。また歯痛専用の用途である、歯に直接散布する薬は、発疹、発赤、かゆみといった副作用がでる可能性があります。また散布する場合は、歯のみに塗るように使用することが重要で、唇や歯茎に薬剤がつくと、腫れや痛みを引き起こすことがあります。薬の効果や特性を知った上で、歯科医など適切な医療施設で、判断を仰ぎ、薬剤を使用していくと安心です。

歯痛の薬の飲み合わせ

歯痛の薬の使用に関してはその飲み合わせ、併用に注意が必要です。体内で生じる痛みの成分の生成を阻害することで、歯痛の鎮静化をはかるタイプの薬は、抗血栓薬と飲みあわせることで、抗血栓薬作用が増強し、出血が起きやすくなります。また糖尿病に用いられる血糖値を下げる薬と共に服用することで、血糖を下げる作用が強まり、低血糖から意識混濁の症状を引き起こすことがあります。重篤な低血糖は命に関わります。さらに膀胱炎や肺炎、その他の感染症で処方される薬と飲み合わせることで、中枢神経系への作用から痙攣が誘発される場合があり、注意が必要です。一般的に薬剤はその有用成分の吸収の阻害を防ぐために、水またはお茶での服用が望ましいのですが、胃への負担軽減のため、牛乳と共に服用することも認められています。歯痛を起こしている虫歯等の患部に直接詰めるタイプの薬は、下痢止め薬や、腸の正常な運動を抑制する薬剤と併用するとよくありませんが、サプリメントとの併用は問題ありません。また痛みが生じる歯に直接塗るタイプの薬は、特段飲み合わせ、併用できないものはありませんが、患部に適量塗り、歯茎や唇に付着しないようにする注意する必要があります。また喉を傷める可能性がありますので、飲みこみは禁じられています。歯痛薬はあくまで痛みの緩和に用いられるもので、虫歯の治療薬ではありません。歯科医での治療を行い、歯痛を根治させることが大切です。
  • 薬は効果をしっかりと引き出しながら、できるだけ副作用を抑えることが大切です。使用法・用量、飲み合わせに十分注意し服用してください
  • 専門家の皆様へ。薬の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

歯痛に関する薬一覧