胃もたれ

カテゴリ
様々な症状

胃もたれの体験談

胃もたれが運動で治った!

医師確認済み

運動で胃もたれが改善

私は体を動かすことが好きではなく、休日はずっと家で本を読んで過ごし、寝転んでばかりいました。
数か月前、食事をした後に胃もたれするようになりました。その時は原因が分からず、放置していました。しかし、しばしばおなかの調子が悪くなったので、私はインターネットで胃がもたれる原因を調べることにしました。するとあまりお腹の空いていないときに、食事をするのは健康に良くないという記事を発見しました。確かに私は運動をしないのでお腹が減りにくく、あまりお腹が空いていなくても食事をしてしまうことが多々ありました。
その記事を見てから、初心者でも簡単にできる運動を調べて実践することにしました。すると体を動かさないときに比べ、明らかにお腹の減る具合が違うのです。お腹が減ってから食事をすると、何倍もおいしく感じました。
運動をし始めてしばらくすると、胃もたれしなくなっていることに気が付きました。私は体を動かすことは健康にいいということを実感し、今でも続けています。

胃もたれが運動で治った!

私は長年食後の胃もたれに悩まされていました。以前は我慢できない程ではなかったのですが、ここ数年で胃の不快感がひどくなってきたので、胃薬などを服用していました。その時は症状が改善されても、また服用を止めると同じだったのでインターネットで胃もたれの原因について調べてみました。
すると胃下垂によって胃もたれが起こるという記事を見つけました。私の下腹も食後にポッコリ膨らんでいる事から胃下垂の可能性がありました。恐らく加齢のために、腹筋が衰えてきて増々胃が下に下がってきていたのでしょう。
そこで胃下垂を改善するために、毎日腹筋を鍛える運動を続ける事にしました。また寝る前にはストレッチなども継続的に行いました。最初はあまり変化がなかったのですが、数週間経った頃から少しずつ症状が改善されてきました。食事後も下腹が膨れるという事もなくなりましたし、胃の不快感を感じる事もなくなり、安心しております。胃下垂で悩んでいる方には毎日少しでも良いので、運動を続けてみる事をお勧めします。

胃もたれは運動で治ることもあります。

胃もたれは、食べ過ぎや過労やストレスなど、さまざまなことが原因となって起きるものです。
そのような症状がある場合は、食事も満足に取れなかったりして辛いものです。
私も時々そのような症状を感じることがありますが、その原因は食べ過ぎや過労だけでなく、パソコンでの作業を長時間し続けたり、長時間手芸をしたりするなどして背中を曲げている時間が長かったり、一定の姿勢を長時間し続けていた時に起きることも多くあります。
そのようなことが原因となっている場合には、背中が曲がらないように姿勢に気をつけたり、運動をして背筋を伸ばしたり体を動かしたりすると症状が緩和することがあります。
運動は、体にとってもいいことなので定期的にするようにしていますが、定期的にするようになってから胃もたれの症状が以前と比較して感じることが少なくなりました。
今後も胃もたれの症状が極力予防できるように運動を定期的に続けていきたいと思っています。

胃もたれには運動が効果的すぐできる3つの運動

胃がもたれて食欲がない、ということが時々ありました。食べすぎだったり、不規則な生活が原因だったりするのですが、私は運動することで胃もたれになる回数が減りました。
運動すると体の調子が良くなるというのは経験上からも知っているのですが、なかなか続かなくてよく自己嫌悪に陥りました。そこで、簡単で長続きする運動を見つけて今はこれを週に5日ほど実施しています。
まずは腕立て伏せです。腕立て伏せと言っても、地面に腕を立てません。地面に腕をつけるのは疲れやすく、長続きしづらい気がします。そこで、立ったまま壁に手をつけて腕立てをします。慣れてきたら、片手ずつやってもいいでしょう。
次は、柔軟体操です。できるだけ動画を観ながらやりましょう。「streching」とか「warming up」など英語で検索すると質の高い動画に出会う可能性が増えます。
最後はウォーキングです。と言っても、通勤通学途中に普段より少しだけ早く歩くだけです。
あくまでも私の場合ですが、これであまり胃もたれが起きなくなりました。

食後の運動で胃もたれを改善

40代半ばになったころから、肉料理や揚げ物など、脂っぽい物を食べると胃もたれがするようになりました。少ししか食べていないのに、お腹の中が膨張したように苦しくなり、食が進みません。ひどい時は、お腹の膨張間のために、座っていられなくなります。
なので、出来るだけあっさりしたものを食べるようにしていますが、たまには肉や揚げ物も食べたくなります。胃の調子を良くする方法はないかと考え、食後に軽い運動をしてみることにしました。
食後30分ほどゆっくりしてから、20分ぐらいの行程をウォーキングすることを日課とし、1か月ぐらい続けると、脂っぽい物を食べても胃もたれしなくなりました。お通じも良くなり、今までよりもたくさん食べられるようになりました。
食べた時に感じていた膨張感も感じなくなり、食べてもお腹が楽です。よくお医者さんが適度な運動を勧めていますが、本当に効果があるのだなと実感しました。食事が楽しめると、毎日が楽しいです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
胃もたれの他の体験談

様々な症状の体験談

  • 便秘による腹痛は3つの特徴がある?痛みの対処法と食事のコツ

    便秘・腹痛

    皆さんは、便秘で腹痛を経験したことはありませんか? 痛みを緩和したくても便秘が原因だと気付かず長引いたり、または併発している病気などが疑われることもあり、見極めが大事になってきます。 今回は、便秘に伴う痛みの原因や特徴、対処法や予防法までを医師に解説していただきました。 便秘に伴って腹痛が起きる原因 腸には便を肛門の方向に動かす機能があり、硬い便で詰まりが生じている場合や、自律神経の乱れに…続きをみる
  • 咳による胸の痛み 〜 医師が解説 〜

    咳・お腹の痛み

    ひどい風邪を引くと、咳が出てきてとまらないことがあります。咳をする癖ができてしまうようで、気管支が狭くなったりして空気の出入りが悪くなって、悪循環になるのでしょうか。 咳が続くと、下手したら寝ている間もゴホゴホと出ます。軽いものならいいのですが、ひどいばあいだとその都度からだが起き上がるくらいの勢いで出ます。空気が激しく出入りするため、のども痛くなり、声も出なくなるし、肋骨というか胸のあたりが…続きをみる
  • 胃痛と便秘に悩まされる 〜医師が解説〜

    胃痛・便秘

    便が出にくくなるとお腹が痛くなることがありますが、数日の便秘は腸のみならず胃痛を引き起こすことがありました。 毎日きちんと排便されていれば日常生活は普通に送れますが、便が正常に出なくなったり固い状態になってくると頭痛になったり、倦怠感が生じるようになってきたことがあります。毎日規則正しく排便するには、繊維質の物を多く取ったり、水を多めに飲むことで便が出やすくなります。 薬を飲む場合は腹痛を起…続きをみる
  • 咳のしすぎで腹筋が痛い 〜 医師が解説 〜

    腹痛

    咳をするとおもいっきり腹に痛みが走ることがあります。まず反射的にコショウなど体内への異物を防ぐためにするものと、免疫的な機能で細菌や花粉などの異物を防ぐためにするものがあることを覚えておきましょう。 いずれも内臓への侵入を防ぐために腹筋を動かし空気を押し出すので、そのたびに腹筋がよく使われます。あまりにも連続で咳をすると腹筋が酷使され、筋肉痛が出てくるのはそのためです。筋肉痛は主に血行が悪化し…続きをみる
  • 咳のしすぎで腹筋が痛い 〜 医師が解説 〜

    咳・腹筋

    咳をするとおもいっきり腹に痛みが走ることがあります。まず反射的にコショウなど体内への異物を防ぐためにするものと、免疫的な機能で細菌や花粉などの異物を防ぐためにするものがあることを覚えておきましょう。 いずれも内臓への侵入を防ぐために腹筋を動かし空気を押し出すので、そのたびに腹筋がよく使われます。あまりにも連続で咳をすると腹筋が酷使され、筋肉痛が出てくるのはそのためです。筋肉痛は主に血行が悪化し…続きをみる