便秘

カテゴリ
腸の病気
様々な症状
子どもの病気

便秘に関する薬

薬剤師監修

便秘/便秘症の薬の上手な選び方・使い方

便秘症の薬には大きく分けて二つあります。一つは、便を軟らかくしたり、便のかさを増やす「機械性下剤」と呼ばれる物です。このタイプの薬は、成分として酸化マグネシウムなどの「塩化金属」と呼ばれる金属の化合物や、植物性の食物繊維が使われています。これらの成分は、便に水分を集めて柔らかくしたり、あるいは便のかさを増して腸に刺激を与え、お通じを促します。

もう一つは、腸を直接刺激して運動させ、お通じを促す「刺激性下剤」とよばれるものです。このタイプは、センナという植物を乾燥させた生薬や、あるいはその有効成分であるセンノシドが配合され、有効成分が直接腸を刺激することによってお通じを促すという仕組みになっています。いわゆる浣腸も、この刺激性下剤に区分されます。

二つを比較すると、機械性下剤はどちらかというと自然に近いお通じが得られ、刺激性下剤は機械性下剤よりも強く効く傾向があります。そのため、日常のお通じを良くしたいという場合には機械性下剤が、より頑固な便秘には刺激性下剤が向いていると言え、その中でも浣腸は即効性があります。

実際に店頭に売られている薬では、機械性下剤と刺激性下剤どちらかに特化した物以外にも、二つの系統の成分を配合することにより、相乗効果を得たり、効き目を調節していたりする物もあります。自然に近い物か、より強い物が必要か、店員さんや薬剤師さんとも相談の上選ぶと良いでしょう。

便秘/便秘症の薬の副作用と注意点

便秘症の薬の副作用には、まず腹痛と軟便が上げられます。腹痛は、便を排出するように腸が動き出している証拠ではありますが、辛い副作用でもあります。製品によっては、成分の配合により、腹痛を起きにくくしているものもあります。軟便は、薬の量が多かったり、あるいは元々便の量が少ない場合に発生します。その場合は、薬の量を調節したり、野菜の多い食事を摂るよう工夫してみましょう。

機械性下剤は、上記以外の副作用は少ないですが、ごくまれに高マグネシウム血症によるめまいや吐き気、倦怠感が発生します。これは塩性金属を成分とするものを、腎臓が弱っている人が服用した場合に発生することがあります。滅多にありませんが、もしこれらの症状が起きたら、直ちに服用をやめて診察を受けてください。

刺激性下剤は、量を多く飲むことで内臓の動きが活発になりすぎ、吐き気などが発生する場合があります。また、直接腸を動かす薬のため、次第に体が薬に慣れ、同じ量では効き目が得られなくなってきます。この時に安易に服用量を増やしてしまうと、さらに体が慣れてしまうという悪循環が発生しますし、血液中のカリウムが流れ出してしまい、だるさや筋力低下が起こってくる場合があります。刺激性下剤は、安易な増量を避け、出来るだけ短期間の使用に留めた方がより安全です。

便秘/便秘症の薬の飲み合わせ

便秘症の薬のうち、酸化マグネシウムなどの塩化金属は、抗生物質や骨粗鬆症の薬、強心剤と同時に飲むと、同時に飲んだ薬の効き目を弱めてしまう特徴があります。これは、2~3時間ほど時間を空けて飲むようにすれば問題はありません。ただし、時間差では解決出来ない飲み合わせもあります。たとえば、ビタミンD3を含む薬と一緒に飲むことにより、高マグネシウム血症を引き起こしてしまう可能性があります。これは時間を空けても解決出来ないため、ビタミンD3の薬を飲んでいる方は、事前に医師に相談した方が良いでしょう。カルシウムのお薬でも同じ副作用が出る可能性があります。意外なところでは牛乳が、カルシウムを含むため、大量に飲むと問題が出る可能性があります。

これ以外の食物繊維や、刺激性下剤にはこれといった飲み合わせの問題はありませんので、他にお薬を飲んでいる方でも比較的安心して使用出来ます。とはいえ、複数の成分を配合しているお薬では、意外なところに飲み合わせに注意が必要な成分が入っているかも知れません。服用の前に、是非成分表と説明書をしっかり確認し、飲み合わせに注意という記載があったら、それに従って服用するよう心がけましょう。
  • 薬は効果をしっかりと引き出しながら、できるだけ副作用を抑えることが大切です。使用法・用量、飲み合わせに十分注意し服用してください
  • 専門家の皆様へ。薬の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

便秘に関する薬一覧