下痢げり

カテゴリ
様々な症状
感染症

下痢の体験談

下痢を早く治すにはどうすればよいか

医師確認済み

下痢を早く治すためには

夕飯を食べたあと、急にお腹が痛くなり、トイレに駆け込みました。すると、下痢を発症しましたので、しばらくトイレにこもらなければいけませんでした。ようやく治まりましたから、本当にひどい目に遭ったとガッカリしました。
このような症状が出た場合、早く治すことが重要だと思いましたので、しばらく横になり、安静を保つことにしました。さらに、どうして下痢を発症したのか知りたくなりましたから、スマホで調べてみたところ、脂っこい料理を食べたこと、体が冷えたことが考えられました。夕方になってから気温が低下したのに、薄着のままで冷たいビールを飲んだことも悪かったと反省しました。これからは、気温に気をつけながら食事をしたいです。
また、早く治す方法として、体を温める方法が有効だと分かりましたので、忘れないように心がけようと思いました。もし再び発症したら、無理をしないで毛布などに体を包み、保温を心がけるようにするつもりです。

下痢を早く治すための方法

私は胃腸が弱く、少しでも不摂生をするとどうしても下痢をしてしまいがちでした。しかし、普通の食生活をすることによって、早く治すことができるということに気づいたのです。なので、お腹を壊してしまったときには、改善を図るために夜8時以降に食事をとらないようにしました。そうすることによって、かなり改善することができたと言えます。
特にいつもスナック菓子等を夜寝る前に食べたりしていたり、さらに食事の後にアイスを食べたりしていました。どうしても食欲に負けてしまいそのような色生活を送っていたのですが、その結果やはり体重も増えますし、何よりも下痢を発症してしまいます。そういったことを繰り返していたので、まずは薬に頼るのではなく、食生活の改善を図ることから始めました。そうすることで、お腹を壊す回数を減らすことができたのです。実際にそのような状態になっても、ある程度胃腸が丈夫になったので、不節制をしなければすぐに治るようになりました。早く治すには、まずは下地から治すことが重要だと感じました。

下痢は早く治そうとしすぎないほうがいいです

私は、あまりお腹が強い方ではなかったために下痢気味になることが多くありました。また、過敏性腸炎と診断されることもあり、電車に乗るときやバスに乗る時などは必ずお腹が痛くなっていました。様々な治療を試みたのですが、どれも効果が現れることなく悩んでおり、このまま治らなかったらどうしようと考えることもありました。
医師に相談してみると、早く治すことはあまり考えずに長期スパンで考えて治療を行っていくとのことでした。過敏性腸炎に関しては心の問題も解消しないと治療できないとのことであったために、二つの問題と向き合うことから考えていきました。まずは、下痢気味を治すために薬を服用することによって治療していきました。その薬も、非常に即効性があるものであり毎日服用することによって徐々に軟便へと変わっていきました。腹痛に関しては、緊張する場面になると発症するようで、あがり症を解消するための精神安定剤を服用することによって改善していき、今では特に腹痛が頻発することはありません。

下痢を早く治すにはどうすればよいか

小さい頃に下痢になった時に、病院へ行って薬を貰いたいと母親に言いましたが、母は熱がなければ無理に薬で止めなくて良いと言いました。何故かというと体内に入った毒を出している状態なので、それを無理やり薬で止めてしまうとずっと毒がお腹にある状態になり、一向に身体は良くならないからです。下痢は回数を重ねる度にお尻が痛くなり、とても辛いですが出し切れば体調は良くなってきます。回数が多い時は特に身体の水分が減り、脱水症状を引き起こすので、こまめな水分補給は必ずとりました。なるべく固形物は食べないようにしていたので、母は梅干しのお粥を作ってくれて、消化の良いものを食べると良いです。その病気の間はお粥と水分補給のみなので、水分補給はカロリーの高いポカリスウェットなどを飲むように心がけました。そして絶対に冷やさないようにし、横になって楽な姿勢で布団を被るなど温めていました。
看護師の母が早く治すようにしてくれた事で、薬を飲まなくてもこれをした事で直ぐに身体は良くなりました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
下痢の他の体験談

様々な症状の体験談

  • 便秘による腹痛は3つの特徴がある?痛みの対処法と食事のコツ

    便秘・腹痛

    皆さんは、便秘で腹痛を経験したことはありませんか? 痛みを緩和したくても便秘が原因だと気付かず長引いたり、または併発している病気などが疑われることもあり、見極めが大事になってきます。 今回は、便秘に伴う痛みの原因や特徴、対処法や予防法までを医師に解説していただきました。 便秘に伴って腹痛が起きる原因 腸には便を肛門の方向に動かす機能があり、硬い便で詰まりが生じている場合や、自律神経の乱れに…続きをみる
  • 咳による胸の痛み 〜 医師が解説 〜

    咳・お腹の痛み

    ひどい風邪を引くと、咳が出てきてとまらないことがあります。咳をする癖ができてしまうようで、気管支が狭くなったりして空気の出入りが悪くなって、悪循環になるのでしょうか。 咳が続くと、下手したら寝ている間もゴホゴホと出ます。軽いものならいいのですが、ひどいばあいだとその都度からだが起き上がるくらいの勢いで出ます。空気が激しく出入りするため、のども痛くなり、声も出なくなるし、肋骨というか胸のあたりが…続きをみる
  • 胃痛と便秘に悩まされる 〜医師が解説〜

    胃痛・便秘

    便が出にくくなるとお腹が痛くなることがありますが、数日の便秘は腸のみならず胃痛を引き起こすことがありました。 毎日きちんと排便されていれば日常生活は普通に送れますが、便が正常に出なくなったり固い状態になってくると頭痛になったり、倦怠感が生じるようになってきたことがあります。毎日規則正しく排便するには、繊維質の物を多く取ったり、水を多めに飲むことで便が出やすくなります。 薬を飲む場合は腹痛を起…続きをみる
  • 咳のしすぎで腹筋が痛い 〜 医師が解説 〜

    腹痛

    咳をするとおもいっきり腹に痛みが走ることがあります。まず反射的にコショウなど体内への異物を防ぐためにするものと、免疫的な機能で細菌や花粉などの異物を防ぐためにするものがあることを覚えておきましょう。 いずれも内臓への侵入を防ぐために腹筋を動かし空気を押し出すので、そのたびに腹筋がよく使われます。あまりにも連続で咳をすると腹筋が酷使され、筋肉痛が出てくるのはそのためです。筋肉痛は主に血行が悪化し…続きをみる
  • 咳のしすぎで腹筋が痛い 〜 医師が解説 〜

    咳・腹筋

    咳をするとおもいっきり腹に痛みが走ることがあります。まず反射的にコショウなど体内への異物を防ぐためにするものと、免疫的な機能で細菌や花粉などの異物を防ぐためにするものがあることを覚えておきましょう。 いずれも内臓への侵入を防ぐために腹筋を動かし空気を押し出すので、そのたびに腹筋がよく使われます。あまりにも連続で咳をすると腹筋が酷使され、筋肉痛が出てくるのはそのためです。筋肉痛は主に血行が悪化し…続きをみる