下痢に関する薬

薬剤師監修

下痢の薬の上手な選び方・使い方

下痢止めには幾つか種類があり、腸内の水分量を調節し腸管運動を正常化する薬や、蠕動運動と水分を抑制する薬、食あたりに有効な殺菌効果のある薬や腸粘膜の炎症を鎮める収れん剤などが市販薬にあります。他には漢方薬や、腸内環境を整える整腸薬などもよく利用される薬です。下痢症状には多くの原因が存在するため、薬のバリエーションの中から症状に合うタイプを選択して服用することが大切です。基本的に下痢止めとは、食べ過ぎや飲み過ぎなど症状の原因が瞭然である場合や、ストレス性などで突発的に始まるひどい下痢症状を抑えたい場合に使用する薬です。また、長く続く過敏性腸症候群の場合には効果的では無いため、整腸剤と併せて服用するなど、腸内環境のバランスを整えながら長期間をかけて症状の改善を促します。下痢は基本的に出して治療するとされますが、これはO-157やノロウイルス等の細菌やウイルス感染による下痢症状に主に当てはまり、細菌を体外に排出するためにも下痢止め薬の安易な服用は避けましょう。しかし症状の重度により、体力の消耗や脱水症状が懸念されるため、医師や薬剤師などの専門家に相談をし、症状緩和に適した薬を選びましょう。このように下痢は止めるだけでなく、症状に合わせた服用の仕方も重要です。

下痢の薬の副作用と注意点

薬には必ずと言っていい程副作用が付き物であり、下痢止めも例に漏れません。
下痢止めに使われる代表的な成分にもリスクはありますが、正しく服用することで副作用を避けることが大切です。
『木クレオソート』は腸内の水分量や蠕動運動を整える効果がありますが、腸内環境を整えることはできません。
以前は処方薬のみに使用されていた『塩酸ロペラミド』は近年では市販薬にも使用されています。下痢止めの効果に高い効き目を発揮しますが、場合によって効果が過剰に現れ便秘症状を引き起こす副作用があります。『木クレオソート』同様に腸内環境の改善に効果は無く、過剰な服用は避けましょう。
また、稀にショック状態を引き起こす場合もあるため、服用には専門家に相談してください。
腸内での腐敗に加え腸粘膜の保護や腸内水分量をコントロールする『タンニン酸ベルべリン』は緑茶で良く知られる渋み成分を由来とします。
副作用のリスクは低いとは言え、過剰な服用は便秘症状の引き金となる場合があるため、注意が必要です。

下痢の薬の飲み合わせ

一般的に下痢の症状と一緒に起こる可能性が高いのは風邪です。風邪と共に起きた下痢症状は体力消耗に繋がりかねないため、風邪薬と共に下痢止めを併用したいと考える人も多いでしょう。しかし前述の通り下痢止め薬は症状に合わせて服用することが基本です。感染性胃腸炎を引き起こしている胃腸風邪では下痢症状を無理に止めることは治療に不向きなため、下痢止め薬そのものの使用を控える方が治療に適しています。その他の風邪時の下痢症状には基本的に飲み合わせの部分では下痢止め薬と風邪薬との併用は一般的に問題ありません。下痢止め薬と風邪薬の飲み合わせの点が不安ならば、副作用が極めて少ない整腸剤との併用が勧められます。下痢症状そのものを止める効果はありませんが、腸内環境を整える効果があるため風邪時に向いている腸の薬です。他には胃薬や頭痛薬との飲み合わせも基本的には問題ないとされますが、併用禁忌とされる飲み合わせも存在します。下痢止め薬に含まれる成分と同系統の成分が含まれている薬は避けるべきですから、市販薬を服用する場合は添付されている説明書きを良く確認してください。また、服用中の薬の名称を伝え専門家に相談してから併用する薬を選択することが勧められます。
  • 薬は効果をしっかりと引き出しながら、できるだけ副作用を抑えることが大切です。使用法・用量、飲み合わせに十分注意し服用してください
  • 専門家の皆様へ。薬の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下痢に関する薬一覧