コラム画像

出典:PIXTA

男性の手足の冷えは体調不良の原因にも…冷え性の改善と対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
自律神経の乱れや血行不良などから起こる冷え性の様々な病気とリスクについての情報をまとめながら、

女性に限らず男性にも起こる冬の冷え性に対する工夫や改善の方法をわかりやすく解説しています。

要チェック項目


□血行不良や自律神経の不調が冷え性の原因になる
□雪国でよく食べられている食べ物は冷え性改善にいいもの
□冷え性は日々の体調不良の原因になるもの

指先を冷やす冷え性

冷え性とは、手足の指先や腰などに冷たさを感じる症状のことを表し、様々な原因がありますが、いろんな病気を引き起こす原因にもつながることから、

一時的なものであれば時に体調不良のサインとして体に現れるものもあります。

男性の場合冷え性で体が冷えてしまうことにより、精力が低下してしまうことにより、女性の妊娠率が下がってしまうことがありますので、

彼女がいる男性は運動を生活習慣に取り入れ、基礎代謝を上げながら冷え性を改善していってはどうでしょうか?

冷え性は自律神経の異常や血行不良が原因


冷え性は主に手足の指先や腰などが冷えるもので、血行不良が原因で隅々まで温かい血液が送られにくいことが原因で起こります。

ストレスは血管を収縮させ血液の流れを悪くしてしまうことに加え、体調不良につながることから、不規則な生活習慣とストレスが冷え性につながります。

冷え性の改善方法

入浴による全身の血行促進


男性は毎日シャワーだけで済ませている方が多いと思うのですが、冷え性でつらい手足の指先は血行が悪いことから、体の先まで温まらないことが原因で体が冷えます。

極度に冷えている体に熱いお湯をかけるとすごく熱いため、問題のない温度から体を慣らし、ゆっくりと全身をお風呂で温めていくことで、冷え性は改善されていきます。

男性の方も可能な限り寒い冬にはお風呂に入ることを心がけましょう。

長時間のデスクワークを改善する


何時間も座り続ける日々が続く、悪い姿勢をずっと続けるといったことは血液の流れに長時間の悪影響を与えてしまうことから、体温がどんどん低下してしまう。

そのためきちんとした姿勢を心がけ、適度に軽い運動などを取り入れることで、血行不良を防止することが可能です。

冷え性対策

前もって冷える部分を温めておく


血行不良から招かれる体の冷えは前もってカイロなどを使用し、温めることで対策することができます。

長時間姿勢を変えないデスクワーク時の、足の冷えなどへの対策が必要な場合は、足用のカイロなどを準備する必要があります。

寒い朝に出勤する男性は冷え性対策を


体温が低下することで、体調不良が起こることから寒い朝に会社に出勤される男性は、あらかじめ冷え性で冷える場所に対する寒さ対策を行うことで、冷え性からくる体調不良を防止することができます。

冷え性が続くと体調がどんどん悪くなる危険性があるため、毎朝寒い場所に出なければいけない方は必要に応じて対応をする必要があります。

服をたくさん着るよりも運動するほうが効果的


服を着たりエアコンをつけて体温を逃がさない工夫をすることで体を保温することが可能ですが、根本的に体温が引くければ保温する体温がない状態となり、服を着こんでいても冷たさが持続します。

そのため体を動かし代謝を上げることで体温を上昇させたうえで、着込むことで効果的に体を温めることが可能です。

冷え性に効く食べ物

ニンジン、ネギ、玉ねぎ、ゴボウなどの野菜


これらの野菜はビタミンや食物繊維などが豊富に含まれています。このことから血液を健康にしつつ、便秘による腸の不調を改善し内臓の活動を活発化させ、体内の元気を取り戻すことができます。

これらの野菜に加え、東北地方や雪国で食べられているものは冷えに対して効果的な作用を持つものが多く、冬には雪国の食材をたくさん取り入れた料理を日々食べることで、冷え性の対策につながります。

冬にラーメンをよく食べる男性は可能な限りこのような食材を食事に取り入れていかなければ、体調が悪化する可能性があります。

お味噌汁や納豆


お味噌汁や納豆に使われる味噌には体の細胞を形成するために必要不可欠なたんぱく質が豊富にふくまれていることから健康に欠かせない存在であることから、

体に取り込むことで活動するためのエネルギーになり熱を生み出します。

暖かい汁物の効果で体温を上げると同時に、お味噌の豊富な栄養と具の栄養素を体内に取り入れることにより、体温上昇の手助けとなります。

豚汁は冷え性を解消するのに最適な食べ物


様々なやさいをお味噌と一緒に取り込むことができることから、不規則な食生活や生活習慣を送っている方の冷え性改善に大いに役立つ料理です。

作るときには極力ビタミンやたんぱく質が豊富な具材を加えることで効果を引き上げることができます。寒い冬に毎朝出勤している男性サラリーマンはこのような点から自分の体を気遣う必要があります。

体調を崩しやすい男性の冷え性の危険性

冷え性が原因で体調不良を引き起こす危険がある


冷え性は、痛風や手足のむくみを引き起こすとともに、冷たさが原因で寝れなくなるリスクを伴います。これらの理由から内臓や血管の活発力が低下し、自律神経が十分な働きができなくなることが考えられます。

冷え性が続き、便秘や下痢、頭痛などの体調不良が続く場合は早期改善が必要となります。個人で対処することができないと判断した場合は病院での診察が必要です。

体温の低下により膀胱炎になる


膀胱内の温度は37度前後に保たれていることから細菌の繁殖が抑えられています。冷え性が原因で膀胱の体温が低下してしまうことで、膀胱内で細菌が増殖してしまうことから膀胱炎になる可能性があります。

夜の営みをする男性は冬の寒さへの対策が特に重要です。

男性も冷え症には要注意

冷え性は体の冷えが続き、自律神経や内臓の活動に異常がでることから下痢などの体調不良を引き起こす原因につながります。

また、冷え性によって男性は女性との営みで性病を発生させる可能性がありますので、特に早期改善が必要です。

(監修:Doctors Me 医師)
  • この記事は、医療・健康に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。記事の内容について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するコンテンツ

冷え性について