冷え性の体験談

冷え性により腫れている

医師確認済み

冷え性による腫れ

冷え性は女性に多い症状で、夏でも手足が冷え、足が冷えればなかなか眠れない時もあります。冷え切った手足に血をいき渡らせるために、様々な工夫が必要です。
まず冷え性を改善するためには、手足のツボを刺激してみます。家だけではなくどこでもできるので、とてもいいと思います。また女性の場合、きつい下着を着用していると血行が悪くなってしまい、冷え性を悪化させてしまいます。特に思春期や更年期には女性ホルモンの働きが乱れて、自律神経のバランスも崩れてるため、末梢神経が極度に収縮するためにからだの一部が冷えるのです。栄養不足などの影響もあるので、過剰なダイエットはやめるべきだと実感しました。
そして冷え性による辛いことの1つが、しもやけです。足に限らず手の指も腫れてる場合もありました。冷え性がひどく足先が冷える場合は、靴用の使い捨てカイロを入れておくとだいぶ温かいです。足先が腫れてるままお風呂に入ると、痛くとてもかゆいです。腫れてるままで放置しておくと、どんどんひどくなってしまうので皮膚科に行くべきだと思います。もちろん手の指も腫れてると、とても行動がしにくいので薬を塗るべきです。やはり腫れてるままでは、毎日辛かったです。
今の時期はとても冷え性が辛い時期ですから、工夫して乗り切りましょう。

冷え症からくるしもやけについて

友人は昔から冷え性でした。特に手足の先が冷える、末端冷え性と呼ばれるもので、夏でも手足の先が氷のように冷たかったです。ところが、本人は手足が冷たいことに全く何も思わず、普通冷え性の人なら寒がりになるはずが、かなりの暑がりだったので、何も対処せずにいました。
しかし、真冬でも手袋をせずに手をそのままにしておき、冷たいまま放置していると、そのうち手や足の指がだんだん腫れてきたそうです。いつもより太さがかなり太くなり、腫れてる指は赤くなっていきました。そして、暖かい部屋に入ると、かなりの痒みを伴いました。腫れてるだけかと思っていたら、その後、関節を曲げた際に関節に沿って切れ目が入り、出血したそうです。指を動かすたびに、痛みと痒みがひどくなり、皮膚科に相談に行ったところ、しもやけとあかぎれの両方であると診断されました。

冷え性は、ただ単にその部分が冷えているというだけではありません。腫れたり切れたりして、日常生活に支障をきたすこともあります。そこで友人は、水分をしっかり摂り、運動を始めたり、お風呂にもしっかり入って体全体を温めたりするようになりました。また、しょうがやごぼうなどの、体を温める効果がある食物を積極的に摂取し、冷え性改善につとめました。

冷え症に勝つ生活

体をどんなに温めていても、足先や指先が冷えて仕方がないといった経験が多くの女性にはあるのではないでしょうか。
なぜ冷えに悩む女性が多いのでしょうか。それは女性が男性に比べて脂肪が多く、熱を作り出す為に必要な筋肉が少ないことが理由の一つです。実に7割近い女性が冷えを感じているそうです。
その他にもホルモンバランスの乱れや自律神経のバランスが崩れることも冷えの原因と言われています。
家事や育児、仕事のストレスから自立神経が乱れることで冷えに大きく関わる末梢神経へ影響を及ぼしてしまうのです。
そして冷え性を放っておくことで肩こりや体調不良につながり日常生活にも大きな影響を与えてしまいます。また足先や指先が赤みを帯びて腫れている状態のしもやけも冷え性が起こす症状の一つです。手足が腫れている状態を放置してしまうと、やがて重度の凍傷となり最悪手足を切断する事態となります。
そうなる前に、日頃から冷えを解消する生活を送ることが大切です。そこでまずは食事の見直しからしてみましょう。栄養をバランスよく摂取して、特にレンコン又は人参や生姜などの根菜類を多く取り入れて体を温める食事を摂ることお勧めします。また1日の終わりの入浴で仕事や家事の疲れを取り除きストレスフリーな生活を送ることも冷え性に勝つポイントです。

冷え性としもやけについて。

冷え性の方は足先や手の指先が冷え、しもやけのようになることがあります。
しもやけが悪化すると、かゆみや痛みをもち、腫れてる状態になることもあります。その腫れてるところは触りすぎないようにし、冷やしたりあたためたりして治るのを待つことが大事です。
他にも冷え性に付随する症状はたくさんあります。それらを改善するためにはいくつか方法があり、以下の通りです。
一つ目は筋肉をしっかりとつけることです。最近は痩せ型のモデルや俳優が増え、それを目標にして過度なダイエットや食事制限を行う人も増えており、本来必要な筋肉も落としてしまっていることがあります。筋肉は身体を動かすことだけでなく、身体のエネルギーを産生する、つまり身体をあたためる大変重要な場のひとつであることをより多くの人に認知してもらうことが大事です。
二つ目は首や手首、足首など重要な血管のある部位を動かすことです。特に身体の中の冷えている部分を動かし、血流の流れを促進することであたたかい血液を細部まで送り、身体をあたたかく保つことにつながります。自分で行うのが困難な場合は、マッサージサロンなどへ行ってみてはどうでしょうか。
三つ目は身体をしめつけない重ね着を心がけることです。血流を妨げることなく、熱が逃げない格好は冷え性改善に役立つでしょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
冷え性の他の体験談

様々な症状の体験談

  • 咳による胸の痛み 〜 医師が解説 〜

    咳・お腹の痛み

    ひどい風邪を引くと、咳が出てきてとまらないことがあります。咳をする癖ができてしまうようで、気管支が狭くなったりして空気の出入りが悪くなって、悪循環になるのでしょうか。 咳が続くと、下手したら寝ている間もゴホゴホと出ます。軽いものならいいのですが、ひどいばあいだとその都度からだが起き上がるくらいの勢いで出ます。空気が激しく出入りするため、のども痛くなり、声も出なくなるし、肋骨というか胸のあたりが…続きをみる
  • 胃痛と便秘に悩まされる 〜医師が解説〜

    胃痛・便秘

    便が出にくくなるとお腹が痛くなることがありますが、数日の便秘は腸のみならず胃痛を引き起こすことがありました。 毎日きちんと排便されていれば日常生活は普通に送れますが、便が正常に出なくなったり固い状態になってくると頭痛になったり、倦怠感が生じるようになってきたことがあります。毎日規則正しく排便するには、繊維質の物を多く取ったり、水を多めに飲むことで便が出やすくなります。 薬を飲む場合は腹痛を起…続きをみる
  • 咳のしすぎで腹筋が痛い 〜 医師が解説 〜

    腹痛

    咳をするとおもいっきり腹に痛みが走ることがあります。まず反射的にコショウなど体内への異物を防ぐためにするものと、免疫的な機能で細菌や花粉などの異物を防ぐためにするものがあることを覚えておきましょう。 いずれも内臓への侵入を防ぐために腹筋を動かし空気を押し出すので、そのたびに腹筋がよく使われます。あまりにも連続で咳をすると腹筋が酷使され、筋肉痛が出てくるのはそのためです。筋肉痛は主に血行が悪化し…続きをみる
  • 咳のしすぎで腹筋が痛い 〜 医師が解説 〜

    咳・腹筋

    咳をするとおもいっきり腹に痛みが走ることがあります。まず反射的にコショウなど体内への異物を防ぐためにするものと、免疫的な機能で細菌や花粉などの異物を防ぐためにするものがあることを覚えておきましょう。 いずれも内臓への侵入を防ぐために腹筋を動かし空気を押し出すので、そのたびに腹筋がよく使われます。あまりにも連続で咳をすると腹筋が酷使され、筋肉痛が出てくるのはそのためです。筋肉痛は主に血行が悪化し…続きをみる
  • 咳で血の味がする 〜 医師が解説 〜

    咳・血の味

    風邪を引くといつも長引いて1ヶ月以上激しい咳が続くケースもありましたが、アレルギー体質だからといつも諦めていました。 いつも通り、風邪を引いて咳が長引いているなと思っていたらなんだか血の味を感じるようになって食欲も湧かず、たまたま痰に血が混じっているのをみて急いで受診しました。 問診で血の味がすると申告すると肺の病気を疑われ、レントゲンなどを受けました。肺ガンかもしれないと覚悟したほどです。…続きをみる