冷え性の体験談

冷え性により腫れている

医師確認済み

冷え性による腫れ

冷え性は女性に多い症状で、夏でも手足が冷え、足が冷えればなかなか眠れない時もあります。冷え切った手足に血をいき渡らせるために、様々な工夫が必要です。
まず冷え性を改善するためには、手足のツボを刺激してみます。家だけではなくどこでもできるので、とてもいいと思います。また女性の場合、きつい下着を着用していると血行が悪くなってしまい、冷え性を悪化させてしまいます。特に思春期や更年期には女性ホルモンの働きが乱れて、自律神経のバランスも崩れてるため、末梢神経が極度に収縮するためにからだの一部が冷えるのです。栄養不足などの影響もあるので、過剰なダイエットはやめるべきだと実感しました。
そして冷え性による辛いことの1つが、しもやけです。足に限らず手の指も腫れてる場合もありました。冷え性がひどく足先が冷える場合は、靴用の使い捨てカイロを入れておくとだいぶ温かいです。足先が腫れてるままお風呂に入ると、痛くとてもかゆいです。腫れてるままで放置しておくと、どんどんひどくなってしまうので皮膚科に行くべきだと思います。もちろん手の指も腫れてると、とても行動がしにくいので薬を塗るべきです。やはり腫れてるままでは、毎日辛かったです。
今の時期はとても冷え性が辛い時期ですから、工夫して乗り切りましょう。

冷え症からくるしもやけについて

友人は昔から冷え性でした。特に手足の先が冷える、末端冷え性と呼ばれるもので、夏でも手足の先が氷のように冷たかったです。ところが、本人は手足が冷たいことに全く何も思わず、普通冷え性の人なら寒がりになるはずが、かなりの暑がりだったので、何も対処せずにいました。
しかし、真冬でも手袋をせずに手をそのままにしておき、冷たいまま放置していると、そのうち手や足の指がだんだん腫れてきたそうです。いつもより太さがかなり太くなり、腫れてる指は赤くなっていきました。そして、暖かい部屋に入ると、かなりの痒みを伴いました。腫れてるだけかと思っていたら、その後、関節を曲げた際に関節に沿って切れ目が入り、出血したそうです。指を動かすたびに、痛みと痒みがひどくなり、皮膚科に相談に行ったところ、しもやけとあかぎれの両方であると診断されました。

冷え性は、ただ単にその部分が冷えているというだけではありません。腫れたり切れたりして、日常生活に支障をきたすこともあります。そこで友人は、水分をしっかり摂り、運動を始めたり、お風呂にもしっかり入って体全体を温めたりするようになりました。また、しょうがやごぼうなどの、体を温める効果がある食物を積極的に摂取し、冷え性改善につとめました。

冷え症に勝つ生活

体をどんなに温めていても、足先や指先が冷えて仕方がないといった経験が多くの女性にはあるのではないでしょうか。
なぜ冷えに悩む女性が多いのでしょうか。それは女性が男性に比べて脂肪が多く、熱を作り出す為に必要な筋肉が少ないことが理由の一つです。実に7割近い女性が冷えを感じているそうです。
その他にもホルモンバランスの乱れや自律神経のバランスが崩れることも冷えの原因と言われています。
家事や育児、仕事のストレスから自立神経が乱れることで冷えに大きく関わる末梢神経へ影響を及ぼしてしまうのです。
そして冷え性を放っておくことで肩こりや体調不良につながり日常生活にも大きな影響を与えてしまいます。また足先や指先が赤みを帯びて腫れている状態のしもやけも冷え性が起こす症状の一つです。手足が腫れている状態を放置してしまうと、やがて重度の凍傷となり最悪手足を切断する事態となります。
そうなる前に、日頃から冷えを解消する生活を送ることが大切です。そこでまずは食事の見直しからしてみましょう。栄養をバランスよく摂取して、特にレンコン又は人参や生姜などの根菜類を多く取り入れて体を温める食事を摂ることお勧めします。また1日の終わりの入浴で仕事や家事の疲れを取り除きストレスフリーな生活を送ることも冷え性に勝つポイントです。

冷え性としもやけについて。

冷え性の方は足先や手の指先が冷え、しもやけのようになることがあります。
しもやけが悪化すると、かゆみや痛みをもち、腫れてる状態になることもあります。その腫れてるところは触りすぎないようにし、冷やしたりあたためたりして治るのを待つことが大事です。
他にも冷え性に付随する症状はたくさんあります。それらを改善するためにはいくつか方法があり、以下の通りです。
一つ目は筋肉をしっかりとつけることです。最近は痩せ型のモデルや俳優が増え、それを目標にして過度なダイエットや食事制限を行う人も増えており、本来必要な筋肉も落としてしまっていることがあります。筋肉は身体を動かすことだけでなく、身体のエネルギーを産生する、つまり身体をあたためる大変重要な場のひとつであることをより多くの人に認知してもらうことが大事です。
二つ目は首や手首、足首など重要な血管のある部位を動かすことです。特に身体の中の冷えている部分を動かし、血流の流れを促進することであたたかい血液を細部まで送り、身体をあたたかく保つことにつながります。自分で行うのが困難な場合は、マッサージサロンなどへ行ってみてはどうでしょうか。
三つ目は身体をしめつけない重ね着を心がけることです。血流を妨げることなく、熱が逃げない格好は冷え性改善に役立つでしょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
冷え性の他の体験談

様々な症状の体験談

  • 生理不順になった時は?病院で検査して原因を知っておこう

    生理不順・病院

    生理不順になった時は、ためらわず病院に行くと良い結果に繋がるかもしれません。私は十代の頃に生理が始まってから、毎月痛みやだるさが酷くとても嫌な思いをしていました。このため、十代後半で生理不順に陥ってしまった時は「むしろ楽になった」などと安易なことを考えてしまったくらいです。 しかし、母にそのことを漏らすと「恐ろしい婦人病が原因かもしれない。病院に行こう」と言われました。思春期真っ只中だったので抵…続きをみる
  • 油もので吐き気やゲップの症状に悩む

    吐き気・ゲップ

    物を食べた後に吐き気やゲップが起こることが多かったのですが、その症状は食べる物の種類にありました。 私は、若い頃から油っぽいものやお菓子が大好きでよく食べていたのですが、歳を重ねてもその食生活が変わることはありませんでした。気が付くとフライものやポテトチップスに手が伸びてしまい、常にお腹が満タンな状態に満足していたのです。 ただ、このような生活は胃腸にも負担が大きく、度々吐き気やゲップといった症…続きをみる
  • 禁煙パイポでタバコを止めようと頑張っています

    禁煙・パイポ

    私は結構なヘビースモーカーで、長年タバコを吸い続けてきました。しかし年を重ねるにつれて、体の事にも気を使った方が良いと考えるようになり、禁煙を決意しました。 最初は自分の意志で止めようと努力しましたが、これまでの習慣でなかなか止める事ができませんでした。そこでグッズに頼って禁煙してみる事にしました。最近使っているのが、禁煙パイポと言われる物です。 タバコを止められない原因の一つに、口の寂しさがあ…続きをみる
  • 暴飲暴食による原因で胃痛が発生した時の対処

    胃痛・対処

    ストレスなどが原因で一時暴飲暴食を行ってしまった時期がありました。最初は特に問題なかったのですがかなりの期間続ける事によって、胃痛が発生してしまいました。そこで胃痛を改善する為に色々と対処を実施していき、徐々に回復していく事ができた経験があります。 原因としてはストレスによる暴飲暴食だという事が分かっていたので、ストレス解消を行うように心がけました。空いている時間を利用して、好きな事を行ったりス…続きをみる
  • 腱鞘炎は英語でTendovaginitis

    腱鞘炎・英語

    私は英語を使ってよく海外SNSで遊んでいるのですが、ある時、腱鞘炎になってしまい「I have Tendovaginitis.」と伝えました。腱鞘炎は英語でTendobaginitisと書き、病気になったという場合の動詞はhaveを用います。SNSの友人から「I hope you get well.」(お大事に)というレスポンスが返ってきて、うれしかったですね。 私は仕事上パソコンを長時間操作し…続きをみる