冷え性の体験談

冷え性は何科を受診するのか

医師確認済み

冷え性の悪化が病気のサイン

冷え性が悪化したことに気づいたのは、一度鬱病になって回復してきた頃です。
それまでは家に籠ることも多く手先の冷えなどに気づく余裕がなかったのですが、身体を動かせるような状態になってきたところで、全身のむくみで睡眠を妨げられたり、肩こりが酷いなと感じ始めました。その原因は恐らく冷え性にあると思い、しかしその時点では、何科にかかればいいのかよくわかりませんでした。
やがてその冷え性と並行して、ほてりなども感じるようになり、頭や体は汗をかいているのに手先は芯から冷たいという状態になります。そこで精神科のお医者さんに相談したところ、冷え性は自律神経失調症からきているのではないかということがわかりました。
しかし冷え性は何科の医者でも原因を特定することはできないそう。何科に分類されるというはっきりした病気ではないからです。冷えは様々な病気によって悪化するもので、何科にかかればたちまち治るということでもありません。私の場合も冷え性は自律神経の回復に伴ってマシにはなりましたが、完全にとはいえません。ただ一つ言えるのは、体全体の筋肉や血のめぐりに関わる冷え性は体の状態のサインです。気になる症状があれば、何科でも構わないので受診した際に一緒に冷えのことも相談してみてはいかがでしょうか。

冷え性は何かを受診するのか

友達に、とても冷え性な人がいます。
冬の寒い日は、薄い靴下を履いてからタイツを履き、その上に厚手の靴下を履いていても、足先が冷たくなって痛みを感じるほどだそうです。暑い夏の日も、冷えるので、長袖を着て、しっかりと靴下を履いて、ジーンズを着用するそうです。
夜にお風呂に入ると、少し体があたたまりますが、すぐに冷えてしまうので、寝る頃には足が氷のような状態になってしまうと言っていました。寝る時に、足が冷たいと眠りにつくことができません。
普通の人であれば、布団に入っているうちに自然にあたたまり、眠ることができますが、彼女の場合は自分からあたたまることができあいそうで、寝るまでに長時間が必要になるそうです。
冷え性で悩んでいる彼女は、病院に行こうと思いましたが、何科を受診していいか、分からなかったそうです。そこで、何科に行けばいいのか調べると、内科や婦人科で診察してもらえることが分かりました。
すぐに病院に行くと、どこがどのように冷えるのかなどを確認して、血流を改善するように運動を取り入れるなどの指導を受けたそうです。冷え性は慢性的で、すぐに治るものではないらしいので、継続的に体を動かすことが重要になるそうです。

冷え性は何科にかかれば良いか?

冷えは万病の元、と言われています。女性に多いと言われている冷え性。手足などの末端が冷たい、というのはよく知られていますが、下半身や内蔵の冷えなどもあります。この冷えが原因となり、肩こりや頭痛、腰痛、腹痛、手足のしびれや不眠などの症状があらわれます。
冷え性の原因は、いくつか考えられます。自律神経の乱れ、食生活の乱れによる血液循環の悪化、女性ホルモンの乱れ、筋力の低下などが要因となります。
対処法としては、まず食生活の改善があります。加工食品の取りすぎ、冷たい食べ物や飲み物の取りすぎ、過度なダイエットなどは見直しましょう。服装は、体を締め付けるものをやめ、手首や足首を温めるようにします。しっかりと湯船に浸かる、筋力不足を解消するためにも運動やストレッチを心がける、などもあります。
自分で対処をしていてもなかなか改善しないというときは何科にかかれば良いのでしょうか。女性であれば婦人科、または内科にかかるとよいです。漢方を取り扱っている病院だと、症状や体調に合わせて漢方を処方してくれます。ですが、何科にかかっても、冷え性が直接治る薬はありません。あくまで体質改善の補助や手助けをするものなので、毎日の生活習慣を見直す必要があります。

冷え症で受診するなら何科?

冷え性とは、手や足が冷たく感じたり、冷えたような感覚が常にある状態の事で、女性を中心に悩まされています。
冷え性を改善するためには、栄養バランスのよい食事をしたり、適度な運動、マッサージや入浴など、生活面の見直しが大切ですが、これらを改善しても症状が良くならない場合は医療機関にかかることが必要です。冷え性は病気ではないと放置しておくと、加齢とともに様々な病気にかかるリスクが高まってしまいます。
医療機関にかかる場合は、何科を受診すればいいのか迷ってしまう人も少なくありません。冷え性の方は何科を受診したらよいのかというと、一般的には、内科や循環器科、婦人科といった診療科で治療を受けることができます。ただ、冷え性は西洋医学では病気とされていないため、医療機関によっては適切な診療が受けられない場合もあります。最近では冷え性専門に治療している施設や女性外来も増えてきているので、より適切な治療を受けられるようになってきました。病院では、貧血検査やホルモンバランスのチェック、甲状腺ホルモンの検査や血圧を調べ、症状にあった治療が行われます。
冷え性は漢方での考え方を重視した治療が適しているので、医療機関によっては、漢方薬を処方してくれるので、漢方による治療を得意としている病院を受診するとよいでしょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
冷え性の他の体験談

様々な症状の体験談

  • 生理不順になった時は?病院で検査して原因を知っておこう

    生理不順・病院

    生理不順になった時は、ためらわず病院に行くと良い結果に繋がるかもしれません。私は十代の頃に生理が始まってから、毎月痛みやだるさが酷くとても嫌な思いをしていました。このため、十代後半で生理不順に陥ってしまった時は「むしろ楽になった」などと安易なことを考えてしまったくらいです。 しかし、母にそのことを漏らすと「恐ろしい婦人病が原因かもしれない。病院に行こう」と言われました。思春期真っ只中だったので抵…続きをみる
  • 油もので吐き気やゲップの症状に悩む

    吐き気・ゲップ

    物を食べた後に吐き気やゲップが起こることが多かったのですが、その症状は食べる物の種類にありました。 私は、若い頃から油っぽいものやお菓子が大好きでよく食べていたのですが、歳を重ねてもその食生活が変わることはありませんでした。気が付くとフライものやポテトチップスに手が伸びてしまい、常にお腹が満タンな状態に満足していたのです。 ただ、このような生活は胃腸にも負担が大きく、度々吐き気やゲップといった症…続きをみる
  • 禁煙パイポでタバコを止めようと頑張っています

    禁煙・パイポ

    私は結構なヘビースモーカーで、長年タバコを吸い続けてきました。しかし年を重ねるにつれて、体の事にも気を使った方が良いと考えるようになり、禁煙を決意しました。 最初は自分の意志で止めようと努力しましたが、これまでの習慣でなかなか止める事ができませんでした。そこでグッズに頼って禁煙してみる事にしました。最近使っているのが、禁煙パイポと言われる物です。 タバコを止められない原因の一つに、口の寂しさがあ…続きをみる
  • 暴飲暴食による原因で胃痛が発生した時の対処

    胃痛・対処

    ストレスなどが原因で一時暴飲暴食を行ってしまった時期がありました。最初は特に問題なかったのですがかなりの期間続ける事によって、胃痛が発生してしまいました。そこで胃痛を改善する為に色々と対処を実施していき、徐々に回復していく事ができた経験があります。 原因としてはストレスによる暴飲暴食だという事が分かっていたので、ストレス解消を行うように心がけました。空いている時間を利用して、好きな事を行ったりス…続きをみる
  • 腱鞘炎は英語でTendovaginitis

    腱鞘炎・英語

    私は英語を使ってよく海外SNSで遊んでいるのですが、ある時、腱鞘炎になってしまい「I have Tendovaginitis.」と伝えました。腱鞘炎は英語でTendobaginitisと書き、病気になったという場合の動詞はhaveを用います。SNSの友人から「I hope you get well.」(お大事に)というレスポンスが返ってきて、うれしかったですね。 私は仕事上パソコンを長時間操作し…続きをみる