冷え性の体験談

冷え性でかゆい

医師確認済み

痒いより痛いほうがマシでした。

何年か前から、洋服を脱いで肌が外気に触れた途端に体の表面がたまらなくかゆいと感じる日々が続きました。夏よりも冬にその症状は頻繁に出ていました。かゆいので肌が傷になるほどに掻きむしってしまい、いつも家族に体が傷だらけだよと言われていました。かゆい辛さよりも痛みの方がまだ我慢できるため、痛くなるまでかくのです。
この症状が長年にわたり悩まされている冷え性と関係があるのではないかと思い、出来ることはなんでもやって体を芯から温めれば冷え性が改善されると信じ実行してきました。
まず、冷え性のくせに冷たいものを飲むのが好きでしたが、普段から温かいものを飲むように努めました。また、東洋医学で冷え性の体を温めるとされる食物を積極的にとりました。もち米、レンコン、かぼちゃ、ごまなど、手に入りやすい食物を食事に取り入れることは簡単でした。
また、お風呂の温度にも気を使いました。冷え性の人間は体の芯を温めることが大切なので、ぬるま湯にしっかり浸かることにしました。皮膚の表面を覆う油分を必要以上に熱いお湯によって取られることもなくなり、お風呂上がりにかゆいと感じることも無くなりました。風呂上がりすぐにかゆいと感じる前に部分にたっぷりと保湿剤をすりこむのも効果的です。
冷え性だからかゆいんだと気付けて良かったです。

ママ友の悩みの冷え性

ママ友にひどい冷え性の人がいます。
冬はもちろん、手足が冷たい状態だそうですが、夏でも冷たいままで、痛みを感じるほどだそうです。冷えがひどいと、痛みに加えてかゆい感じも加わり、大変つらいそうです。夏にエアコンの中に入ると、涼しいと多くの人は感じますが、ママ友は寒いと感じてしまうそうです。ですから、冬はタイツの上に厚手の靴下を重ね履きしてブーツを履くなど、冷えの対策をしています。夏でも、冷え症がひどいので、裸足にサンダルを履くなんてことはできず、常に靴下を履いています。それでも、痛みやかゆい症状が出るそうです。
さらにそのママ友は、冷え性で、足を出すファッションができません。冬はもちろん、夏でもレギンスなどを履いて、足を冷え性からガードしている状態です。かゆい症状は、自分では抑えられないみたいで、なるべく、肌を出さないように、冷やさないように気を付けているそうです。
外出先から帰って、暖房をつけて、あたたかくなることでも、かゆい状態になるそうで、冷え性によるかゆい感覚は寒いときだけではないようです。一年中冷え性のつらさがあるようで、服装を気を付けるなど、毎日が大変そうです。特に足先はしびれるようになるそうです。

冷え症としもやけ

冷え性は血流の悪さ、ストレス、運動不足など様々な原因によって引き起こされる症状で特に女性に多いものです。冬場はもちろん、クーラーのよくきいた夏場でも悩まされることがあります。
冷え性ではただ単に寒い、手足が冷えるといった症状だけではなく、しもやけが出来ることがあります。特に、子供の頃に出来やすく、手や足の指によく出来ます。しもやけは寒くなると指が腫れ、暖かくなると指がかゆいということに悩まされます。ひどい時は腫れすぎてひび割れになることもあります。寒いのは嫌だけれど暖かくなるとかゆいのが嫌という状態が辛くなります。春になり、完全に暖かくなると自然と治ります。ハンドクリームを塗ったり、血流が良くなるように指を動かしたりすることによってしもやけの悪化を防ぐこともできます。
冷え性はなかなか完全になくなるものではなく、日々のちょっとした行動により症状を改善していくことが大切です。デスクワークが多い方は通勤時だけでも歩く、ストレッチをするなど意識して取り入れていくと良いと思います。
冷え性改善には様々な情報が本、インターネットなどで公開されています。その中で試行錯誤し、自分に合った冷え性改善法を探していくことが大切です。

冷え性についての豆知識

冷えで悩んでいる人は多いと思われます。なかでも女性に冷え性という症状を持っている人が多いです。
冷え性とは、手足といった末端などが冷えて、その感覚が常に続いている症状のことをいいます。
特に女性の冷え性は、生理痛や肌荒れの原因にも繋がるといわれています。
女性に限らず、基礎体温が低いと新陳代謝が悪くなり太りやすくなります。また、睡眠障害にも繋がることから、十分な睡眠が取れず生活習慣病にかかる恐れもあります。
また、冷えと同時によくある症状が乾燥です。実は、乾燥と冷えは密接な関係性があり、肌が乾燥するかゆいという症状は、体にめぐる熱のバランスが乱れているためです。体の冷えが原因で肌の乾燥も現れるのです。お風呂に入って体がかゆいといったことはないでしょうか。これは体が温まって血行の流れが施されたためであり、冷え症の人はとにかく血液の流れが悪いためです。
改善としてはまず体の中から変えていくことです。体にとって温まる食材としてしょうががいいというのは知られていますが、根菜類は体の血液を綺麗にしてくれる食べ物であるため冷えにも効果的です。他にもツボや服装でも改善策はたくさんあります。冷えを改善して健康的な生活を送りましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
冷え性の他の体験談

様々な症状の体験談

  • 咳による胸の痛み 〜 医師が解説 〜

    咳・お腹の痛み

    ひどい風邪を引くと、咳が出てきてとまらないことがあります。咳をする癖ができてしまうようで、気管支が狭くなったりして空気の出入りが悪くなって、悪循環になるのでしょうか。 咳が続くと、下手したら寝ている間もゴホゴホと出ます。軽いものならいいのですが、ひどいばあいだとその都度からだが起き上がるくらいの勢いで出ます。空気が激しく出入りするため、のども痛くなり、声も出なくなるし、肋骨というか胸のあたりが…続きをみる
  • 胃痛と便秘に悩まされる 〜医師が解説〜

    胃痛・便秘

    便が出にくくなるとお腹が痛くなることがありますが、数日の便秘は腸のみならず胃痛を引き起こすことがありました。 毎日きちんと排便されていれば日常生活は普通に送れますが、便が正常に出なくなったり固い状態になってくると頭痛になったり、倦怠感が生じるようになってきたことがあります。毎日規則正しく排便するには、繊維質の物を多く取ったり、水を多めに飲むことで便が出やすくなります。 薬を飲む場合は腹痛を起…続きをみる
  • 咳のしすぎで腹筋が痛い 〜 医師が解説 〜

    腹痛

    咳をするとおもいっきり腹に痛みが走ることがあります。まず反射的にコショウなど体内への異物を防ぐためにするものと、免疫的な機能で細菌や花粉などの異物を防ぐためにするものがあることを覚えておきましょう。 いずれも内臓への侵入を防ぐために腹筋を動かし空気を押し出すので、そのたびに腹筋がよく使われます。あまりにも連続で咳をすると腹筋が酷使され、筋肉痛が出てくるのはそのためです。筋肉痛は主に血行が悪化し…続きをみる
  • 咳のしすぎで腹筋が痛い 〜 医師が解説 〜

    咳・腹筋

    咳をするとおもいっきり腹に痛みが走ることがあります。まず反射的にコショウなど体内への異物を防ぐためにするものと、免疫的な機能で細菌や花粉などの異物を防ぐためにするものがあることを覚えておきましょう。 いずれも内臓への侵入を防ぐために腹筋を動かし空気を押し出すので、そのたびに腹筋がよく使われます。あまりにも連続で咳をすると腹筋が酷使され、筋肉痛が出てくるのはそのためです。筋肉痛は主に血行が悪化し…続きをみる
  • 咳で血の味がする 〜 医師が解説 〜

    咳・血の味

    風邪を引くといつも長引いて1ヶ月以上激しい咳が続くケースもありましたが、アレルギー体質だからといつも諦めていました。 いつも通り、風邪を引いて咳が長引いているなと思っていたらなんだか血の味を感じるようになって食欲も湧かず、たまたま痰に血が混じっているのをみて急いで受診しました。 問診で血の味がすると申告すると肺の病気を疑われ、レントゲンなどを受けました。肺ガンかもしれないと覚悟したほどです。…続きをみる