冷え性の基礎情報

医師監修

冷え性の症状

冷え性の症状は、手足をはじめとする身体にの冷えを感じます。男性よりも女性のほうが冷えを感じやすいです。
冷えを感じることで、別の箇所に症状を感じます。

≪冷えによって起こる症状≫
・寝つきや寝起きが悪くなる
・体がだるくスッキリしない
頭痛
肌荒れ
生理痛
生理不順
肩こり

また、冷えが現れる場所によって症状が多少異なります。
●末端冷え性
 →手や足の先まで血液がめぐらない。
  手先が冷えて眠れないことがあります。

●下半身型冷え症
 →風邪を繰り返す

●内蔵型冷え症
 →厚着をしても身体が冷える。
 →便秘

下半身型冷え症と内蔵型冷え症は、手足は温かいため自覚症状があらわれにくいです。症状に気が付きにくいのです。放置してしまうと、内臓が冷えてしまい膀胱炎や胃腸障害などを起こす可能性があります。

■冷え性だと妊娠確率が低くなるのは本当?
冷え性の女性は多くなってきています。冷たいものを多く食べたり、クーラーがきいている部屋にいることが多かったり、運動をする時間がないと、冷え性につながってしまいます。しかし、妊娠しやすい体を作るためには、まず冷え性を直すことが大切なのです。血行が悪くなることで、卵巣に酸素や栄養が十分に届かなくなる状態が起こります。その結果、卵巣機能の低下につながってしまいます。妊娠したくても卵巣がきちんと働いてくれなければ、妊娠確率が低くなるのは当然です。ですから、妊娠を希望されている方はもちろんのこと、女性は体を温める習慣を身につけることが大切です。お風呂にゆっくりつかったり、食材に気を付けることから始めてみてはいかがでしょうか。

■冷え性が原因の頻尿について
膀胱の筋肉、尿道括約筋は加齢によって緩んできます。女性の膀胱はもともと男性よりも小さく、すぐに尿意をもよおしてしまいますが、筋肉が緩くなるせいでトイレに行く回数が増えてしまうことになります。冷え性の場合には全身の血流が悪いせいで、お尻や下腹部、太ももの筋肉が緊張して凝りやすくなり、筋肉が緩く、膀胱が緊張してしまい頻尿の症状を引き起こすことになります。腸の機能が低下してしまうせいで腸につまった便が膀胱や骨盤を圧迫してしまうことも頻尿の原因です。冬の気温の低さも夏のクーラーのかけすぎも体内温度を下げてしまい、冷えの原因になります。冷えは頻尿の最大の原因です。ホルモンバランスが崩れることで尿をつくる腎臓の機能が低下し、寝ている間に抗利尿ホルモンが分泌されづらくなることは夜間頻尿の原因になります。

■実は危険な若い男性の冷え性
冷え症は女性特有の症状であり、男性には関係がないと思っている人が少なくありません。確かに男性は女性よりも筋肉量が多く熱エネルギーを作りやすい体質のため、冷え症を発症する可能性は低いのですが、あくまで可能性が低いだけであり、確実に発症しないわけではないのです。事実、テクノロジーが発達した現代では仕事でもプライベートでも体を動かす機会が減っており、男性でも筋肉量が少なくなり、冷え症になりやすい体になっている人もいます。冷え症になると動脈硬化や心機能低下といった症状を引き起こしたり、アレルギー症状や喘息を悪化させる危険が出てくる他、子供を作りづらくなるなどの不調が出る可能性があります。特に現代テクノロジーの恩恵をダイレクトに受けている若い世代の男性は冷え症にかかる危険性も高いため、体の冷えにも注意を払う必要があるでしょう。

冷え性の原因

冷え症の原因は普段の食生活にあるといえます。
・乱れた食生活をしている
・好きなものばかり食べている
・無理なダイエットをして食事を抜いている

このような食生活は、冷え性の原因となります。

体温を維持するために欠かせないのが、ミネラルとビタミンです。人間は、基礎体温が1度下がると、免疫力も低下していくと言われています。そのため、それらが不足すると体温が上がらず基礎体温が下がり、冷え症になってしまうのです。

また断食ダイエット、一食置き換えダイエットなど、無理のないように見えるダイエットも冷え症の原因としてあげられます。

他にも冷え性の原因と考えられるものがあります。
・エアコンの効いた部屋に長時間いる
・季節に適さない薄着
・運動不足や筋力の低下


エアコンの効いた部屋にいすぎると、自分で体温の調節をする自律神経がうまく機能しなくなります。それにより身体のあらゆるところに不調が出ることも。

■取り過ぎ厳禁!砂糖が冷え性の原因となる
女性に多い冷え症ですが、冷えの症状は様々な要因が重なって出てきます。中でも見落としがちなのが、砂糖を摂取することによって冷え症が悪化してしまうということです。身体を冷やしてしまう食べ物というのは多く存在していて、食べ物自体が冷たいものでなくても、身体を冷やしてしまうことがあるのです。その中の一つが砂糖です。ただし、黒砂糖やオリゴ糖などは身体を温める作用があります。身体を冷やしてしまうのは白砂糖ですので、甘い物を食べる際には成分表をよく読み、甘味料として何が使われているのかを確認するようにしましょう。一番よくないのは、アイスクリームやパフェなど、白砂糖を使った冷たい食べ物です。気を付けるようにしましょう。

■女性ホルモン乱れが冷え性を引き起こす
冷え症の原因には幾つかの原因がありますが、女性ホルモンの乱れも原因の1つです。生理前や過剰なストレスを感じた時などに、女性ホルモンの乱れが起こります。エストロゲン、プロゲステロンという2つの女性ホルモンの分泌が低下したり、バランスが崩れたりすることで、自律神経の働きが低下します。自律神経の乱れは、頭痛や腹痛などの不調を引き起こすほか、血流の悪化にもつながります。手足の隅々までスムーズに血液が循環しないことで、冷え症が生じるのです。また、きつい冷房や薄手の服など、身体を冷やしやすい環境は、より冷え症を促進します。冷え症の改善には適度な運動や温かい飲食物、規則正しい生活習慣、身体を冷やさないようにする配慮などが必要です。

自律神経失調症について詳しく見る

■筋肉量低下が冷え性の原因に
冷え性の一因として、筋肉量の低下があげられます。そもそも女性は男性と比べて筋肉量が少ないため、基礎代謝が低くなりがちです。筋肉量が落ちると、生命や体を維持する基礎代謝が低くなり、熱を生産する力が衰え体温が低くなり、その結果冷え性になります。
対策として、筋肉量を増やす運動を日々の生活に取り入れるという方法があります。激しい運動ではなくても、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動は体への負担が少なく安全で続けやすいので、日々の通勤や通学の時に意識して歩くようにすると、代謝アップの効果が得られます。エクササイズやストレッチ以外にも、掃除や洗濯物を干すといういつもの家事でも、背中や太ももの筋肉を使うため、意識すると代謝もアップし、冷え性への対策になります。

■放っておくと危険!その冷え性病気が原因かも?
・毛細血管の動脈硬化
冷えの原因は毛細血管の動脈硬化の可能性があります。コレステロールや中性脂肪の数値が高い人は注意が必要なので、早急に生活習慣の改善しなければいけません。
・自律神経の乱れ
自律神経の乱れもから、冷え性になる場合があります。自律神経の乱れの元には、うつ病自律神経失調症がある場合があります。足腰の冷えが異常だったり、夜眠れない、食欲がない、気分の落ち込みがひどいなどの症状があったりする場合には、精神科などの専門の科に相談に行くといいでしょう。
・その他
他にも、冷えは糖尿病貧血などのサインでもあります。心当たりがある場合には、医療機関で検査してもらった方がいいでしょう。冷えは自然治癒力や免疫力を低下させてしまうため、風邪をひきやすかったり、感染性の病気になりやすくなります。冷やした飲み物などは避け、常温のものや温かいものを飲むようにするのがおすすめです。

冷え性の予防/治療法

意識して生活習慣を変えることで、冷え症を防ぐことができます。

・ミネラルやビタミンの豊富な食事を心がける
ミネラルやビタミンを多く含む食材としては「牡蠣」がありますが、年中入手できるものではないので、サプリメントを摂取するのも予防策になります。

・甘いものを控える
糖分には体を冷やす作用があるので、過剰摂取を続けると体内を冷やしてしまいます。

・冷たい飲み物を飲み過ぎない
暑い時、冷たい飲み物は身体を冷やしてくれますが、体を冷やすという事は冷え症に繋がります。出来る限り、常温で飲むようにしましょう。

・運動をする
運動は、血液の循環を良くし体全体を温めてくれる効果があるります。積極的に体を動かして体を温めましょう。ウォーキングや軽いスクワットを続けるだけでも十分効果が出ます。

・湯船につかる
ついシャワーで済ませてしまいがちですが、体を手っ取り早く温めるなら湯船につかるのが一番です。新陳代謝があがるので、血液の循環も良くなり冷え症予防の効果があります。

・冷え性に効く食事
冷え性対策には、体を温める効果がある物を中心に食べるといいでしょう。体を温める効果のある食べ物ですが、まず土に埋まって育つ根菜が身体を温めます。例えば、ジャガイモ、生姜、れんこん、大根などです。また寒い地域や季節にとれる食材や塩辛さを感じる味噌、醤油、自然塩などの調味料も体を温める効果があります。どの食材も、焼く、煮る、炒めるなど温めたり、塩辛さを感じる調味料で味付けをしたりすることで、一層、体を温める効果が期待できます。

冷え性に知っておきたいツボ


冷え性に効くといわれる4つのツボ、
1:三陰交(さんいんこう)【脾】
2:太谿(たいけい)【腎】
3:太衝(たいしょう)【肝】
4:関元(かんげん)【任】
について、動画でご紹介します。


関連記事:

【東洋医学のツボコラム】《自宅で簡単》今すぐやってみよう!冷え性に効く4つのツボ
 

■漢方が効く冷え性
冷え性を放置していると、さまざまな疾患を招く恐れがあるので、早めの対策を取るのがおすすめです。対策として漢方薬を服用するケースは多く見受けられますが、冷え性の症状に合わせて選ぶことが重要です。なぜなら、手足の指先など末端が冷える症状もあれば、全体的に体温が低い場合もあるからです。季節によって症状が変わる場合もありますので、日頃から冷えや体温についてチェックしておくことが大切です。漢方薬を選ぶ場合には、それぞれの症状の特徴を見極めることが求められます。また、ホルモンバランスが乱れたために、冷え性を発症するケースも見受けられます。購入する場合には、ホルモンバランスの乱れを整える漢方薬を重点的に探して選ぶことが大事です。

■漢方の種類と、その保険適用
手足や全身に冷えがある場合、新陳代謝が低下し血行が悪くなっていることが多く、冷えに伴い疲れやすさやだるさを感じたり、風邪をひきやすくなったりすることがあります。漢方薬には、胃腸の機能を改善し、新陳代謝を促したり、体を温めて血行をよくする効果を持つものなど多くの種類があり、体質に合わせた漢方薬が冷えの対策に有効とされています。
漢方薬には保険適用のものと保険適用外のものがありますが、日本では多くの種類の漢方エキス製剤(漢方の成分を抽出し、カプセルや錠剤にしたもの)が保険適用になっており、冷え性に有効とされる漢方も保険の適用の対象になっています。ただし、一般の薬局や自由診療で漢方を処方する一部の医院などでは保険適用外の場合もあるため、漢方医療を受ける際にはあらかじめ確認をする必要があります。

■女性におすすめの漢方
冷え性で悩んでいる女性は多いと思いますが、改善するには漢方薬を飲むという方法があります。漢方薬にはさまざまな効能を持ったものがあります。特に女性の体質に作用しやすいものを選ぶことによって、女性特有の疾患を緩和することができます。
冷え性対策や、体の冷えを改善する漢方薬の中で、女性特有の冷えの症状に効果が高い漢方薬は、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)です。当帰芍薬散は、女性の体の不調全般に働きかける効能があり、体に水分をため込みやすい体質を改善してくれます。体の水分代謝が悪いと血行が悪くなり、冷え性の原因となってしまいます。当帰芍薬散で体内の水分代謝を正常な状態に戻すことで、自然と冷え性が改善されるのです。

■冷え性に効果的なツボ・三陰交
冬場は手足がずっと冷たく体の芯から冷え切ってしまったり、夏場は冷房の効きすぎた環境でお腹や腰が冷え切ってしまったりするという悩みがある人は多いでしょう。そこで、冷え性に効くツボをご紹介します。それは「三陰交」といい、特に女性にとって大切なツボです。冷え性をはじめ、生理痛、生理不順、むくみなどに効きます。よりツボ押しの効果を上げるためには、体を温めることが大事なので、お風呂に入りながらやお風呂上りなどがおすすめです。ツボの場所は、くるぶしの一番上から指4本分上(8~9cm)、太い骨とやわらかい肉の境目にあり、押すと軽い痛みを感じる所です。押し方は、左右の親指を重ね、少し痛いくらいに押します。息を吐きながら10秒押し、吸いながら10秒離すことを左右数回繰り返します。

■夏の冷え性の原因と対策
夏の冷え症の原因は、設定温度が低すぎる冷房とそれに伴う自律神経の乱れです。ですから、冷房の温度を低く設定しないことが最善策で、できれば室内に入った時に寒くないと感じる25℃以上の温度で設定しましょう。ただ、オフィスなど自分の都合で温度設定できない場合は服装を工夫して対策するしかありません。特に女性は基礎体温が低く、熱の生産も筋肉組織が少ないのでうまくできません。体の中心部はそれほど冷えないのですが、手足の先が冷えやすいので末端部分を中心にケアします。足は冬用の靴下を履いても丁度良いくらいですし、手はパソコンを触るのであれば指先が開いた手袋が効果的です。そして、カーディガンを一枚椅子に引っかけておくと状況に合わせて着脱できるので便利です。

■人気の冷え性対策グッズをご紹介
冷え性はとにかく温めることが最優先になります。体を冷やさないための冷え性対策グッズで人気があるのはダントツで靴下です。重ね履きをしたり、シルクの靴下や5本指ソックスを履いたり、気圧をかけたりサポータータイプだったりと様々な種類が販売されています。足は心臓へ戻る血管があるため、血行が悪いと冷えが生じるのです。また、温感スリッパにや湯たんぽ、2つをあわせたフットウオーマー型湯たんぽ、足湯用のバケツ、足温器などが人気の冷え性対策グッズになります。他にもサプリメントを利用して体質改善したり、しょうが紅茶、しょうが味噌汁、酵素ドリンクなどもおいしくて便利です
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加