薄毛は飲酒で進行する!? 気になる髪の毛とアルコールの関係性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
執筆者画像

監修:Doctors Me 医師

お酒は飲み過ぎると体に良くないとは言いますが、やはり薄毛にも悪影響を与えるのでしょうか?

ですがお酒が毎日の習慣になっているという人もいるでしょうし、なかなかスパッと切り離すのも難しいですよね。

はたして薄毛とアルコールはどのように関係しているのでしょうか。

要チェック項目


□飲酒によって睡眠の質が下がったり栄養が足りなくなると薄毛が進行する
□お酒は薄毛の原因であるDHTを増加させてしまう!?
□適度に飲酒をすれば薄毛にいい影響も

飲酒後の質の悪い眠りは薄毛の要因に

お酒を飲むと、脳の中にもアルコール分が移行し、脳の覚醒レベルを下げてしまうため眠気が発生するのです。

また、お酒によって、熟眠が妨げられます。すると質の良い睡眠がとれなくなるのです。

そうすると髪の毛を成長させるための成長ホルモンが出なくなるため、薄毛が進行してしまいます。

お酒の糖分も薄毛を引き起こす

またお酒の中に含まれている糖分も薄毛にとっては厄介です。糖分を代謝するためにはビタミンBが必要なのですが、このビタミンBが多量に使われて不足気味になってしまうと、今度は皮脂の分泌が過剰になってしまいます。

糖分自体は炭水化物などにも含まれていますし、体の貴重なエネルギー源です。しかしエネルギーとして使われなかった分は中性脂肪として蓄えられたり、皮脂になって体の外に排出されてしまうのです。

過剰な皮脂が分泌されてしまうと、毛穴詰まりや頭皮の炎症を引き起こしてしまい、薄毛を進行させてしまいます。最近では糖質オフのお酒も増えてきましたが、やはり飲み過ぎには注意しましょう。

飲酒による亜鉛・アミノ酸不足も薄毛を進行させる

また糖分だけでなく、アルコールの分解にも多量のエネルギーが使われてしまいます。

アルコールは肝臓で分解され、アセトアルデヒドとなるのですが、実はこの物質は毒性を持っており、そのままにしておくと肝臓へ大きな負担がかかります。

そこで体内の酵素によって最終的には無毒な酢酸へと分解されるのですが、やはり毒性のものを無毒にするには多量のエネルギーが必要です。中でも特に消費が大きく、薄毛にも関わってくるのが亜鉛とアミノ酸の2つですね。

亜鉛


髪の毛は皮膚や筋肉と同じようにたんぱく質によって構成されています。特に髪の毛の場合はケラチンというたんぱく質が髪にとっては非常に重要なのですが、亜鉛にはそのケラチンを合成する働きがあります。

つまり飲酒によって亜鉛が不足してしまうと、髪の毛がうまく構成されず、新しい髪の毛が生えにくくなってしまうのです。

アミノ酸


ケラチンは十種類以上のアミノ酸からできており、これらが不足するとケラチンの生成に支障をきたします。

そのため、飲酒によってアミノ酸が不足してしまっても、やはり新しい髪の毛がうまく構成されなくなってしまうのです。

薄毛の原因であるDHTを増加させてしまうことも

また飲酒によって薄毛の原因となるジヒドロテストステロン(以下DHT)が増加してしまうという一面もあります。テストステロンは精巣内で分泌され、男性機能を正常に保つためには重要なホルモンです。

しかし加齢などによってどうしてもその分泌量が減ってしまうのですが、そうするとその減った分を補うためにDHTが増加してしまいます。

テストステロンは精巣内で分泌されますが、代謝は肝臓内で行われます。しかし飲酒などで肝臓に負担がかっていると、

さらにアルコールを分解する酵素というのは、実は肝臓だけでなく精巣内にもわずかに存在しています。

つまり肝臓で分解されきれなかったアルコールが精巣まで回ってきてしまうと、やはり精巣の負担が増えテストステロンの分泌が減少。そしてまたDHTの増加へとつながっていってしまうことも。

適度な飲酒なら薄毛にいい影響を与える

と、ここまで飲酒が薄毛に与える影響というものを紹介してきましたが、逆に飲酒を適度に抑えておけば薄毛に良い効果だってあるのです。

適度に飲酒をすればストレスの軽減効果にも期待ができますし、さらに最近の研究ではビールに含まれるホップが女性ホルモンと類似した物質であるフィストロゲンが、

薄毛対策になるのではとも言われはじめているようです。

ただしこちらはまだ研究段階であるため、薄毛の治療に利用するにはまだまだ医学的根拠が薄いですが…。しかしこれからに期待できる効果も持っているというのは見逃せませんね。

では適量とはいったいどれくらいなのでしょうか。厚生労働省が打ち出している「健康日本21」によると、1日の純アルコール量が20gのアルコールなら程よくいい影響が出るとのこと。

純アルコール量は「お酒の量×度数×0.008」で計算されます。つまり単純な計算で、度数5%のビールなら、500mlでちょうど純アルコール量が20gになりますね。

(500×5×0.008=20g ※度数の数値表記はそのまま計算に使用する)

この適量の目安は一般的な健康状態に対する数値であり、薄毛に全く影響がない数値と明確に言い切れるわけではありませんが、一つの目安にはなるでしょう。

薄毛の人でもほどほどにすればOK

過度な飲酒は薄毛を進行させてしまいます。何事もほどほどが大事ということですね。

ですがうまく付き合えば、ストレス解消などのいい影響もみられますので、決して飲酒が厳禁というわけではありません。

(監修:Doctors Me 医師)
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するコンテンツ

薄毛について