薄毛に関する薬

薬剤師監修

薄毛の薬の上手な選び方・使い方

現在薄毛に悩む人の数はとても増えています。いきなり医療機関を訪問し、薄毛の対策をするということに抵抗のある方もいるかもしれません。まずは薬用シャンプーで頭皮マッサージをし、生活リズム改善など頭皮環境の良化に努めてみてください。そうすることで髪に対する意識が高まり、医療機関への診療のハードルがさがってくることがあります。そして薬を使用する場合は、自身の薄毛の症状に適合した薬を選択することが何より大切です。細く短い髪の脱毛が急激に増えてきたというタイプの人は、毛髪を作り出す為の正常な育毛サイクルが崩れてしまっている可能性があります。これはホルモンの働きが過剰になってしまった為に、発毛が阻害され、脱毛を引き起こしていると考えられます。このような場合にはホルモンの分泌、働きを抑制する薬を用いると効果が期待できます。一方、以前より少々抜け毛、薄毛が気になり始めたという初期薄毛のタイプの人は、頭皮の血流を増大させることで、頭全体に栄養分を循環させる効果が期待できる薬を用いることで症状が軽減されることがあります。薬はドラッグストアで入手できるものから、医師の処方のもとに使用することになるものなど多岐に渡っています。綿密な問診のもとに自身の薄毛に適合した薬を選択することが重要です。また男女で使用できる薬剤に制限があったり、妊婦が触ると悪影響を及ぼす薬などもありますので知識を持つことも大切です。

薄毛の薬の副作用と注意点

薄毛の薬は副作用を起こすことがありますので注意が必要です。まず体内の過剰なホルモンの分泌と作用によって、発毛が阻害され、脱毛を引き起こしているタイプの薄毛に用いられる薬の副作用としては、性欲低下や勃起不全の他、乳房肥大といった女性化の症状が起きることがあります。これは薬がホルモンに作用することから生じる副作用ですので特に注意が必要です。一方頭皮の血流の改善により、頭全体に栄養を行き渡らせることで毛母細胞や毛乳頭細胞の働きを正常に戻し、発毛を促進し、薄毛の対策を試みるタイプの薬の副作用としては、頭皮のかゆみ、かぶれといった接触皮膚炎の他、にきび肌荒れ、じんましん、など皮膚のトラブルが挙げられます。このような重篤な副作用を起こさない為にも、適切な医療機関等で医師の判断のもとで薬を使用することが大切です。また薬剤が安価だからといって認可の下りていない海外の薬剤を個人輸入するようなことは、健康を害す可能性があり、望ましくありません。国内のジェネリック医薬品を用い、適価で治療を進めることもできます。また薄毛に用いられる薬は保険の適用外で、自由診療になりますが、適切な医療機関であれば、薬価の値段を抑えられます。育毛の効果が出始める時期は個々人の頭皮の状況、年齢などによっても変わってきますので、薄毛を改善し、発毛、育毛に当たってどのくらいの費用がかかるのか長期的な計画を立てることが大切です。

薄毛の薬の飲み合わせ

薄毛に使われる薬の飲みわせは注意が必要です。まず体内で働く過剰なホルモンの分泌、作用の抑制によって正常な育毛のサイクルの回復を目的とした薬の飲みわせについての危険は比較的軽微です。薬の認可を行う場合、その前段階で臨床試験が実施されます。その臨床試験において、複数の薬との同時服用を試した結果、薬物相互作用に大きな問題は起きていません。したがって薬の飲みあわせについての影響は軽微です。しかし、薬剤を複数摂取することは体に負担がかかる可能性がゼロではありませんので、時間をずらして飲む、作用時間を逆算するといった工夫は必要です。また多くの薬がそうであるようにアルコールと一緒に摂取することで、肝臓に過度に負担がかかり、機能障害の危険があります。一方で、頭皮の血管を拡張し、血流を増大させることで薄毛の対策をするタイプの薬は、飲みあわせについて特に注意が必要です。この薬は、血管を拡張し、血流を増大させることから、低血圧症状を引き起こすので、血圧を下げる効果のある降圧剤と併用することで、低血圧症状が増強され、意識混濁等を引き起こす可能性があります。また個人間での薬の使い回しや譲渡は、過去の病歴の違いもあり大変危険です。さらにお茶に含まれるカテキン、コーヒーに含まれるカフェインが薬剤の正常な働きを阻害してしまうことがありますので、水またはお湯で服用するように心掛けましょう。
  • 薬は効果をしっかりと引き出しながら、できるだけ副作用を抑えることが大切です。使用法・用量、飲み合わせに十分注意し服用してください
  • 専門家の皆様へ。薬の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

薄毛に関する薬一覧