腰痛に関する薬

薬剤師監修

腰痛の薬の上手な選び方・使い方

腰痛の薬は、患部を長い間冷やしたり暖めたい場合に向いている貼り薬、量を調節しやすく、皮膚に早く吸収される塗り薬、解熱剤や頭痛薬としても使える飲み薬があります。痛い範囲が広く、剥がれないように上手く貼れるのであれば貼り薬を、貼ることが難しかったり、皮膚が弱く貼り薬に負けてしまう場合は塗り薬や飲み薬を検討すると良いでしょう。飲み薬は、一般的な解熱剤がそのまま使えます。

痛みを取る成分として、古くからある消炎鎮痛剤のサリチル酸メチルやアスピリン、アセトアミノフェンがあります。それ以外には、比較的新しいインドメタシン、ロキソプロフェン、フェルビナクなどがあります。新しいものは医療用医薬品と同じ成分ですので、病院の薬と同じ成分を使いたい、という場合には、後半の成分が含まれた製品を探してみてください。ただし、一部の成分は購入時に薬剤師の指導が必要な場合があります。

そのほか、冷感が欲しい場合にはメントールやユーカリ油、テレビン油が使われた冷感タイプを、暖めたい場合にはトウガラシエキスの入った温感タイプを探してみてください。

痛みが先立ってついつい忘れがちなのが、腰痛の薬にありがちな臭いです。仕事や外出で臭いを気にしなければいけない場合は、貼り薬や塗り薬であれば無臭タイプを選ぶか、飲み薬で対応しましょう。

腰痛の薬の副作用と注意点

腰痛の薬を使用する前に、まずはこれまで薬に対してアレルギーがなかったかどうかを確認してください。アレルギーがある場合には、使用前に医師の診察、指示を仰いでください。これは、腰痛の薬のほとんどが属している「非ステロイド系消炎鎮痛剤」には、「アスピリン喘息」と呼ばれる副作用があり、この系統の薬すべてで、同じようなアレルギー反応を起こす可能性があるからです。また、妊娠中、あるいは妊娠の可能性のある方は、インドメタシン、ロキソプロフェン、フェルビナクなどの医療用医薬品と同じ成分を避けてください。これらの成分が、胎児に悪影響を及ぼす可能性があります。

そのほか、貼り薬や塗り薬といった外用薬では、皮膚が弱い人の場合、使用した部分が赤くなったり、痒みが生じたりします。これらが生じる場合には、貼り薬を塗り薬にしてみる、別の有効成分を試すなどするなど工夫してみてください。それ以外には、外用薬特有の副作用はありません。

飲み薬の場合は、一般的な鎮痛剤と同じく、胃痛や胸焼け、眠気と言った副作用が発生します。胃痛や胸焼けは出来るだけ食後に服用すること、食事が取れない場合は多めの水で服用することを心がけましょう。眠気については、運転や機械操作などが必要な場合は、外用薬を使う、あるいは眠くならないと説明のある薬を選びましょう。

最後に、副作用の確率を減らすため、いずれの薬も長い期間使い続けることは避けましょう。

腰痛の薬の飲み合わせ

外用薬は、特に飲み合わせの悪い薬はありません。これは、有効成分のほとんどが貼った部分にしか作用しないからです。但し、アレルギーは起きてしまいますので、アレルギーのある方は、外用薬であっても安易に使用しない方が良いでしょう。

飲み薬については、抗血栓薬のワルファリン、リウマチや白血病の薬、気分を落ち着かせるリチウム剤の作用を増強してしまう恐れがあります。一部の抗生物質(キノロン系)はけいれんの副作用がありますが、この副作用の発生率を上げてしまう場合もあるため、注意が必要です。また、血圧を下げる降圧薬や、一部の利尿薬の作用を弱めてしまう場合もあります。血圧が上昇したり、腎臓に負担がかかってしまう可能性がありますので、これらの薬を服用されている方は、あらかじめ医師と相談してください。

これ以外にも、有効成分以外に配合された成分が、他の薬と影響し合う可能性があります。ここに書かれた種類の薬を服用していない場合でも、腰痛の薬を服用する前には説明書をよく読み、指示に従ってください。

いずれの薬であっても、アルコールとの併用は望ましくありません。胃痛などの消化器系の副作用が現れやすくなり、また肝臓にも大きな負担がかかってしまいます。アルコールは控えめにしましょう。
  • 薬は効果をしっかりと引き出しながら、できるだけ副作用を抑えることが大切です。使用法・用量、飲み合わせに十分注意し服用してください
  • 専門家の皆様へ。薬の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

腰痛に関する薬一覧