肉体的・精神的な問題が?性行為の時に濡れない原因

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
執筆者画像

監修:Doctors Me 医師

セックスの時に、濡れないという悩みをお持ちの女性は意外と多いようです。相手との相性や、気分的なものもあることもありますが、そうでなくても濡れないということはありませんか?いつもと同じセックスでも濡れるときと、濡れないときがあるとお感じの方は意外と多いのではないでしょうか。

そんな女性のお悩みについて医師に、詳しく解説してもらいました。

■ 肉体的な問題がある場合

1. 女性側の体質によるもの

例えば、閉経を迎えると女性はホルモンの関係で濡れにくくなります。また、月経周期のどの時期に当たるかでも、濡れやすさは変わってきます。生まれつきの体質によって、なかなか濡れにくい方もいらっしゃるようです。

2. 身体的な疲れによるもの
純粋にとても疲れていたり、眠気が強かったりすると、セックスよりも休息を必要としていて、集中できないことがあります。

■ 精神的な問題がある場合

3. 悩みやストレスによるもの
仕事やプライベートで問題を抱えている場合、そのことが気がかりで濡れにくくなることがあります。

4. 緊張によるもの
パートナーとの付き合いが短い場合や、性交渉の経験があまり多くない場合などに見られるようです。この場合は、時間がたてばきちんと濡れるようになることが多いようですね。

5. 感じない
性的な興奮があまりない、俗にいう「感じていない」場合にも濡れないという悩みは出てきます。これは、誰しも経験のあることかと思うので、一番想像しやすいかと思います。これは、パートナーの愛撫の仕方が強すぎたり、ポイントを外してしまっている場合もありますし、愛撫を女性側がセックスの経験が多くなく、性感が未開発であるときにも起こりやすいようです。こういったときは相手を傷つけないように、そっと「こうしてほしい」ということをパートナーにささやいたり、手を誘導してみるなどするとよいかもしれません。

【医師からのアドバイス】

性行為の際に濡れないというのは、どうしても相手にうしろめたさを感じたり、気まずい空気が流れてしまったりしがちです。しかし、原因は色々あってどちらかが悪いなどということではありませんから、必要に応じて潤滑剤やラブローションなどを使って、充実したセックスライフを楽しみたいですね。

あなたの避妊方法の"安全性"は?
【避妊安全度】チェック

  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するコンテンツ

性交痛について