医療・健康領域の専門家によるヘルスケアメディア、QAサイト 【Doctors Me(ドクターズミー)】

睡眠時無呼吸症候群(SAS)すいみんじむこきゅうしょうこうぐん(SAS)

カテゴリ
様々な症状
のどの病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは

睡眠時無呼吸症候群とは睡眠時に呼吸のない状態が繰り返される病気です。
英語ではSleep Apnea Syndromeといい、頭文字を取ってSAS(サス)と呼ばれることもあります。

睡眠時無呼吸症候群は生活習慣病と密接な関係にあるため、放置しておくと生命の危機に及ぶこともあります。また、寝ている本人は睡眠時無呼吸症候群と気付くことが難しいので、知らない間に無呼吸の状態が続きます。それにより睡眠で行えるはずの体力回復がされず、日中の活動に支障が現れます。例えば、知らずに過ごしている間に、居眠り運転などを頻繁にしてしまう、などのリスクが高まります。生活習慣病のような病気以外の理由で命を落とす危険も出てくる恐ろしい病気と言えます。

大柄な男性によくある症状と思われがちですが、痩せている方や女性でもかかる病気です。

症状

「睡眠時無呼吸」とは「無呼吸」と呼ばれる10秒以上気道の空気の流れが止まった状態が一晩(7時間)の睡眠中に30回以上、もしくは1時間に5回以上ある状態を言います。これが続くことが睡眠時無呼吸症候群の症状です。

《具体的な睡眠時無呼吸症候群の症状》
1. 寝ている時の症状
・いびきをかく
・時折いびきが止まり、大きな呼吸とともに再びいびきをかく
・呼吸が止まる、乱れる、息苦しい
・むせる
・何度も目が覚める(何度もトイレに行く)
・こむらがえりをする
・寝汗をかく

2. 起床した時の症状
・口が渇く
・頭が痛い、頭が重い、頭がズキズキする
・熟睡感がない、すっきりと起きられない
・体が重い

3. 日中の症状
・強い眠気、集中力が続かない
・だるさ、倦怠感がぬけない
・疲労感がぬけない

その他にも
・インポテンツ
・生理不順
・抑うつ
・糖尿病性昏睡

原因

■睡眠時無呼吸症候群/にかかりやすい人の身体的な特徴
・首が短い
・首が太い、首回りに脂肪がついている
・下あごが小さい、いわゆる小顔
・下あごが後方に引っ込んでいる
・歯並びが悪い
・舌や舌の付け根が太い

30~60代の働き盛りにある男性は要注意です。生活習慣病を発症したり、年齢とともに首回りの筋力が衰えたりすることで、発症のリスクが高まります。

また、女性も閉経後に発症リスクが高まると言われています。上気道開大筋の筋活動を高める作用がある女性ホルモンのひとつ「プロゲステロン」の分泌が閉経のタイミングで少なくなるからです。

睡眠時無呼吸症候群の原因は生活習慣にもあります。
・ヘビースモーカーである
・飲酒の習慣があり、寝る前に必ずお酒を飲む
・太り気味で、暴飲暴食をすることがある
・高血圧、糖尿病、高脂血症などの既往症がある

このような習慣があると睡眠時無呼吸症候群にかかりやすいです。

また、大柄な男性によくある症状と思われがちですが、痩せている方や女性でもかかる病気です。

予防/治療法

1. 太りすぎない
自分の適性体重を見極めましょう。

2. 習慣的な飲酒は控える
睡眠時は体中の筋肉がゆるみます。アルコールが入ることでさらに筋肉をゆるめてしまいます。アルコールによりゆるんだ喉の筋肉や舌が気道を狭くしてしまうために睡眠時無呼吸症候群を発祥します。
毎日飲酒をしていると、毎晩喉の回りの筋肉がゆるんだ状態で寝ることになってしまいます。飲酒を控えましょう。

3. 鼻の症状を治療する
アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎など、鼻症状がある方は治療しましょう。鼻症状によって、本来の鼻呼吸ができなくなり、口呼吸になってしまい、その結果、鼻呼吸のときよりものどが狭められてしまいます。原因となっている症状の治療が必要です。

4. 寝る時の姿勢を改善
寝る時の姿勢によって閉ざされている気道を確保できる場合があります。
一般的には仰向けよりも横向きの方がのどが絞まりませんので、抱き枕などを使って横向きの姿勢で寝るように工夫してみましょう。仰向けの場合には枕を低めにするほうがいいでしょう。

5. 睡眠薬を使用する
治療として薬物療法を用いる場合があります。しかし、睡眠薬の多くは無呼吸状態を悪化させます。無呼吸の症状がある場合、まずはかかりつけ医に相談してください。自己判断での睡眠薬の服用・停止はやめましょう。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

健康チェック

健康チェック画像

「睡眠時無呼吸症候群」チェック

睡眠中、呼吸が止まっていませんか?

寝ている間は、いびきをかいているのか、どんな呼吸をしているのか、自分ではなかなか気付きにくいもの。でも、意外と怖い病気の兆候が表れているかもしれません。

「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」という病名を聞いたことはあるでしょうか?これは、呼吸が止まっている状態が1時間あたり5回以上ある疾患なのですが、日中に眠くなるだけでなく、様々な臓器に障害をもたらし、事故を引き起こすこともあるなど、命に関わることもあります。

あなたは睡眠中に呼吸が止まったりしていませんか? まずは簡単にセルフチェックしてみましょう。

1 /15

いびきをかくことがよくある

健康チェック画像

「睡眠時無呼吸症候群」チェック

睡眠中、呼吸が止まっていませんか?
健康チェックする