蕁麻疹に関する薬

薬剤師監修

蕁麻疹の薬の上手な選び方・使い方

蕁麻疹はアレルギー反応で起こる症状です。体内へのアレルギー物質の侵入や外部からの刺激によりアレルギー反応が起こると、人間の体はヒスタミンなどの化学物質を大量に放出します。この化学物質の大量放出により血管が膨張し皮膚に大量に血液が流れ込み、血管から血液中の水分が皮膚に浸み出るため、皮膚が赤く腫れた蕁麻疹を発生させます。蕁麻疹が発生するアレルギー反応の原因は人によって異なりますが、治療薬には基本的に抗ヒスタミン薬という飲み薬が用いられます。抗ヒスタミン薬は現在2種類存在しており、第1世代と第2世代に分類されます。第1世代抗ヒスタミン薬と第2世代抗ヒスタミン薬はそれぞれ効果の強さが異なります。

第1世代抗ヒスタミン薬は効果が強いのが特徴ですが、副作用が出やすいという欠点があります。蕁麻疹の治療用に販売されている医薬品では第1世代抗ヒスタミン薬が対象となっているものが多いです。第2世代抗ヒスタミン薬は第1世代抗ヒスタミン薬の特徴を改良したもので、第1世代抗ヒスタミン薬に比べ副作用や効き目が穏やかなのが特徴です。蕁麻疹の治療薬は第1世代と第2世代で効き目や副作用の強さが異なるため、自分の状況に合った薬を選ぶと良いでしょう。

蕁麻疹の薬の副作用と注意点

蕁麻疹の治療薬に使用されている抗ヒスタミン薬の特徴は、眠気が出る・眼圧が高くなる・尿が出にくくなる・口が渇く・集中力が低下するといった副作用があります。第1世代抗ヒスタミン薬は蕁麻疹の治療に対し高い効果が得られる反面、これらの副作用も出やすいことが特徴です。第2世代抗ヒスタミン薬は第1世代ヒスタミン薬の特徴や副作用を抑えたものです。

第2世代抗ヒスタミン薬では副作用が少なくなるよう改良されていますが、第1世代ヒスタミン薬に比べ効き目が控えめになっているのが特徴です。仕事や車の運転などで副作用が気になるという人は第2世代抗ヒスタミン薬を、副作用は気にしないから早く治したいという人は第1世代ヒスタミン薬を選択すると良いでしょう。いずれも、市販の治療薬よりも医療機関から処方される薬の方が効果が高いため、医療機関で治療を受けることが理想ですが、市販薬で治療をしたい場合は副作用を考えて自分に合った薬を選んでください。

蕁麻疹の治療用市販薬は沢山あるので、購入する際は店頭の薬剤師によく相談しながら選んでいただくことをおすすめします。市販薬の服用後に症状の改善が見られなかったり、違和感があるなどの場合は、他の病気の可能性もあるため早めに皮膚科や内科の病院で診察をうけるようにしてください。

蕁麻疹の薬の飲み合わせ

蕁麻疹の症状を持っている方は、アレルギーの治療薬を服用される機会が多くあるのではないでしょうか。治療薬の服用をやめる事により、症状が悪化してしまう恐れもあるので、他の病気により薬を飲み合わせる場合には医師に相談のもと継続や中止を決めていく事が大切です。

抗ヒスタミン薬は鎮咳去痰の治療薬、乗物酔いの治療薬、総合感冒薬、副交感神経遮断剤、ロートエキス含有の胃腸薬などは成分が重複するので避けることが望ましいです。また、鼻炎の治療薬、花粉症用の抗アレルギー薬も蕁麻疹の治療薬と成分が重複するので避けてください。

飲み合わせの他にも、病院で治療を受けている方も服用には注意が必要です。蕁麻疹の治療薬は高血圧の薬と一緒に服用することができますが、高血圧症や糖尿病の患者の方はかかりつけの医師に相談のもと服用した方がよいでしょう。また、緑内障や、前立腺肥大、下部尿路に閉塞性疾患のある方は、第1世代抗ヒスタミン薬の服用は避けた方がよいでしょう。このほかの注意点として、飲酒前後の服用はアルコールの効果により治療薬の作用をが増強することがあります。飲酒前後の服用は避けてください。

市販の治療薬を使用する場合、病院で治療を受けている方、病院での薬の処方を受けている方、妊娠中の方や乳幼児はいずれも医師に相談のもと服用することが望ましいです。
  • 薬は効果をしっかりと引き出しながら、できるだけ副作用を抑えることが大切です。使用法・用量、飲み合わせに十分注意し服用してください
  • 専門家の皆様へ。薬の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

蕁麻疹に関する薬一覧