腱鞘炎の体験談

腱鞘炎は英語でTendovaginitis

医師確認済み

腱鞘炎は英語でTendovaginitis

私は英語を使ってよく海外SNSで遊んでいるのですが、ある時、腱鞘炎になってしまい「I have Tendovaginitis.」と伝えました。腱鞘炎は英語でTendobaginitisと書き、病気になったという場合の動詞はhaveを用います。SNSの友人から「I hope you get well.」(お大事に)というレスポンスが返ってきて、うれしかったですね。
私は仕事上パソコンを長時間操作しますが、「パソコン腱鞘炎」という言葉もあるほど、困っている人が増えています。この時は会社の先輩にアドバイスを仰ぎ、指のマッサージを行いました。
私の症状は、人差し指をまっすぐにしようとすると、妙にこわばった感じがするというものです。多分、マウスでクリックを頻繁に行うことが原因と思われます。マッサージはまず手の平を自分の方に向け、指の付け根を上から下に向かって5、6回こすり、下から上に向かってやはり同じ回数こする、というものです。軽症だったためか、これで良くなりました。

腱鞘炎は英語で何というか

腱鞘炎は英語でtenosynovitisといいます。といっても、日本ほど知名度は高くないようです。日本でマッサージ店に行って手首が痛いんですよね。などといえば、パソコンのしすぎですか?という展開になって、そうだといえばほとんどそれは腱鞘炎ということになるわけです。でも、外国人の間ではそれほどこの名称はメジャーではないようです。では何がメジャーなのかといえば、外国人の人から聞いたのがcaroal tunnel syndoromeという英語でした。つまり手根管症候群です。これは外国では本当にメジャーらしいです。
この二つはほとんど同じ症状で、要するに手首を使い過ぎたことによる炎症のようなものです。とにかく病んで仕方がなく、冷やさないようにしなければならないなどいくつか注意点があります。
実は私も腱鞘炎です。といっても病院で診断されたわけではなく、手首を使い過ぎて痛めたため自分で容易に診断できるまで病んでいるのです。

英語の国で腱鞘炎になった

イングランドに旅行に出かけた際に、毎日ボストンバッグを持ち続けていたせいか、手首の周りがかなり痛くなりました。
痛みは尋常ではなく、骨折したのではないかと思うほどの痛みだったので、現地の病院に行きました。病院の診察室についたのはいいのですが、そういえば私は英語が全く話せないことに気がついたので、通訳を呼んでもらうように、医師に電話をしてもらいまた。日本人であることをやはりボディランゲージで伝えると、すぐに日本語の通訳が来てくれました。医師に診察をしてもらい、何言ってるのか逐一通訳をしてもらうと。腱鞘炎になっていると言われました。医師は長々と腱鞘炎は英語でこう発音するのだと言っていたのですが、英語が全くできない私にとってそれは馬の耳に念仏でしかありませんでした。
とりあえずは痛み止めの注射をしてもらい、腱鞘炎の痛みそのものは快方に向かっていったので、その後の旅程は痛みに囚われることなくすすめていけました。

英語名もしっかりとある腱鞘炎は日常生活でも起こりうる症状です

腱鞘炎は英語ではTendovaginitisと呼ばれているなど、英語圏の国でもしばしば起きている症状です。
私が腱鞘炎になったのは社会人になってからで、慣れないパソコンの操作に加えて、社内の昇進試験用に論文を書いていた事が原因となっていたようです。
平日に7~8時間デスクワーク、土日に試験対策で論文を1日当たり10枚~20枚分書いていたので、かなり指の付け根に負担をかけていました。最初はちょっとの違和感だけだったのですが、次第に指を曲げられなくなるほどの痛みが出る様になり、仕事にも支障が出て来るようになりました。病院で一応見てもらったところ、腱鞘炎と診断されました。
症状がひどい場合、切開手術を行う必要がある様でしたが、私の症状の場合は湿布で患部を冷やしてテーピングを行う事で症状が改善されました。大体、1週間くらいで完治しましたが、それ以降は指に負担をかけないようにタイピングをしたり、休憩を小まめに取るようにしています。

腱鞘炎の英語

腱鞘炎は、英語で、tendonitisとか、tendinitisと言うようです。医師がカルテに書き込むときの英語は、また違った単語になりますが、一般的には、tendinitisがよく用いられるとのことです。いずれも難しそうな単語です。日本語の腱鞘炎も難しい字を書きますし、あまり周知されていない病気のようです。私はマンガで知りましたが、そのマンガを読んでいなかったら、ずっと知らないままだったかもしれません。
知らないでいたら、指を使い過ぎて痛くなっても、ツボ押しなどをしてしのぐだけで、病名がつくような症状だとは思わずじまいだったでしょう。腱鞘炎を疑うような症状になるのは、パソコンを使い続けて、クリックを繰り返したときです。マウスの調子が良くないときなどは、特に効き手の指が痛くなります。
もう一方の手でキーボードなどを通じてクリックできるようになればいいのですが、やはりマウスを使わないとどうにもならない場面が多いです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
腱鞘炎の他の体験談

様々な症状の体験談

  • 生理不順になった時は?病院で検査して原因を知っておこう

    生理不順・病院

    生理不順になった時は、ためらわず病院に行くと良い結果に繋がるかもしれません。私は十代の頃に生理が始まってから、毎月痛みやだるさが酷くとても嫌な思いをしていました。このため、十代後半で生理不順に陥ってしまった時は「むしろ楽になった」などと安易なことを考えてしまったくらいです。 しかし、母にそのことを漏らすと「恐ろしい婦人病が原因かもしれない。病院に行こう」と言われました。思春期真っ只中だったので抵…続きをみる
  • 油もので吐き気やゲップの症状に悩む

    吐き気・ゲップ

    物を食べた後に吐き気やゲップが起こることが多かったのですが、その症状は食べる物の種類にありました。 私は、若い頃から油っぽいものやお菓子が大好きでよく食べていたのですが、歳を重ねてもその食生活が変わることはありませんでした。気が付くとフライものやポテトチップスに手が伸びてしまい、常にお腹が満タンな状態に満足していたのです。 ただ、このような生活は胃腸にも負担が大きく、度々吐き気やゲップといった症…続きをみる
  • 禁煙パイポでタバコを止めようと頑張っています

    禁煙・パイポ

    私は結構なヘビースモーカーで、長年タバコを吸い続けてきました。しかし年を重ねるにつれて、体の事にも気を使った方が良いと考えるようになり、禁煙を決意しました。 最初は自分の意志で止めようと努力しましたが、これまでの習慣でなかなか止める事ができませんでした。そこでグッズに頼って禁煙してみる事にしました。最近使っているのが、禁煙パイポと言われる物です。 タバコを止められない原因の一つに、口の寂しさがあ…続きをみる
  • 暴飲暴食による原因で胃痛が発生した時の対処

    胃痛・対処

    ストレスなどが原因で一時暴飲暴食を行ってしまった時期がありました。最初は特に問題なかったのですがかなりの期間続ける事によって、胃痛が発生してしまいました。そこで胃痛を改善する為に色々と対処を実施していき、徐々に回復していく事ができた経験があります。 原因としてはストレスによる暴飲暴食だという事が分かっていたので、ストレス解消を行うように心がけました。空いている時間を利用して、好きな事を行ったりス…続きをみる
  • 便秘になったら看護計画をしっかりたてる

    便秘・看護計画

    高齢者の父親がこのところ病気がちになり、入院を繰り返していたのですが、運動不足と栄養不足からか、便秘になることが多くなりました。 高齢者はただでさえ便通が悪いことで知られているのに、このままの状態にしてしまうと、体調を悪化させてしまうのではないかと不安でした。 しかし看護師に便通が悪いことを伝えると、治療の中に下剤と整腸剤の投与を盛り込む看護計画をたててくれることとなり、その日から毎日便秘に対す…続きをみる