腱鞘炎けんしょうえん

カテゴリ
運動器系の病気

腱鞘炎の体験談

腱鞘炎を治療している期間の生活

医師確認済み

厳しい負担が連続すれば腱鞘炎のリスクに

腱鞘炎に罹っている期間は殆ど自分のやりたい事も出来ず、日常生活でも結構ストレスの溜まるものでした。
自分は普段から釣り竿を頻繁にしゃくって魚を寄せる、ショアジギングというジャンルの釣りにはまっていました。手首や腕を目一杯使い、大きくしゃくる程魚を寄せる効果が高く、ついつい無理をしがちになってしまうものなのです。
その為、ある年はこの釣りを初めて1ヶ月も経たないうちに手首に腱鞘炎を患ってしまい、重い物を持っただけで手首に痛みやしびれを感じる等、生活に大きな支障を生じてしまったのです。
この期間は患部をテーピング等でしっかり固定すると共に、激しい運動をしない様に心掛ける毎日を送り、結局回復までに2カ月近く要しました。その後も上記の釣りを始め対策をしっかり立て、手首に大きな負担を掛ける運動時には、手軽に脱着出来るタイプの伸縮性に富む医療用リストバンドを複数購入し、それをローテーションして使う事にしました。その結果二度と大きな腱鞘炎に見舞われる事は無くなったのです。

いつまで続く!腱鞘炎

腱鞘炎は意外と身近に起きるもので、私以外にも身近なママ友は、ほとんど例外なく腱鞘炎で悩んでいます。原因は、家事や育児のほか、事務職でタイピング作業をしているからというものばかり。激しい痛みを感じる期間は一瞬で、ほとんどの人が数日中には回復しているようです。
ただ、問題は同じ作業を繰り返しするので、すぐにまた腱鞘炎をぶり返してしまう事なのです。たとえば、ピアノやギターが原因であれば、やめるという選択肢もあるでしょう。だけど、家事や育児、仕事となるとそうはいかず、毎日毎日酷使するしかないのです。そういう人はどうすればいいのか、一度整形外科の先生に相談してみたのです。
すると、完治にかかる期間は大体20日前後で、その間、サパーターをつけ続けて保護していれば、ずいぶん違ってくるという事でした。その話をママ友にしたら、最近ではみんな真似してサポーターをつけるようになりました。そのせいで、私の周囲は少し不思議な光景になっています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
腱鞘炎の他の体験談

様々な症状の体験談

  • 便秘による腹痛は3つの特徴がある?痛みの対処法と食事のコツ

    便秘・腹痛

    皆さんは、便秘で腹痛を経験したことはありませんか? 痛みを緩和したくても便秘が原因だと気付かず長引いたり、または併発している病気などが疑われることもあり、見極めが大事になってきます。 今回は、便秘に伴う痛みの原因や特徴、対処法や予防法までを医師に解説していただきました。 便秘に伴って腹痛が起きる原因 腸には便を肛門の方向に動かす機能があり、硬い便で詰まりが生じている場合や、自律神経の乱れに…続きをみる
  • 咳による胸の痛み 〜 医師が解説 〜

    咳・お腹の痛み

    ひどい風邪を引くと、咳が出てきてとまらないことがあります。咳をする癖ができてしまうようで、気管支が狭くなったりして空気の出入りが悪くなって、悪循環になるのでしょうか。 咳が続くと、下手したら寝ている間もゴホゴホと出ます。軽いものならいいのですが、ひどいばあいだとその都度からだが起き上がるくらいの勢いで出ます。空気が激しく出入りするため、のども痛くなり、声も出なくなるし、肋骨というか胸のあたりが…続きをみる
  • 胃痛と便秘に悩まされる 〜医師が解説〜

    胃痛・便秘

    便が出にくくなるとお腹が痛くなることがありますが、数日の便秘は腸のみならず胃痛を引き起こすことがありました。 毎日きちんと排便されていれば日常生活は普通に送れますが、便が正常に出なくなったり固い状態になってくると頭痛になったり、倦怠感が生じるようになってきたことがあります。毎日規則正しく排便するには、繊維質の物を多く取ったり、水を多めに飲むことで便が出やすくなります。 薬を飲む場合は腹痛を起…続きをみる
  • 咳のしすぎで腹筋が痛い 〜 医師が解説 〜

    腹痛

    咳をするとおもいっきり腹に痛みが走ることがあります。まず反射的にコショウなど体内への異物を防ぐためにするものと、免疫的な機能で細菌や花粉などの異物を防ぐためにするものがあることを覚えておきましょう。 いずれも内臓への侵入を防ぐために腹筋を動かし空気を押し出すので、そのたびに腹筋がよく使われます。あまりにも連続で咳をすると腹筋が酷使され、筋肉痛が出てくるのはそのためです。筋肉痛は主に血行が悪化し…続きをみる
  • 咳のしすぎで腹筋が痛い 〜 医師が解説 〜

    咳・腹筋

    咳をするとおもいっきり腹に痛みが走ることがあります。まず反射的にコショウなど体内への異物を防ぐためにするものと、免疫的な機能で細菌や花粉などの異物を防ぐためにするものがあることを覚えておきましょう。 いずれも内臓への侵入を防ぐために腹筋を動かし空気を押し出すので、そのたびに腹筋がよく使われます。あまりにも連続で咳をすると腹筋が酷使され、筋肉痛が出てくるのはそのためです。筋肉痛は主に血行が悪化し…続きをみる