腹痛ふくつう

腹痛の体験談

腹痛によるお腹の張りに対処

医師確認済み

お腹の張りを解消

私は大学生のときから、よくお腹が張るようになり、腹痛にも苦しむようになりました。忙しい日が続いたり寝不足が続いたりするなど身体に負担がかかってくると、余計に張りがひどくなっていました。食事を変えようと食物繊維や乳製品を積極的に摂取するようにしましたが、なかなか解消されず困った日が続きました。インターネットや本で調べてみたところ、効果が実感できる解消方法を見つけることができました。
大腸愈と小腸愈という腰のあたりのツボをドライヤーの温風で温めて、腰がポカポカしてきたら、腰に手を当てて親指の腹でツボを刺激します。また、直接温める方法として、仰向けになってお腹に直接温かいタオルを置いて温湿布をすることで、腸の働きを促して張りがとれてきます。腹痛になるほど張りがひどいときは直接温めることで、リラックス効果もあるので、より効果が期待できました。
今お腹が張って困っている方は、ぜひこのような方法を試してほしいと思います。

腹痛の症状を抑えたいなら

時折、腹痛を感じることがありましたので、とても不安に思っていました。定期的に痛みが襲ってきますから、何かの病気ではないかと怖くなりますし、仕事に集中できません。しかも、腹部に張りがあるように感じられましたので、さらに心配になりました。
とても迷いましたが、口コミサイトで評判の良い内科を調べて、診察を受けることにしました。レントゲン検査を受けた結果、腸閉塞と診断されましたから、とても驚きました。そして、内科医から、便秘をしていないかと尋ねられましたので、あまりお通じはスムーズではないことを告げました。内科医の説明によると、便秘は腸閉塞の原因となりますので、注意が必要だそうです。腹痛も、腹部の張りも便秘が原因だと判明しましたので、とても納得しました。
現在は、便秘を解消するために漢方薬を服用しています。水分摂取や運動も行っているおかげで、すっかり痛みがなくなりましたから、これからも気をつけたいと思います。

お腹の張りによって起こっていた腹痛

元々便秘気味な体質ではあったのですが、最近は特にその傾向が強くなっていました。自分の中で何かが変わったとは思えないので、原因が分からずに困っていたのです。便秘の症状としては、長い時で1週間お通じが無いことがあり、その間はお腹の張りや腹痛に悩まされる日々を過ごす様になっていました。

またガスが溜まっていると感じることもあり、何とか排便できた時はガスも同時に出るようになり、自宅以外で排便する時はとても恥ずかしい気持ちになっていたのです。そこで便秘を解消すること、そしてガスを解消することの対策を講じることにしました。まず食生活に関しては、これまで野菜から食物繊維を取っており、これは正しい対策だと思ったので、腸内に良い菌が在中するように乳製品を食べたり、サプリメントを活用してみました。

また腸のマッサージという方法を知ったので、起床後のマッサージを習慣化するようになった結果、便秘やガスによる腹痛や張りの改善に成功しました。

腹痛と張りには注意が必要

これは経験から学んだことですが、腹痛とお腹の張りが両方ある場合には病院に行った方がいいでしょう。私は、よく便秘をしていたのでお腹のの張りを感じることが多かったのです。そのため、少しぐらいお腹が張っていてもあまり気にすることはなく、食べ過ぎに注意したり繊維質のものは過剰にとらないといった対処をして問題なく過ごしたいました。
しかしある時、いつものようにお腹が張っている感覚があったのですが、普段との違いがあり腹痛も同時に感じたのです。今までと少し違うけど別に大したことはない、大丈夫だろうと思いしばらく放置していたところ、その腹痛はどんどんひどくなってきてちょっと心配になってきました。最後はかなり痛みが大きくなってきたため、病院に行って診察を受けたのです。すると腸閉塞だと言われ非常にびっくりしました。お腹が痛いという症状は無視してはいけないということと、いつもと違う痛みには敏感になった方がいいということを学びました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
腹痛の他の体験談

様々な症状の体験談

  • 生理不順になった時は?病院で検査して原因を知っておこう

    生理不順・病院

    生理不順になった時は、ためらわず病院に行くと良い結果に繋がるかもしれません。私は十代の頃に生理が始まってから、毎月痛みやだるさが酷くとても嫌な思いをしていました。このため、十代後半で生理不順に陥ってしまった時は「むしろ楽になった」などと安易なことを考えてしまったくらいです。 しかし、母にそのことを漏らすと「恐ろしい婦人病が原因かもしれない。病院に行こう」と言われました。思春期真っ只中だったので抵…続きをみる
  • 油もので吐き気やゲップの症状に悩む

    吐き気・ゲップ

    物を食べた後に吐き気やゲップが起こることが多かったのですが、その症状は食べる物の種類にありました。 私は、若い頃から油っぽいものやお菓子が大好きでよく食べていたのですが、歳を重ねてもその食生活が変わることはありませんでした。気が付くとフライものやポテトチップスに手が伸びてしまい、常にお腹が満タンな状態に満足していたのです。 ただ、このような生活は胃腸にも負担が大きく、度々吐き気やゲップといった症…続きをみる
  • 禁煙パイポでタバコを止めようと頑張っています

    禁煙・パイポ

    私は結構なヘビースモーカーで、長年タバコを吸い続けてきました。しかし年を重ねるにつれて、体の事にも気を使った方が良いと考えるようになり、禁煙を決意しました。 最初は自分の意志で止めようと努力しましたが、これまでの習慣でなかなか止める事ができませんでした。そこでグッズに頼って禁煙してみる事にしました。最近使っているのが、禁煙パイポと言われる物です。 タバコを止められない原因の一つに、口の寂しさがあ…続きをみる
  • 暴飲暴食による原因で胃痛が発生した時の対処

    胃痛・対処

    ストレスなどが原因で一時暴飲暴食を行ってしまった時期がありました。最初は特に問題なかったのですがかなりの期間続ける事によって、胃痛が発生してしまいました。そこで胃痛を改善する為に色々と対処を実施していき、徐々に回復していく事ができた経験があります。 原因としてはストレスによる暴飲暴食だという事が分かっていたので、ストレス解消を行うように心がけました。空いている時間を利用して、好きな事を行ったりス…続きをみる
  • 腱鞘炎は英語でTendovaginitis

    腱鞘炎・英語

    私は英語を使ってよく海外SNSで遊んでいるのですが、ある時、腱鞘炎になってしまい「I have Tendovaginitis.」と伝えました。腱鞘炎は英語でTendobaginitisと書き、病気になったという場合の動詞はhaveを用います。SNSの友人から「I hope you get well.」(お大事に)というレスポンスが返ってきて、うれしかったですね。 私は仕事上パソコンを長時間操作し…続きをみる