腹痛ふくつう

腹痛に関する薬

薬剤師監修

腹痛の薬の上手な選び方・使い方

腹痛を発症した場合、内服薬の選び方に注意する必要があります。なぜなら、腹痛の原因にはさまざまな理由が見受けられるためです。原因によって適する内服薬は異なりますから、慎重に見極めるべきです。腹痛の主な原因として、下痢や便秘、内臓の疾患が挙げられます。腹痛を発症したなら、原因に応じて対処することが大切です。

下痢や便秘が原因なら、自分で市販薬を購入して対応することが可能です。薬局やドラッグストアには薬剤師が在籍していますから、症状を伝えて最適な内服薬を紹介してもらうことができます。通信販売で購入することもできますが、内服薬の説明をよく読んでから注文すべきです。服用していて体調の変化を感じた時はただちに使用を中止しましょう。内服薬を持参して医師に相談すべきです。

内臓の疾患が原因で腹痛を発症する場合には、適切な医療機関で診察を受ける必要があります。内服薬を処方されたならば、使い方について、医師から詳しい説明を受けましょう。食前や食後など、定められたタイミングで内服薬を服用すべきです。飲み忘れや過剰な服用を防ぐために、数を確認しながら飲むことも重要です。家族にチェックしてもらう方法も適しています。

腹痛の薬の副作用と注意点

腹痛の内服薬を服用した後に、副作用を発症するケースが見受けられます。内服薬を飲んでから、めまいや頭痛など、さまざまな体調不良を自覚した時は、ただちに服用を中止すべきです。しばらく安静を保つことが重要ですが、時間が経過しても副作用の症状が治まらない場合には、すぐに医療機関を訪れましょう。内服薬を持参して、医師に診察をしてもらうことが大切です。さらに、今後も内服薬を使用すべきか判断してもらいましょう。ほかの内服薬を処方してもらうことができます。最適な内服薬を処方してもらうために、症状について詳しく伝えることが大事です。

尚、痒みや腫れ、湿疹など肌に副作用の症状が出る場合もあります。自分で判断して市販の外用薬を塗ることは避けましょう。内服薬が原因で副作用が出た可能性があるならば、ただちに肌の症状を医師に診察してもらう必要があります。市販の外用薬を使用しても、症状が治まらないだけではなく、さらに悪化する危険性もありますので、医師に診断を受けるべきです。腹痛の内服薬を飲んだ後に副作用が出たことを説明して、今後の服用について指示を受けることが重要です。自分の症状に合う内服薬を処方してもらいましょう。

腹痛の薬の飲み合わせ

腹痛の内服薬を服用する場合は、飲み合わせに気をつけることが大事です。腹痛のほかに、頭痛や鼻炎などの症状を発症したために、内服薬を飲むことは危険です。複数の内服薬を飲み合わせることによって、さまざまな症状を発症する場合もあります。腹痛の内服薬を飲んでいる時に、ほかの疾患を発症したならば、適切な医療機関を訪れて診察を受けましょう。飲み合わせによる症状の悪化を防ぐことができます。

また、腹痛の内服薬は白湯や水と一緒に飲むことが大切です。コーヒーや紅茶、緑茶など、カフェインが含まれている飲み物と飲み合わせることは避けましょう。ほかに、炭酸飲料など、刺激が強い飲み物も回避すべきです。必ず白湯か水を用意して服用しましょう。尚、アルコール飲料との飲み合わせも慎重に行うべきです。アルコール飲料を飲んだ後に、腹痛の内服薬を服用しないように注意しましょう。もしも飲み会などの会合がスケジュールに入っているならば、あらかじめ医師に相談して解決策を求める方法が適しています。アルコール飲料の摂取は慎重に行うことが重要ですから、自己判断で腹痛の内服薬を中断することがないように、医師から適切なアドバイスを受けましょう。
  • 薬は効果をしっかりと引き出しながら、できるだけ副作用を抑えることが大切です。使用法・用量、飲み合わせに十分注意し服用してください
  • 専門家の皆様へ。薬の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

腹痛に関する薬一覧