腹痛ふくつう

腹痛の基礎情報

医師監修

腹痛の症状

片腹を抑える女性
腹痛はさまざまな原因と関係していると言われています。
傷んでいる部位や痛み方、伴う症状の違いで異なります。放置することで自然に改善する場合もありますが、診断が遅れると生命の危険につながる場合もあります。

痛む部位ごとに病気がわかる?


腹痛の原因イラスト
腹痛は、単純に腹痛だけなのか、ほかの主たる疾病に伴う反応のひとつとして表れたのかを慎重に判断しなければなりません。
痛む部位によってどんな病気が疑われるのかが見えてきます。


























痛みの部位 主な特徴
上腹部 胃、すい臓、肝臓、胆のうなど、消化や分泌にかかわる臓器があります。その炎症や状態の悪化なども考えられますが、肝臓などは「沈黙の臓器」と呼ばれ痛みが出る頃には遅すぎることもあり、定期的な検査が病気の予防に効果がありそうです。左右の側腹部には大腸や腎臓など、代謝にかかわる臓器があり、腸閉そくや腎盂炎なども痛みを伴います。同時に、むくみや変色、圧迫感など自分の感覚でわかる症状が伴うかもしれません。注意してすごすようにしましょう。

急性胃炎急性膵炎虫垂炎など
下腹部 膀胱、前立腺など炎症による痛みや婦人科疾患などの慢性的なものも考えられます。長い目で治療することで痛みが和らぐこともありますから、日々の健康管理も大事だと言えます。

急性胃炎・婦人科疾患など
胸の下・みぞおち 心臓をはじめ、食道、胃など生命に直接かかわる重要な臓器が複数あります。心筋梗塞など重篤なものや、出血を伴う突発性食道破裂も緊急性が高い病気です。しかし、十二指腸潰瘍など治る可能性の高いものもあり、痛む部位の早い見極めと迅速な対応が特に求められるでしょう。


急性胃炎慢性胃炎胃・十二指腸潰瘍胃がん膵がんなど
腹部全体 腹部大動脈破裂など大変緊急性の高い可能性もあります。

腸閉塞・消化管穿孔・腹部大動脈破裂など


このように、痛む部位や症状から原因を推測することはある程度可能です。痛み方も「激しい痛みなのか」「慢性的などん痛なのか」「長く続く痛みなのか」「針で刺すような痛みなのか」などさまざまです。



Doctors Me医師コラムから



”左側の腹痛”…これって病気のサインですか?
右側の腹痛の場合、盲腸と考えられますが、左側の場合はどんな病気が考えられるでしょうか。

左側のお腹にある臓器の病気か
左側の腹が痛い場合、考えられる病気は左のお腹にある臓器が原因となります。左側のお腹にある臓器は、お腹の上部から順に胃、膵臓、左側の腎臓、左側の尿管、大腸、小腸、左側の卵巣があります。このためこれらの臓器が原因で痛みが起こる可能性があります。

痛みの種類にも注目
お腹が痛む場合の痛みには大きく分けて2種類あります。シクシク、ズキズキと断続的な痛みと鈍い重い持続的な痛みです。

<断続的な痛みの原因>
平滑筋が収縮することによる痛みが考えられます。平滑筋があるのは胃小腸大腸と尿管ですので、断続的な痛みはこれらに問題がある証かもしれません。

<持続的な痛みの場合>
持続的な痛みは膵臓、腎臓、卵巣に問題がある時に起こります。また痛みが移動する時は尿管結石やストレスによる過敏性腸症候群を疑います。

痛みだけしか症状がない場合はここまでの手掛かりで病気を鑑別しますが、疾患によっては痛み以外の症状を起こしますので、診断の一助になります。

その他の症状がある場合
下痢:腸炎
血尿:腎結石
左側の腰痛を伴う:急性膵炎慢性膵炎腎結石
熱がある:膵炎、腸炎、大腸憩室炎や腎う腎炎
アルコールを飲んでいる:膵炎の可能性
痛む場所に湿疹:帯状疱疹

さらに、膀胱炎を何回も繰り返していれば、腎う腎炎の可能性がありますし、お腹の手術の既往があって、便や排ガスがない時は腸閉塞を疑います。

左側のお腹が痛む病気が必要な病気
胃潰瘍
・急性膵炎
・腎結石
・腎う腎炎
・大腸憩室炎
腸閉塞
卵巣のう腫が大きいことによって捻れてしまう場合


痛みの程度にもよりますが、左側のお腹が痛む場合は注意が必要ですので、痛みがひどい場合、熱がある、下血を伴う時は痛みを我慢しないで早めに病院を受診して検査を受けた方が安全です。特に最近健診を受けていない場合は、早めに検査を受けた方が良いですし、腹部エコー検査で腎結石、卵巣嚢腫、胃カメラで胃潰瘍、大腸内視鏡検査で大腸憩室を指摘されたことがあれば、診断の助けになります。





他の症状を伴う腹痛について


腹痛以外の症状があることによって、病名や対処法がわかったりするので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

鼻をかむ女性
<<頭痛と鼻水を伴う腹痛>>
頭痛と鼻水を伴う腹痛が起きた場合は、ノロウイルスの可能性があります。ノロウイルスによる腹痛や頭痛はウイルスが体内に入った後、半日から2日ほどで現れるのが普通です。症状が軽度な場合、鼻水や咳といった風邪のような症状だけで終わる人もいます。ただ、頭痛と鼻水を伴う腹痛が続く状態は少し症状が悪化している状態が考えられます。
また、幼児や高齢者などの免疫力の低下した人は重篤になることがあるので、注意が必要です。症状が消えた後も約1週間から2週間は便にウイルスが排出されるので観察が必要です。

<<頭痛、だるさを伴う腹痛>>
頭を押さえベッドに寝転ぶ女性
頭痛とだるさを伴う腹痛の代表的な原因は、食中毒です。その症状が出る前にとった食事に衛生上の不安があった場合は真っ先に食中毒を疑って適切な医療機関を受診しましょう。
食中毒でない場合は、過敏性腸症候群という病気の可能性も考えられます。ストレスが主な原因とされる病気で、腸が過剰な働ききをしてしまい、その結果、腹痛が引き起こされます。症状が出たら、できる限りストレスの原因を遠ざけることが最善の療法となります。また、偏頭痛の時に腹痛も同時に起こる人もいます。はっきりした原因は分かりませんが、偏頭痛に関連する神経や物質が胃腸にも何らかの作用を及ぼすのではないかとも考えられています。


<< 血尿を伴う腹痛>>
トイレ
腹痛と血尿が同時に起きる場合、腎臓あるいは膀胱の病気、または男性であれば前立腺の病気が疑われます。女性の場合はとくに、尿道の出口から膀胱までの距離が短く細菌などに感染しやすいため、膀胱が感染症による炎症を起こしやすく、痛みとともに血尿が出ることがあります。

また、腎臓結石・膀胱結石・尿管結石といった尿路結石によっても、血尿が出ることがあります。この場合、尿管結石では激しい痛みを生じますが、膀胱結石および腎臓結石では痛みは少ないか、鈍痛程度となります。

腎臓の病気によるものでは、腎盂腎炎によって痛みを伴った血尿が出る場合があります。

腎臓膀胱、および前立腺のがんによっても、血尿が引き起こされます。
腎臓がん膀胱がんでは、病気の初期症状として、前立腺がんでは、病気が進行した結果として血尿が出ます。
それぞれのがんにより、下腹部や膀胱部の痛みが生じます。また、腎臓がんでは脇腹や腰部が痛む場合もあります。

<<吐き気を伴う腹痛への対処法>>
お腹と口を押さえる男性
吐き気を伴う腹痛が起こることがありますが、吐くことは胃の中の異物や毒物を外に出す一種の防衛反応であり、命にかかわる危険を知らせる警報でもあります。

●吐き気を伴う腹痛が起こる病気

・急性胃炎
暴飲暴食、酒の飲みすぎ、不規則な生活、ストレスや過労などの原因で起こり、下痢を伴うこともあります。

・逆流性食道炎
食べすぎや胃酸過多などで酸っぱい胃酸がこみあげてくるもので、胃カメラで診察しますと食道の粘膜に炎症があります。

・胃潰瘍や十二指腸潰瘍
食事の前後や空腹時にみぞおちあたりがキリキリ痛みます。

・虫垂炎
悪化すると腹膜炎を起こし、命にかかわります。

※ ストレスによる自律神経の乱れも腹痛と吐き気を引き起こすことがあります。

<<便秘を伴う腹痛>>
便秘の時には、腹痛を感じることもあります。腸では、腸の蠕動(ぜんどう)とよばれる運動によって、腸管内のものの移動を助ける働きがあります。便秘によって、便やガスがたまっていたり、うまく通過したり移動していかないと、おなかが張ったように感じたり、痛みが生じることがあるのです。
この場合は、食生活を正したり、適度な運動をするなど、生活習慣の改善が大切です。我慢せずに病院を受診するようにしましょう。便秘があり、痛みの激しい腹痛や嘔吐、発熱などが起こる時も要注意です。
腸閉塞などがある場合もありますので、つらい時ははやめに受診するようにしましょう。

<<下痢を伴う腹痛>>
腹痛の際、下痢が頻繁に起きるようなら、過敏性腸症候群の可能性があります。
過敏性腸症候群とは、日々の緊張などのストレスにより、腸の動きをコントロールする自律神経が不安定になることで起きます。この結果、腸が活発になりすぎて水分が吸収されず腹痛や下痢がみられます。またこの症状が続けば続くほど、腸内環境が悪化するので早めの対策が必要となります

腹痛の原因

腹痛の原因はさまざまあります。その原因はお腹が冷えたからお腹が痛くなる、食べ物が消化しきれなかったからお腹が痛くなるなどの軽いものから、重大な病気のために腹痛がするということもあります。腹痛を軽く見ていて深刻な病気である可能性も否定できないので、腹痛の原因はできるだけ自分で把握するようにしましょう。念のため病院で検査してもらい原因を特定してもらうことも大切です。

<<冷えが原因>>
お腹が冷えると腹痛や下痢を起こしてしまうことがあります。それは、お腹が冷えるという危険から身体を守ろうするため、腹痛や下痢を起こします。お腹冷えることによって身体を調整する自律神経のバランスが崩れるため、下痢となってしまうといわれています。したがって、下痢などが起こってしまった場合は、これ以上身体を冷やさないように腹巻きをしたり、冷たいものを食べないようにするなどの対策が必要です。

<<病気が原因>>
お腹が冷えたことによる原因以外の場合は、下記の病気が原因の可能性が考えられます。

お腹がとても痛い

  1. 食中毒、食あたり
    身体の中に細菌や毒のような有害性物質を取り入れてしまうことによって起こります。

  2. 急性胃炎
    香辛料や嗜好品の摂りすぎや、鎮痛剤や風邪薬による影響で発症すると考えられています。

  3. 虫垂炎
    虫垂炎は、右下腹部にある盲腸が、細菌に感染することが原因で炎症を起こす病気です。

  4. 胃けいれん
    過度のストレスが原因と考えられています。内臓の中でも特に腸や胃はストレスに過敏に反応するため、痛みが起こります。

  5. 過敏性腸症候群
    生活習慣が不規則になったりストレスをため込んだりすることによって、腸の正常な活動が阻害されるため、痛みが現れます。



原因がわからない腹痛はどうしたらいい?


上記の原因、病気に当てはまらず、原因がわからないという方はどうすれば良いでしょうか。まず、原因がわからない理由として、おなかの中には様々な臓器があるため、原因を特定するのは難しいと言われています。ただ、特定ができないまま放置しておくと、危ない腹痛がありますので、下記の項目に当てはまる場合はすぐ病院に行くことをおすすめします。

<<危険度が高い腹痛>>
・激痛
・歩いたり、動いたりしてお腹が振動した時に痛みが響く場合
・突然の痛み、今までに経験した事のないようないつもとは違う痛み



腹痛の対処法

薬で対処


処方箋

■腹痛に市販の薬で対処する場合
腹痛が起きる原因は、胃の粘膜の炎症をはじめ、下痢や便秘、精神的・身体的なストレスなど多種多様です。したがって、市販薬で対処する場合は腹痛の原因や症状に合ったタイプを服用する必要があります。日常的に起こりやすいからといってつい放置してしまったり、自分だけで判断されがちな腹痛ですが、市販薬で対処する場合は、薬剤師などに症状や状態を相談してから選んでもらうようにすれば安心です。

■腹痛に効くおすすめの薬は?
みぞおちのあたりが痛むのであれば、胃痛が原因である可能性が高いので制酸剤入りの胃腸薬やH2ブロッカーがよいでしょう。
へそまわり周辺が痛いといった内臓痛は鎮痙剤が有効です。服用しても痛みが治まらない場合は、迷わずに医療機関で受診されることをおすすめします。


マッサージ、ヨガによる対処(腹痛時のガス抜き)
腹痛のガス抜きには、マッサージからヨガのポーズまで様々な手段があります。
1.大腸の形に沿ってお腹をなでる
膝を曲げて仰向けに寝転び、右の骨盤の上、右肋骨の下、左肋骨の下、左の骨盤の上、膀胱の順にゆっくり押していくものです。腹式呼吸をしながら、5回程度繰り返しましょう。
2.膝をゆっくり抱えるポーズがあります。
仰向けに寝転び、息を吸いつつ片膝を抱え、そのまま息を吐きつつ太ももをおなかのほうに押しつけ、5回ゆっくり呼吸をします。また息を吸いつつゆっくり膝を戻し、反対の足も同じように繰り返します。ガス抜きの他、腰痛を緩和する効果もあります。


冷えの腹痛の改善方法


生姜
重大な病気による腹痛でない場合は、冷えによる腹痛が多いです。
冷えによる腹痛の場合は下記の方法を生活習慣の中に用いれば、胃腸が温まり、改善されるでしょう。

・1日に湯のみ茶碗2杯から3杯温服する。
・食事にネギかショウガを刻んだものを取り入れる。
・ショウガの粉、朝鮮ニンジンの粉末、山椒を2対1対1の割合で湯のみ茶碗に入れ、熱湯に溶いて飲む
・ジンジャー・ティーにニッキを少々加える
・熱いお茶の中に梅干しを入れる
・ショウガ風呂や塩風呂に入る
・自然塩を焼いて布袋に入れ、ヘソのところを温める
・ショウガ湿布を患部に施す

激痛が伴う腹痛、今すぐすべき対処法

急激に強い腹痛が起こる状態を急性腹症と言い、多くの臓器の病気が原因となりうるため、外科・泌尿器科・産婦人科・内科など多様な診療科が関わってきます。
急性腹症の原因として考えられる病気には以下のようなものがあります。

・心臓や血管の病気:大動脈解離、大動脈瘤破裂、心筋梗塞など
・胃腸の病気:アニサキス、腹膜炎、消化管穿孔、虫垂炎、胆のう炎、胆石、膵炎、腸閉塞(便秘によるものを含む)、虚血性大腸炎、腸間膜動脈血栓症など
・泌尿器系の病気:尿路結石、腎盂腎炎など
・産婦人科系の病気:卵巣嚢腫の捻転、卵巣出血、(以下妊娠している場合)子宮外妊娠、子宮破裂、常位胎盤早期剥離
・その他:帯状疱疹など

ご自身で急性腹症の原因を類推することは難しいでしょう。血の気が引いていくような感じがある場合や、意識を失ってしまっている場合、冷や汗が出ている場合、顔色が悪い場合、自分では動けない場合、その他経験したことがない状況であれば、とりあえず横になって、迷わず救急車を呼んでください。

病院を受診するまで飲食はしないようにしてください。一人でトイレに行き内鍵を閉めてしまうと、個室内で意識を失い救護が困難になる場合があるので、必ず誰かが付き添ってください。


病院で問診される事項として、以下のようなものがあるので、普段から家族と情報共有をしたり、お薬手帳などに病歴をまとめて記載しておきましょう。

腹痛チェック

ストレス性? 下痢が続く?それって"危険な痛み"かもしれません…


医師とチェック項目
腹痛は、食道、胃、小腸、大腸、虫垂、肝臓、胆嚢、胆管、膵臓、腎臓、尿管、膀胱、卵巣、子宮等の臓器に、何らかの異常が生じて起こるものです。各々の臓器によって症状に特徴があるため、症状を詳しく見れば程度まで区別することができます。

ただ、痛みの原因をはっきりさせたいときには、病院を受診して医師に相談し、お腹を触ってもらい、必要な検査をしないと正確なことはわかりません。「ちょっと気になる…」という方は、まずは簡単なセルフチェックから始めてみてはいかがでしょうか?

「危険な腹痛」チェック
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加