鼻炎びえん

カテゴリ
鼻の病気

鼻炎の体験談

  • 鼻炎で赤い炎症が

    鼻炎・赤い

    私は、毎年2月後半から5月頃にかけて、季節性の鼻炎に悩まされています。この症状が現れると、何も手につかなくなるほど集中力が欠如してしまうので、日常生活に支障をきたしてしまいます。主に、鼻や目がかゆくなったり、くしゃみや鼻水が止まらなくなったり、鼻がつまったりして苦しいのですが、かゆみの症状に耐えられなくて鼻や目をこすってしまうので、鼻や目が赤い炎症をおこしてしまうこともあります。 そうすると…続きをみる
  • 鼻炎で鼻が腫れてる

    鼻炎・腫れてる

    私は通年性の鼻炎持ちで、更に花粉症も持っているので一年を通して鼻炎に悩まされています。意外に症状で一番苦しいのが鼻が腫れてる事です。鼻の通りが悪くなったり、鼻の中に異物が溜まったりすると我慢が出来なくなり、自分の手で鼻の中を掃除したり、強く鼻をかんだりしてしまいます。そうすると鼻の内部が傷つけられ、ばい菌が入る事で炎症を起こし、腫れてる状態になってしまい見た目にも痛い状態となってしまいます。 こ…続きをみる
  • 鼻炎の検査をしました

    鼻炎・検査

    鼻炎で悩んでいる人は多いのではないでしょうか。花粉の時期に症状が出て困っているという人は多いと思いますが、中には、悩む時期スギ花粉の時期とは異なっていたり、特に思い当たる節がなかったりして対策しようにも対策できないと困っている人もいることでしょう。 私は、毎年のように鼻水などの症状が出て困っていたのですが、症状が初めて出たのはスギ花粉が終わろうとしていた時期で、その後も季節に関係なくたびたび悩ま…続きをみる
  • 鼻炎は何科に行けばよいか

    鼻炎・何科

    「鼻水が止まらない」、「鼻が詰まる」、「ムズムズしてクシャミが出る」などの鼻炎の症状は風邪をひいた際などに表れる場合があります。その他、花粉やハウスダストなど、ホコリやアレルギー性のものが原因となる鼻炎もあります。時には頭痛も併発してしまうこれらの不快な鼻の症状を治すには、何科に通うのが良いのでしょうか。 これらを改善させるためには、耳鼻科や耳鼻咽喉科に通うのがおすすめです。耳鼻科や耳鼻咽喉科は…続きをみる

様々な症状の体験談

  • 便秘による腹痛は3つの特徴がある?痛みの対処法と食事のコツ

    便秘・腹痛

    皆さんは、便秘で腹痛を経験したことはありませんか? 痛みを緩和したくても便秘が原因だと気付かず長引いたり、または併発している病気などが疑われることもあり、見極めが大事になってきます。 今回は、便秘に伴う痛みの原因や特徴、対処法や予防法までを医師に解説していただきました。 便秘に伴って腹痛が起きる原因 腸には便を肛門の方向に動かす機能があり、硬い便で詰まりが生じている場合や、自律神経の乱れに…続きをみる
  • 咳による胸の痛み 〜 医師が解説 〜

    咳・お腹の痛み

    ひどい風邪を引くと、咳が出てきてとまらないことがあります。咳をする癖ができてしまうようで、気管支が狭くなったりして空気の出入りが悪くなって、悪循環になるのでしょうか。 咳が続くと、下手したら寝ている間もゴホゴホと出ます。軽いものならいいのですが、ひどいばあいだとその都度からだが起き上がるくらいの勢いで出ます。空気が激しく出入りするため、のども痛くなり、声も出なくなるし、肋骨というか胸のあたりが…続きをみる
  • 胃痛と便秘に悩まされる 〜医師が解説〜

    胃痛・便秘

    便が出にくくなるとお腹が痛くなることがありますが、数日の便秘は腸のみならず胃痛を引き起こすことがありました。 毎日きちんと排便されていれば日常生活は普通に送れますが、便が正常に出なくなったり固い状態になってくると頭痛になったり、倦怠感が生じるようになってきたことがあります。毎日規則正しく排便するには、繊維質の物を多く取ったり、水を多めに飲むことで便が出やすくなります。 薬を飲む場合は腹痛を起…続きをみる
  • 咳のしすぎで腹筋が痛い 〜 医師が解説 〜

    腹痛

    咳をするとおもいっきり腹に痛みが走ることがあります。まず反射的にコショウなど体内への異物を防ぐためにするものと、免疫的な機能で細菌や花粉などの異物を防ぐためにするものがあることを覚えておきましょう。 いずれも内臓への侵入を防ぐために腹筋を動かし空気を押し出すので、そのたびに腹筋がよく使われます。あまりにも連続で咳をすると腹筋が酷使され、筋肉痛が出てくるのはそのためです。筋肉痛は主に血行が悪化し…続きをみる
  • 咳のしすぎで腹筋が痛い 〜 医師が解説 〜

    咳・腹筋

    咳をするとおもいっきり腹に痛みが走ることがあります。まず反射的にコショウなど体内への異物を防ぐためにするものと、免疫的な機能で細菌や花粉などの異物を防ぐためにするものがあることを覚えておきましょう。 いずれも内臓への侵入を防ぐために腹筋を動かし空気を押し出すので、そのたびに腹筋がよく使われます。あまりにも連続で咳をすると腹筋が酷使され、筋肉痛が出てくるのはそのためです。筋肉痛は主に血行が悪化し…続きをみる