鼻炎に関する薬

薬剤師監修

鼻炎の薬の上手な選び方・使い方

鼻炎と一口にいっても、花粉症などのアレルギー性鼻炎や風邪による急性鼻炎などがあります。このような鼻炎の症状では内服の鼻炎薬を使って対応するケースが多いですが、その選び方は症状によって選択すると良いです。例えば鼻水がひどい場合は、抗ヒスタミン薬や抗コリン薬の成分が配合されているものを選ぶと症状の軽減がはかれます。抗ヒスタミン薬の成分にはマレイン酸クロルフェニラミンやジフェンヒドラミン、メキタジンなどがあります。また抗コリン薬と呼ばれる成分には、ヨウ化イソプロパミドやベラドンナ総アルカロイドなどがあります。鼻水が出て寒気がする場合は、漢方の小青竜湯が良いです。一方鼻づまりがひどい場合は、交感神経興作動薬を使うと良いです。交感神経作動薬の成分には、塩酸プソイドエフェドリンや塩酸メチルエフェドリン、塩酸フェニレフリンなどがあります。薬のパッケージにこれらの成分が書かれているので、それをチェックして購入してみましょう。内服薬の使い方はパッケージに書いてある通りの使い方を守りましょう。また抗ヒスタミン薬は内服薬だけでなく、点鼻タイプの薬もあります。点鼻薬を使う場合は使用前に鼻を軽くかんで、通りを良くしてから使用すると効果的です。また点鼻薬を使った後は、鼻につけた部分を綺麗に拭いておくと良いです。

鼻炎の薬の副作用と注意点

鼻炎の薬を使う上で、気をつけなければならないことは副作用や基礎疾患であります。抗ヒスタミン薬の成分が含まれている場合、最も頻度が多いのが眠気です。特に高所での作業や車の運転、機械の操作を行う場合には注意が必要で場合によっては避ける必要があります。眠気が気になる場合は、1日1回タイプであれば夜寝る前に服用するなどの調節が必要となります。更には、眠気の心配が少ない漢方薬に変えて様子を見るのも一つの方法です。また抗ヒスタミン薬や抗コリン薬には口の渇きやおしっこが出にくくなる、眼圧が上昇するなどの副作用も報告されています。そのため前立腺肥大症や緑内障を持っている人は、使用を避ける必要があります。更に鼻づまりに用いられる交感神経作動薬では、心臓の刺激作用や動悸、血圧の上昇を伴う可能性があります。心臓病や高血圧の人は使用を避けると良いです。また甲状腺の機能が上昇している人では、交感神経が過敏に働くことがあります。そのような人が交感神経作動薬を服用すると、頻脈や動悸の症状が起こりやすくなるため使用を避けると良いです。ただし市販の薬を使っても症状を繰り返したり、または長引いたりする場合は医療機関を受診しましょう。

鼻炎の薬の飲み合わせ

鼻炎用の薬を使う場合、場合によっては他の市販薬と重複して服用することがあります。いわゆる飲み合わせですが、注意しなければならないのは成分の重複です。抗ヒスタミン薬の場合は、総合感冒薬や去痰鎮咳薬、乗り物酔い予防薬にも配合されているので注意が必要です。また抗コリン薬の場合は、総合感冒薬や胃腸薬、鎮痙薬などにも配合されていることがあり重複しないように注意します。抗ヒスタミン薬の場合作用が重複することで、眠気などの中枢抑制作用が増強する恐れがあるため気をつけなければなりません。また鼻炎薬にはカフェインが配合されていることが多いです。カフェインは総合感冒薬や鎮咳去痰薬などにも配合されていることがあります。さらに普段からコーヒーをたくさん飲む人は、カフェイン摂取量が過剰となる恐れがあるので、カフェインが含まれていない鼻炎薬を使うようにすると良いです。そしてお酒も抗ヒスタミン薬の中枢抑制作用を強める恐れがあるため、鼻炎薬を飲んだ後数時間は飲酒を避けるとよいです。鼻炎などで体調が良くない場合は、なるべく飲酒を控えたほうが良いです。もしドラッグストア鼻炎の薬で選ぶときに飲みわせで困った場合は、薬剤師に相談してみましょう。
  • 薬は効果をしっかりと引き出しながら、できるだけ副作用を抑えることが大切です。使用法・用量、飲み合わせに十分注意し服用してください
  • 専門家の皆様へ。薬の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鼻炎に関する薬一覧

次へ