肌荒れはだあれ

カテゴリ
皮膚の病気

肌荒れの体験談

肌荒れした時は皮膚科へ早く行こう

医師確認済み

皮膚科での肌荒れ治療

人間関係のストレスから、30代前に酷い肌荒れを起こしてしまいました。吹き出物が出続けて、消えてはまた出来ての状態でした。そこで思い切って皮膚科で診てもらうことにしました。美容皮膚科だったのですが、先生もやはり年齢的なホルモンバランスの変化とストレスとおっしゃって、とにかくしっかりと洗顔することと、肌のターンオーバーを促進しましょうということでピーリングとイオン導入に数回通いました。
はじめのうちは飲み薬や塗薬ではない治療に半信半疑でした。でも2回目にはもう吹き出物の数が見た目にも分かるくらい減り、肌が潤いました。そしてピーリングを定期的に続けることで肌の生まれ変わりを促すことができたのか、少しずつもとの肌に戻りました。もちろん、ストレスを軽減できるよう仕事の仕方や考え方を変えたり、睡眠をたっぷりとったり、野菜をしっかり食べたりと努力もしました。
皮膚科に通ったおかげで肌荒れが治ったことはもちろん、肌に潤いももどり、自信をつけることができました。

ずっと悩んでいた肌荒れ、皮膚科で脂漏性湿疹だと判明!

私は小学生のころから肌荒れに悩んでいました。
高校生までは酷いニキビに悩まされましたが、それが落ち着いた後も肌荒れで20年悩んでいました。
ニキビ跡に加え、肌荒れが止まず色んな化粧品やエステに頼りました。
一本一万円もする化粧水を使ったら良くなったので使い続けましたが、結婚して自分の好きに使えるお金が減り、不可能になりました。
ローションパックをしても、丁寧に泡洗顔しても、一向に良くならず汚い肌で憂鬱なまま日々を過ごしました。
子供を出産してすぐに、赤ちゃんが良くかかる脂漏性湿疹で皮膚科を受診したところ、大人もなるのだとお医者様から聞きました。
もしかして、と思い次の週自分がその皮膚科を受診したところ、やはり脂漏性湿疹だと判明したのです。
一本三百円程度の抗菌薬を塗ったところ、すぐ改善しました。
ステロイド剤でもなく安価なため安心して使うことが出来ます。
なにより原因がハッキリしたということが、私には大きな喜びでした。

肌荒れを改善するための皮膚科の選び方

私は肌荒れがひどく体全体がかゆくなることが多く、皮膚科で診断を受けています。自分に適した対処方法を探す時は医師に相談してアドバイスにしたがうと効果的で、かゆみや赤みを抑えるための薬を処方してもらえます。
肌荒れの原因は日頃の生活習慣やハウスダストなどがあり、部屋を清潔にすることや睡眠時間を確保するなど考えることが求められます。冬場の季節は肌が乾燥しやすく保湿をすると効果的で、飲み薬などを使ってかゆみを抑えると効果的です。
皮膚科を探す時はインターネットを使って口コミなどを参考にすると探しやすく、自分に適した診察内容を探すことがポイントです。肌の状態を改善する方法はストレスを解消し生活習慣を改善することが求められ、適度に気分転換をする必要があります。
肌荒れを改善するための皮膚科の選び方は信頼できる医師を探し、アドバイスにしたがって今後の生活習慣を改善する方法が最適です。症状が悪化する原因は生活習慣が原因で発生しやすく、室内環境や生活習慣を改善することが求められます。

肌荒れした時は皮膚科へ早く行こう

私は、高校生の頃よくニキビが出来ました。脂性肌の為、すごく皮脂が過剰に分泌して本当に嫌でした。そのせいで肌荒れをしていて、いつも肌のことばかり考えていました。ニキビに効果的と言われる化粧品を付けたりもしましたが、あまり効果がなく、むしろひどくなることもありました。
肌荒れに良いと言われる食べ物を食べたり、大好きなチョコレートを止めたりもしましたが、なかなか治らなくて、皮膚科へ行きました。飲み薬と塗り薬を処方してもらい、食後に飲み続けていました。すぐには治らなかったけれど、1週間程経つと、だいぶ肌の状態が良くなりました。
ニキビが出来やすい肌質の為、生理前やストレスが溜まると、今も肌荒れしてしまいます。小さなニキビ一つだけでも、皮膚科へすぐに行くことをお勧めします。放置しておくと、更にひどくなって、シミのようになったり、クレーターのようにへこんでしまい、肌に残ってしまう場合もありますので要注意です。

肌荒れがひどかったため皮膚科を受診しました

私は大学生の時から、肌荒れに悩んで皮膚科に通っていました。頬のあたりがいつもカサカサしていたり、ニキビが頻繁に出やすいなどの症状があり、先生に頼っていました。
頬のカサカサは脂漏性皮膚炎と診断され、塗り薬を処方されました。皮膚科でもらったお薬をカサカサの部分に塗ってから数日すると、そのカサカサが嘘のように無くなってつるつるになります。症状が治まっても薬が無くなるまでは塗りつづけたところ、症状が安定してきました。
ニキビの肌荒れには、できてしまったニキビに塗る薬とビタミン剤をもらいました。塗り薬にはニキビ菌をやっつける効果があるもので、寝る前に塗ってケアしました。ビタミン剤は、ビタミンB2とB6の錠剤なので、必ずしも皮膚科に行かなくてもドラッグストアに行けばサプリメントとして売っているので無くなった後はそちらで代用しています。ビタミン剤は水溶性ですぐに外出てしまうので毎日飲み続けています。おかげでニキビができても短期間で消えるようになりました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康チェック

健康チェック画像

「肌荒れ危険度」チェック

気づけば肌荒れがひどくなっている…あなたの生活習慣は大丈夫?

肌荒れ、カサカサ、ニキビ、たるみ、シワ…肌に関する悩みは尽きないですよね。特に悩みはないという方は素晴らしいですが、大抵は何らかのトラブルを抱えているはず。

では、どうしたら、お肌の悩みを解消することができるのでしょうか。実は、あなたの生活の中にヒントが隠されているかもしれません。

まずは、生活習慣を振り返って、肌荒れの危険度をチェックしてみましょう!

1 /16

規則正しい生活を送っている

肌荒れの他の体験談

様々な症状の体験談

  • 便秘による腹痛は3つの特徴がある?痛みの対処法と食事のコツ

    便秘・腹痛

    皆さんは、便秘で腹痛を経験したことはありませんか? 痛みを緩和したくても便秘が原因だと気付かず長引いたり、または併発している病気などが疑われることもあり、見極めが大事になってきます。 今回は、便秘に伴う痛みの原因や特徴、対処法や予防法までを医師に解説していただきました。 便秘に伴って腹痛が起きる原因 腸には便を肛門の方向に動かす機能があり、硬い便で詰まりが生じている場合や、自律神経の乱れに…続きをみる
  • 咳による胸の痛み 〜 医師が解説 〜

    咳・お腹の痛み

    ひどい風邪を引くと、咳が出てきてとまらないことがあります。咳をする癖ができてしまうようで、気管支が狭くなったりして空気の出入りが悪くなって、悪循環になるのでしょうか。 咳が続くと、下手したら寝ている間もゴホゴホと出ます。軽いものならいいのですが、ひどいばあいだとその都度からだが起き上がるくらいの勢いで出ます。空気が激しく出入りするため、のども痛くなり、声も出なくなるし、肋骨というか胸のあたりが…続きをみる
  • 胃痛と便秘に悩まされる 〜医師が解説〜

    胃痛・便秘

    便が出にくくなるとお腹が痛くなることがありますが、数日の便秘は腸のみならず胃痛を引き起こすことがありました。 毎日きちんと排便されていれば日常生活は普通に送れますが、便が正常に出なくなったり固い状態になってくると頭痛になったり、倦怠感が生じるようになってきたことがあります。毎日規則正しく排便するには、繊維質の物を多く取ったり、水を多めに飲むことで便が出やすくなります。 薬を飲む場合は腹痛を起…続きをみる
  • 咳のしすぎで腹筋が痛い 〜 医師が解説 〜

    腹痛

    咳をするとおもいっきり腹に痛みが走ることがあります。まず反射的にコショウなど体内への異物を防ぐためにするものと、免疫的な機能で細菌や花粉などの異物を防ぐためにするものがあることを覚えておきましょう。 いずれも内臓への侵入を防ぐために腹筋を動かし空気を押し出すので、そのたびに腹筋がよく使われます。あまりにも連続で咳をすると腹筋が酷使され、筋肉痛が出てくるのはそのためです。筋肉痛は主に血行が悪化し…続きをみる
  • 咳のしすぎで腹筋が痛い 〜 医師が解説 〜

    咳・腹筋

    咳をするとおもいっきり腹に痛みが走ることがあります。まず反射的にコショウなど体内への異物を防ぐためにするものと、免疫的な機能で細菌や花粉などの異物を防ぐためにするものがあることを覚えておきましょう。 いずれも内臓への侵入を防ぐために腹筋を動かし空気を押し出すので、そのたびに腹筋がよく使われます。あまりにも連続で咳をすると腹筋が酷使され、筋肉痛が出てくるのはそのためです。筋肉痛は主に血行が悪化し…続きをみる
健康チェック画像

「肌荒れ危険度」チェック

気づけば肌荒れがひどくなっている…あなたの生活習慣は大丈夫?
健康チェックする