軟便なんべん

軟便に関する薬

薬剤師監修

軟便の薬の上手な選び方・使い方

軟便の薬と言ってもすべて同じではありません。大きく分けると、腸の動きを抑える薬、腸壁を保護する薬、腸内細菌を整える薬があり、あなたの症状に合わせて使い分ける必要があります。

まず、悪い物を食べたわけでもないのに腹痛がして軟便が出る場合は、腸の動きが活発になりすぎたことが考えられます。これには腸の動きを抑える薬を選ぶことが必要です。この効き目を持つ薬には、ロートエキス、ロペラミド、あるいは木クレオソートという成分が含まれていて、腸の中を便がゆっくり通過するようにします。

続いて、食べ過ぎ飲み過ぎの後の軟便は、働かされすぎた腸が炎症を起こしていることが考えられます。この場合は、腸壁を保護する薬をえらんでください。タンニン酸という成分がこれに該当します。傷ついた腸を保護して、便の水分が充分に吸収されるようにしてくれます。

そして、便秘と軟便を繰り返す場合や、何も理由が思い当たらないのに軟便が出る場合、腸内細菌のバランスが崩れていることが考えられます。これには、腸内細菌を整える薬を選ぶと良いでしょう。多くの場合、乳酸菌やその食料となるオリゴ糖が主な成分で、腸内細菌のバランスを整え、腸内を自然に近づけていきます。

軟便の薬の副作用と注意点

軟便の薬の中でも、腸の動きを抑える薬は、比較的副作用が多い傾向があります。まず、今度は便秘になることがあります。特に長期間、あるいは大量に使うとひどい便秘を起こすことがあるため、連用や大量服用は避けましょう。もしひどい便秘や腹痛が続く場合、重大な副作用の可能性がありますので、すぐに医師の診察を受けてください。また、特に高齢の男性では尿が出にくくなる副作用が起きる可能性がありますので、注意が必要です。そのほか、喉が渇く、頭痛、かすみ目などの副作用が現れることもあります。

腸壁を保護する薬は、便秘になるもの以外は大きな副作用はありません。ただし、異なる成分と配合されている場合がありますので、説明書をしっかり読みましょう。

腸内細菌を整える薬は、これといった副作用はなく、どんなタイプの軟便に対しても服用出来ます。

軟便の薬で注意したいことは、食中毒が疑われるときに服用してはいけないということです。食中毒の際の軟便は、病原菌を排出しようという防衛反応ですが、腸の動きを抑えたり、腸壁を保護する薬は防衛反応まで抑えてしまい、結果として重症になる可能性があります。軟便の薬を飲む前に、自分の食生活を思いだしてみることが必要です。

軟便の薬の飲み合わせ

軟便の薬のうち、腸の動きを抑える薬は、腸壁を保護する薬や、制酸剤と一緒に飲むと効果が弱まることがあります。時間をずらせば問題ありませんので、それぞれ数時間ずらして飲むと良いでしょう。また、抗HIV薬、水虫の飲み薬、精神安定剤や抗うつ薬、風邪薬や鼻炎薬との飲み合わせは、双方の副作用が強まってしまうことがあります。これらの薬を服用されている方は、医師や薬剤師に相談してから服用するようにしてください。そのほか、尿崩症や夜尿症の薬の作用を強めてしまうこともありますので、注意が必要です。

腸壁を保護する薬は、貧血の治療に使われる鉄剤の吸収を悪くしてしまいます。貧血を治療されている方は、出来るだけ間隔を開けて服用することが重要です。そのほか、さまざまな薬の吸収を悪くしてしまう可能性がありますので、継続して薬を服用されている方は、現在服用している薬を医師や薬剤師に相談した上、服用するようにしてください。

腸内細菌を整える薬は、飲み合わせの問題は特にありませんが、念のため説明書をよく読み、指示に従ってください。なお、飲み合わせではありませんが、空腹時に飲むと、胃酸の影響で乳酸菌が弱ってしまう可能性がありますので気をつけてください。
  • 薬は効果をしっかりと引き出しながら、できるだけ副作用を抑えることが大切です。使用法・用量、飲み合わせに十分注意し服用してください
  • 専門家の皆様へ。薬の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

軟便に関する薬一覧