コラム画像

女性も加齢臭に要注意! おばさん臭ってどんなニオイ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
執筆者画像

監修:Doctors Me 医師

人間にはいろいろなニオイがありますよね。よいニオイ、臭いニオイ、特定の人たちによく見られるニオイなど。そんな中で、近年話題に上ることが多かったニオイに「加齢臭」があるのではないでしょうか。

ところで皆さん、「加齢臭」と聞いてどんなニオイを想像されますか?

よく言われるのが、都市部の朝の通勤ラッシュなどの時に、隣に座っていたり、つり革を持って立っている時に身動きが取れない状態で、横のオジサンから匂ってくる、独特の脂っぽいような青臭いようなにおい…といったものではないでしょうか。加齢臭が取りざたされるときは、これまでほとんどが「脂ぎった中年男性のニオイ」といわれてきたように思いますが、では女性は年齢を重ねてもこの加齢臭はしないのでしょうか。

今回は女性の加齢臭について、原因と対策を医師に解説していただきました。

加齢臭は誰もが避けられない!?

加齢臭の原因物質は、「ノネナール」という化学物質であると特定されており、この物質は男女問わず40代になると年齢に比例して分泌されるようになり、60代、いわゆる老年期に入ると急激に増加することが知られています。この物質がどのように発生するかというと、中年以降の方の皮脂が分解されたり、酸化されたりすることで発生すると考えられています。

そのため、男性ホルモンなどの影響により皮脂の分泌が盛んな方が多い男性の方が、ニオイに気づかれやすいということはありますが、特に女性でもオイリー肌の傾向のある方などは加齢臭が強くなる可能性が十分あります。

よく知られているように、男性ホルモンと女性ホルモンは多くの部分で拮抗した役割を果たすことでバランスを取っていますが、女性も閉経が近づき、女性ホルモンの分泌が減少してくると、これまで女性ホルモンが抑えていた皮脂の分泌が徐々に盛んになってきて、肌表面に皮脂が豊富になる分、加齢臭がしやすくなる、ということもあります。

時期としては、実際の閉経を迎える前、30代も後半になると徐々に女性ホルモンは減少し始めると考えられ、人によっては40前でも加齢臭がしてくる可能性は十分あることになります。

加齢臭を抑える生活習慣を身につけよう!

では、この加齢臭を抑えるために出来ることはどんなことがあるのでしょうか。

一つには、加齢臭がしやすい部位をできるだけ清潔に保つこと。特に頭皮首筋などは脂ぎってしまうことが多い要注意の部位です。出来るだけ丁寧に洗い、髪をタオルドライしたあとは必ずドライヤーでしっかり乾かすようにしましょう。

また、ニオイや皮脂を気にする余り一日何回もシャンプーしたり、ごしごしこすったりするのはますます皮脂の分泌を促してしまい逆効果ですので、しっかりシャンプーを泡立てて、優しく隅々まで洗うようにしましょう。

それから、このノネナールのニオイを構成する物質は動物性のたんぱく質ということになります。ですから、食事にお肉が多い方は、少し意識して植物性食品、野菜や果実なども取り入れるようにしましょう。便秘もよくないですから、繊維や水分も十分とりたいですね。

医師からのアドバイス

加齢臭は中高年男性だけのものではありません。匂いのエチケット、大切にしたいですね。ニオイが気になる前に、まずは清潔に保つことを心がけていきましょう。

(監修:Doctors Me 医師)

あなたのニオイ、大丈夫?

あれ、もしかして私、臭ってる…? そう思ったら、まずチェックしてみてください。
【わきが】セルフチェック

  • この記事は、医療・健康に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。記事の内容について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するコンテンツ

体臭について