上司体臭ツラい!!! など夏場の臭い嘆きTweetをみて自分の体臭が気になった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
執筆者画像

監修:Doctors Me医師

働く男はクサい?Twitterで「上司の体臭がツラい」と話題に

「上司 体臭」でTwitter検索すると、出てくる出てくる。







見ているだけで現場が想像できて、ツラい……。

たしかに、面と向かって上司に「体臭がキツイです」とは言えないし、でもツラいニオイって本当に気分が悪くなる……。

というか、自分、大丈夫かな……。たしかに本人たちは自分のニオイに気づいていないのだから、もしかしたら自分もニオってるかも。「自分が臭いと思われていたらどうしよう」と気が気でなくなってしまいます。

自分の体臭は大丈夫かどうか、体臭の原因と対策を調べてみました。

なぜ体臭って発生するの?キツイ体臭を生み出す3つの原因

実は体臭といっても、その原因は人それぞれ。体臭対策をするにせよ、そもそもで「なぜ体臭は発生するのか」を理解しなければ、適切な対策がとれません。
体臭の生み出す原因は大きく分けて3つ。それぞれの原因にあわせた対策をとりましょう。


1. エクリン腺から出る汗は無臭、しかし放置すると雑菌増殖でニオイの原因に


汗を出す汗腺には2種類あり、無臭の「良い汗」を出すエクリン腺と、アンモニアや尿素などニオイの成分を含む「クサい汗」を出すアポクリン腺があります。
運動などで体温調節のためにかく汗のほとんどはエクリン腺から出る汗。成分のほとんどは水のため、すぐに蒸発します。いわゆる「ベタベタの汗」ではなく、「さらさらの汗」がエクリン腺から出る汗の特徴です。

一見無害のように思えますが、よく汗をかく夏の時期は要注意。というのも、カラダ自体は臭わないくても、蒸発した汗が衣類に付着し、雑菌を繁殖させて嫌なニオイの原因に。部活をやっていたときの汗だくの練習着を思い出してください。爽やかな汗をかいたはずなのに、酸っぱ〜いニオイの練習着……。着替えを持ち歩けないときは、とにもかくにも雑菌を増やさないことが大事。殺菌効果のあるデオドラントスプレーなどで対策しましょう。

また運動不足やエアコンの効いた部屋でずっといるなどして日常的に汗をかかない人は、汗腺の機能が弱っている状態。その状態でかいた汗は細菌を増殖させやすいので、体臭の原因となりやすくなります。運動やサウナなどで日頃から汗をかく習慣をつけましょう。

エクリン腺から出る汗のニオイ対策

・汗をかいたら、適度に着替える
・殺菌効果のあるデオドラントスプレーをふりかける
・殺菌効果のある汗ふきシートで汗を拭き取る
・汗をかく有酸素運動を行う
・サウナや岩盤浴を行う
・浴槽につかり、汗腺を刺激する



2. アポクリン腺から出る汗は強烈なニオイを生み出す!


一方で、アポクリン腺から出る汗は「ベタベタ汗」。アンモニアや尿素などのニオイ成分を含むため、キツイ体臭の原因となります。もともとフェロモンを発するための汗腺のため、ニオイがあるのは仕方がありません。

しかし、現代人の生活はアポクリン腺からの汗を促しやすく、さらにキツい体臭を知らず知らずのうちに招いています。不規則な生活によるホルモンバランスの乱れ、ストレス過多な生活はアポクリン腺からの発汗を促進するからです。
アポクリン腺からの汗は黄色がかった色をしていますので、寝具や衣類がすぐ黄色くなるという方は、アポクリン腺からの汗が多く「体臭がある」という自覚を持ったほうがいいかも。また、耳にはエクリン腺がなくアポクリン腺しかないため、耳垢が湿っているという方も要注意です。


アポクリン腺から出る汗のニオイ対策

・アポクリン腺が多いワキ毛を剃り、雑菌増殖を防ぐ
・ストレスを解消する
・疲労を解消する
・制汗スプレーやクリームなどで汗を抑える
・病院で治療を受ける(ワキガと診断された場合は保険適用)



3. アルコールや動物性脂肪がカラダを「ニオイ体質」にさせる!


とはいえ、暑い夏はどうがんばっても汗をかいてしまいますよね。こまめに対策したところで、「ニオイ体質」の方は発汗と共にどうしてもキツい体臭を発生させてしまいます。

実はカラダには汗腺の他に、皮脂腺と呼ばれる皮脂を分泌する機能があります。皮脂は汗と交じると強い体臭の原因となりますが、皮脂の成分にニオイ成分を多く含む方は体臭がキツい「ニオイ体質」になりがち。
そこで少しでもニオイを抑えるために、食事に気を使いましょう。

ニオイの元となる成分が酸化物質。皮脂をつくる血液中の成分に酸化物質が多くなると、キツい体臭を生み出します。そのため、抗酸化作用のある緑黄色野菜やアルカリ食品である海藻やきのこを日常的に食べるようにしましょう。また、悪臭成分を生まないためにも腸内環境を整えることが大切。納豆やヨーグルトといった発酵食品を食べて腸内環境を整えることも忘れずに。
そして普段からアルコールを摂取する人は肝機能の低下にも要注意。体の化学工場ともいわれる肝臓の働きが低下すると、体臭成分の分解も滞ってしまいます。
適度に休肝日を設けることも大切なんですね。ストレスやタバコも体内に酸化物質を生み出す原因になりますので、思い当たる方は生活習慣を見なおしてみてはいかがでしょうか。

なお、皮脂の分泌は動物性脂肪の過剰摂取により活発になりますので、体臭が気になる方はなるべくお肉料理は控えたほうがよいかもしれません。

「ニオイ体質」を改善する対策

・抗酸化作用のある緑黄色野菜を食べる
・アルカリ食品である海藻やきのこを食べる
・発酵食品を食べて腸内環境を整える
・アルコールは適度に
・タバコを控える
・ストレスを溜めない
・動物性脂肪を控える

自分のニオイは大丈夫?体臭セルフチェックシート


ニオイの原因と対策をまとめてきました。
こう見ると、飲み会の回数が多くなればなるほど、アルコールは飲むし、からあげなどで動物性脂肪は摂取してしまうし、タバコは吸ってしまうし、野菜は少なくなるし……となんとなく体臭の原因となる生活習慣が見えてきたのではないでしょうか?

最後に自分の体臭は大丈夫かどうか、セルフチェックシートをつくってみました。それぞれ当てはまるものがあれば、もしかしたら「あの人の体臭ツラい」と思われているかも。しっかりとニオイ対策をして体臭とオサラバしましょう。

以下の項目から当てはまるものにチェックを入れてください。


自分のニオイ、大丈夫?
〜体臭セルフチェックシート〜



  • 汗をかくような運動をほとんどしない

  • 入浴はシャワーのみで湯船には入らない

  • 常にエアコンの効いた部屋にいる

  • 汗をかくと体がべたべたする

  • ワキ毛が濃い

  • 気温に関係なく多汗である

  • 耳垢が湿っている

  • 緊張すると汗が噴き出る

  • ストレスが多い

  • 生活が不規則

  • 衣服や寝具が黄色く汚れる

  • 顔がテカり気味

  • 肉料理が好き

  • 野菜をあまり食べない

  • 発酵食品をあまり食べない

  • お酒を頻繁に飲む

  • 食事は外で済ませることが多い

  • タバコを吸う


チェックの数が多いほど、体臭がキツい可能性大!生活習慣を見直しましょう。

おわりに




本当に自分のニオイってわからないですからね、なんでも話せる友人に自分は体臭がキツいかどうか聞いてみるのが一番いいかもしれません。

ニオイはマナー。

「自分は大丈夫」と思わずに、食生活や生活習慣を見直し、体臭とは無縁の生活を送りたいものです。それでは、また!

監修:Doctors Me医師

Doctors Me医師監修の元、Doctors Me編集部が企画した特集記事をお届けします。
  • この記事は、医療・健康に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。記事の内容について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するコンテンツ

体臭について