声がかすれるこえがかすれる

声がかすれるの体験談

声の出しすぎで声が枯れるときの応急処置

医師確認済み

声の出しすぎで声が枯れるときの応急処置

私はカラオケが大好きで、週末は友達と一緒にオールナイトでカラオケをするのが習慣となっています。少人数で行ったときは、歌う回数も増えて、次の日に声が枯れることもたびたびです。そんな時の応急処置として、私はオリーブオイルを常備しています。
声帯を酷使しすぎたな、喉がごろごろするなと感じた時にオリーブオイルをスプーンに1杯飲んでおくと、次の日に声が枯れるのを防ぐことができます。万が一枯れても、ダメージを最小限にとどめることができています。
また、できるだけ声を出さないようにして、声帯を休め、のど飴をなめながらゆっくりと過ごします。
このような応急処置をすることにより、仕事に差し支えずにカラオケを楽しめています。しかし友達には、喉を傷める歌い方ではなく、お腹の底から声を出すように発声するのが、声が枯れるのを防ぐ最善の方法なのではないかと言われています。その方法をマスターするまでは、オリーブオイルが手放せません。

声が枯れる症状によく効く応急処置の方法

以前は、幼稚園教諭として働いていた為、歌を歌ったり、絵本を読んだり、子供たちに指示を出したりと、日々大きな声を出して声が枯れる、喉が痛むといった症状によく悩まされていました。仕事が忙しく、就業時間も長かった為、病院に通う時間もありませんでした。そんな時いつも自宅や職場で行っていたのが、簡単に出来る応急処置です。
一つ目は、大根はちみつを飲むことです。はちみつに大根をつけて、それをお湯で割って飲むだけの即席ドリンクで、飲んだ後は、喉が潤って声が改善しました。二つ目は、常にのど飴を携帯し、声が枯れてきたらすぐに舐める方法です。市販ののど飴や、薬局で買う薬用のど飴など様々なのど飴を携帯していました。三つ目は、加湿器を利用することです。乾燥は喉の大敵なので、自宅では、声が枯れたらすぐに加湿器をフル稼働させていました。
この応急処置によって、声が枯れる、喉が痛むといった症状が多少緩和されて、声が出しやすくなりました。

声が枯れる状態を改善するために応急処置を行った体験について

仕事の関係上、常に大きな声を出す必要があることから毎日の生活の中で喉の状態には常に気を配っていました。特に声が枯れると仕事に支障が生じるため、ハーブやのど飴など、喉の傷みを和らげる効果がある製品を積極的に使用していました。
その一方で多忙な時期になると体調管理が疎かになり、喉のケアが出来なくなることで声が枯れる事態に陥ったこともありました。仕事中に声が枯れる状態になった際は喉へのダメージを軽減させるために応急処置を施す必要がありましたが、効果が早く表れる方法が無かったのが問題でした。特に屋外では応急処置の方法も限られることから、出来るだけ喉に負担をかけないように発声の方法を工夫することもありました。
喉用のスプレーを噴射したり、刺激が少ない飲料水を飲むことで喉へのダメージを軽減させていましたが、応急処置は手軽に実行できる一方で根本的な改善には繋がらないので現在では事前に喉を温めて負担が生じないように気を付けています。

声が枯れるときの応急処置

毎年、秋も深まり寒くなってくると、風邪をひいてしまいます。特に風邪のひき始めには必ず声が痛み、そのうち声が枯れるという症状が出てきくるのが、私の風邪のパターンです。最初のうちは喉がピリピリとするだけなのですが、半日もしないうちに声が枯れるのです。しかしよく電話応対をしなければならない職業柄、声が枯れたままでは困ってしまいます。そのため私は、いつも決まった応急処置でなんとかその場をしのいでいます。
職場で一番簡単にできる応急処置はのど飴です。しかしそれだけでは治らないこともざらにあります。そのため私は職場に常にハチミツを常備しているのです。ハチミツは小さじ1杯を直接飲み込むのです。喉をつたうハチミツが炎症した所を包み込んでくれるので、痛みが和らぎます。そしてそのうち声もだんだんと声も出てくるようになるのです。
その他にも、普段から体を温めるよう心掛けるようにしています。体の冷えから喉の不調がくるのは、経験上分かっていることなので、気を付けています。

声が枯れる冬場の応急処置について

昔から咽喉が弱く、炎症で熱をだしてしまって体調を崩してしまうことが度々ありました。声が枯れる症状が出たときには、蜂蜜を食べるなどの応急処置を行っていましたが、事前に対策を行うことが大切なのではないのかと思い、自分なりにいくつかの対策を行ってみました。
咽喉の状態を悪化させないためには、声が枯れる状態になったときに、早めに応急処置を行うと、治癒効果が高かったため少しでも咽喉に違和感を感じたら、何かしらの対応を行うことにしました。基本的には、のど飴を持ち歩くようにして、咽喉のケアを怠らないように気をつけたところ、早めに痛みを軽減させることが出来るようになりました。
空気が乾燥しやすい冬場が特に声が枯れることが多かったため、冬場は基本的に常に対策を怠らないように気をつけました。外を歩くときと眠るときは基本的にマスクとマフラーを装着するようにして咽喉の冷えと乾燥を防ぐようにしました。自宅に居るときには加湿器も使用していたところ、咽喉の異常を大きく防ぐことに成功しました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
声がかすれるの他の体験談

様々な症状の体験談

  • 便秘による腹痛は3つの特徴がある?痛みの対処法と食事のコツ

    便秘・腹痛

    皆さんは、便秘で腹痛を経験したことはありませんか? 痛みを緩和したくても便秘が原因だと気付かず長引いたり、または併発している病気などが疑われることもあり、見極めが大事になってきます。 今回は、便秘に伴う痛みの原因や特徴、対処法や予防法までを医師に解説していただきました。 便秘に伴って腹痛が起きる原因 腸には便を肛門の方向に動かす機能があり、硬い便で詰まりが生じている場合や、自律神経の乱れに…続きをみる
  • 咳による胸の痛み 〜 医師が解説 〜

    咳・お腹の痛み

    ひどい風邪を引くと、咳が出てきてとまらないことがあります。咳をする癖ができてしまうようで、気管支が狭くなったりして空気の出入りが悪くなって、悪循環になるのでしょうか。 咳が続くと、下手したら寝ている間もゴホゴホと出ます。軽いものならいいのですが、ひどいばあいだとその都度からだが起き上がるくらいの勢いで出ます。空気が激しく出入りするため、のども痛くなり、声も出なくなるし、肋骨というか胸のあたりが…続きをみる
  • 胃痛と便秘に悩まされる 〜医師が解説〜

    胃痛・便秘

    便が出にくくなるとお腹が痛くなることがありますが、数日の便秘は腸のみならず胃痛を引き起こすことがありました。 毎日きちんと排便されていれば日常生活は普通に送れますが、便が正常に出なくなったり固い状態になってくると頭痛になったり、倦怠感が生じるようになってきたことがあります。毎日規則正しく排便するには、繊維質の物を多く取ったり、水を多めに飲むことで便が出やすくなります。 薬を飲む場合は腹痛を起…続きをみる
  • 咳のしすぎで腹筋が痛い 〜 医師が解説 〜

    腹痛

    咳をするとおもいっきり腹に痛みが走ることがあります。まず反射的にコショウなど体内への異物を防ぐためにするものと、免疫的な機能で細菌や花粉などの異物を防ぐためにするものがあることを覚えておきましょう。 いずれも内臓への侵入を防ぐために腹筋を動かし空気を押し出すので、そのたびに腹筋がよく使われます。あまりにも連続で咳をすると腹筋が酷使され、筋肉痛が出てくるのはそのためです。筋肉痛は主に血行が悪化し…続きをみる
  • 咳のしすぎで腹筋が痛い 〜 医師が解説 〜

    咳・腹筋

    咳をするとおもいっきり腹に痛みが走ることがあります。まず反射的にコショウなど体内への異物を防ぐためにするものと、免疫的な機能で細菌や花粉などの異物を防ぐためにするものがあることを覚えておきましょう。 いずれも内臓への侵入を防ぐために腹筋を動かし空気を押し出すので、そのたびに腹筋がよく使われます。あまりにも連続で咳をすると腹筋が酷使され、筋肉痛が出てくるのはそのためです。筋肉痛は主に血行が悪化し…続きをみる