生理不順の体験談

生理不順になった時は?病院で検査して原因を知っておこう

医師確認済み

生理不順になった時は?病院で検査して原因を知っておこう

生理不順になった時は、ためらわず病院に行くと良い結果に繋がるかもしれません。私は十代の頃に生理が始まってから、毎月痛みやだるさが酷くとても嫌な思いをしていました。このため、十代後半で生理不順に陥ってしまった時は「むしろ楽になった」などと安易なことを考えてしまったくらいです。
しかし、母にそのことを漏らすと「恐ろしい婦人病が原因かもしれない。病院に行こう」と言われました。思春期真っ只中だったので抵抗しましたが、あまりの剣幕に押されて、しぶしぶ母と一緒に行くことになりました。検査には色々と抵抗がありましたが、最終的に「ホルモンバランスの乱れが原因」と診断して貰えました。
その後、ホルモンの投薬治療を開始したところ、一年とかからず生理が安定してくるようになりましたし、またそれまであった痛みや月経前症候群のような症状は、かなり軽減しました。今も定期的に受診して薬を貰って、安定した生活を送れるように心がけています。

生理不順と神経の疲れで病院へ

大学生4年生の頃に就職活動をしていて生理不順と生理痛に悩まされていました。生理不順は毎月整理が来なくなってしまいいつ来るかわからない状態になったことで不安になりました。生理痛はとても痛みが強く朝目が覚めても起きることができなくなっていて神経質になっていました。このままでは日常生活に不安があったので病院は産婦人科受診しました。産婦人科ではがん検査などもしてくれて安心できる病院だと感じました。先生に診察してもらったところホルモンバランスが崩れているということでした。自分ではホルモンバランスが崩れているという実感はなかったのでびっくりしました。漢方処方してもらい毎日食前に飲むように心がけました。
3ヶ月ほど続けたところで生理痛が緩和されるのを感じました。また、神経質になっていた性格もリラックスして過ごすように心がけたことで改善しました。
今では自分の体を守るためにも無理しないように毎日疲れる前に寝るようにしています。

胃腸炎で病院に入院。それから生理不順に…

幼年期から胃腸の弱い私。風邪をこじらせたりで、すぐに胃腸炎にもなっていました。初潮を迎えてから一度、脱水症状で入院するほどの重い急性胃腸炎にかかります。それから生理不順になってしまいました。
生理が2.3か月来ないこともありましたが、月に2回生理が来る…。2週間以上出血が続くなど、症状はバラバラ。なので、一度病院の婦人科にかかりました。
生理不順の原因は、病院に入院した際の絶食のため、極端に体重が減ってしまったこと。それによるストレスから、ホルモンバランスが乱れてしまったためとのことでした。普段はストレスも感じにくいと思っていましたが、こんなにも顕著に体調に現れびっくりしました。
また、生理前に胃痛に悩まされることもあります。見過ごしていましたが、やはりストレスが大きく関わっていること。それに伴い、月経の周期も乱れてしまっているとのことでした。
女性の心と体は思った以上にリンクしています。これまで以上に自分を労わろうと思った出来事でした。

たかが生理不順と侮らないで、怖い病気で病院にいく事なるかも!

私は二人目の子供を生んだ後から、少し生理不順になっていました、それでも22歳と若かったので余り気にはしていませんでした。
しかし、30歳になる頃病院で検査を受けると、子宮内膜症と診断を受けました、しかし楽天家の私は生理不順は相変わらずでしたが、それほど大した病気ではないだろうと定期的な受診などはしていませんでした。
そして36歳の時にそれは突然やって来ました、朝からなんとなくお腹がしくしくと痛かったのを覚えています「生理が来るのかな」と思っていました、生理前はいつもそんな感じだったからです。しかし夕食を終えた頃、お腹の痛みが激しくなって来ました、トイレに行っても生理は来ていません、居間のソファーに横になってもどんどん痛みは増すばかり、脂汗が滲んで来て今にも気を失いそうになり夫に救急車を呼んで貰いました。病院での診察の結果、チョコレートのう胞が破裂し子宮と内臓が癒着しており手術をする事に。
それ以来、子宮癌などの病気に発展する恐れもあり、定期的な検診を心がけています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
生理不順の他の体験談

様々な症状の体験談

  • 油もので吐き気やゲップの症状に悩む

    吐き気・ゲップ

    物を食べた後に吐き気やゲップが起こることが多かったのですが、その症状は食べる物の種類にありました。 私は、若い頃から油っぽいものやお菓子が大好きでよく食べていたのですが、歳を重ねてもその食生活が変わることはありませんでした。気が付くとフライものやポテトチップスに手が伸びてしまい、常にお腹が満タンな状態に満足していたのです。 ただ、このような生活は胃腸にも負担が大きく、度々吐き気やゲップといった症…続きをみる
  • 禁煙パイポでタバコを止めようと頑張っています

    禁煙・パイポ

    私は結構なヘビースモーカーで、長年タバコを吸い続けてきました。しかし年を重ねるにつれて、体の事にも気を使った方が良いと考えるようになり、禁煙を決意しました。 最初は自分の意志で止めようと努力しましたが、これまでの習慣でなかなか止める事ができませんでした。そこでグッズに頼って禁煙してみる事にしました。最近使っているのが、禁煙パイポと言われる物です。 タバコを止められない原因の一つに、口の寂しさがあ…続きをみる
  • 暴飲暴食による原因で胃痛が発生した時の対処

    胃痛・対処

    ストレスなどが原因で一時暴飲暴食を行ってしまった時期がありました。最初は特に問題なかったのですがかなりの期間続ける事によって、胃痛が発生してしまいました。そこで胃痛を改善する為に色々と対処を実施していき、徐々に回復していく事ができた経験があります。 原因としてはストレスによる暴飲暴食だという事が分かっていたので、ストレス解消を行うように心がけました。空いている時間を利用して、好きな事を行ったりス…続きをみる
  • 腱鞘炎は英語でTendovaginitis

    腱鞘炎・英語

    私は英語を使ってよく海外SNSで遊んでいるのですが、ある時、腱鞘炎になってしまい「I have Tendovaginitis.」と伝えました。腱鞘炎は英語でTendobaginitisと書き、病気になったという場合の動詞はhaveを用います。SNSの友人から「I hope you get well.」(お大事に)というレスポンスが返ってきて、うれしかったですね。 私は仕事上パソコンを長時間操作し…続きをみる
  • 便秘になったら看護計画をしっかりたてる

    便秘・看護計画

    高齢者の父親がこのところ病気がちになり、入院を繰り返していたのですが、運動不足と栄養不足からか、便秘になることが多くなりました。 高齢者はただでさえ便通が悪いことで知られているのに、このままの状態にしてしまうと、体調を悪化させてしまうのではないかと不安でした。 しかし看護師に便通が悪いことを伝えると、治療の中に下剤と整腸剤の投与を盛り込む看護計画をたててくれることとなり、その日から毎日便秘に対す…続きをみる